H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。



キーワード検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索


同じマンションの奥さんが風俗に!

こんにちは、僕は未婚の35才の男です。

僕は自他共に認める風俗好きです。
毎週必ずヘルスに行き、月一でソープを楽しむ生活です。
正直モテるタイプではありませんので、彼女が居ないのが理由かも知れませんが・・・

先日、上野方面のヘルスに行きました。
ここだけの話、仕事中にも時間が有れば行ってしまいますので、この日も日中の移動時間中にちょっと立ち寄りました。

僕の好みは30代前半の女性ですので、いつも若い子はチョイスしません。
そして写真から選んで、女の子が来ました。
初めて指名した女の子ですが、イイ感じでした。
早速シャワールームで洗ってもらってる時に、顔を見てると、見た事の有る感じがしてきました。
でも、全然思い出せません。

その日は普通にサービスしてもらいました。
ちょっと話をしていると、人妻で旦那さんには言えない借金が出来て、こっそり働いているらしいです。
でも、嫌々とはいえ、かなり感じやすいのか欲求不満なのか、アソコはビッチャビチャでした。
「でもエッチ好きでしょ?」と聞くと「うーん、旦那としてないからかな?ちょっとモヤモヤする時ある!」なんて言ってました。

そして一通り終わると、その奥さんを気に入ったので、名刺をもらって帰りました。

その日、自分のマンションに帰る時に、自転車置き場の前を通るんですが、そこで僕は思い出しました!
『今日の奥さんをここで見た事が有る』って!
確かに同じマンションの綺麗な人だったので、じっくり見ていた事がありました!
たぶんその人です!

僕の住んでるマンションはかなり大きいので、すぐに見つける事はできませんが、その週末に探す事にしました。
日曜日になると、普段はしない運動でもしてるフリをして、外に出ました。
マンションの敷地をランニングしたり、小さい公園スペースで体操をしたりして午前中を過ごしました。
かなり長い時間やっていて、クタクタでしたけど頑張りました。
お昼を食べて、午後も外に出ると、それらしき奥さんが出て来ました!

僕はじっくり観察していました。
化粧をしていないのですぐには同一人物か確認出来ませんでしたけど、髪型も背格好も顔だちも間違い有りません!
しばらく見ていると、向こうもこっちを見て「こんにちは」と言って通り過ぎて行きました。
僕は確信して、もう一度あのヘルスに行く事にしました。

そして、奥さんを二度目の指名です!
奥さんは僕の顔を見ると、若干嫌な顔をしました。
そしてシャワー室に入っても、前回とは違いテンションが低い感じでした。
僕は何となく空気を察して「奥さん・・・僕の事知ってますよね?」と聞くと「・・・はい・・・」と答えた。
「もしかして、この前の日曜日に気付きました?」と聞くと「・・・はい・・・」と静かに答えた。

奥さんも僕に気が付いていたようだ!
そしてベッドに移動しても中々サービスを始めないので、僕は勝手に奥さんを押し倒す様にして、無理矢理キスをした。
奥さんは嫌がっていたが大きな抵抗は無かった。
そしておっぱいにムシャブリ付くと、少しアエギながら「ハァハァ、すいません、この事は内緒にしてもらえますか?」と聞いてきたので「奥さん次第ですよ」と言いました。
奥さんは『やっぱり!』みたいなリアクションで、ため息をついていました。

そして「どうすればいいんですか?」と聞いて来たので、僕はカッチカチの息子をマ○コに当てました。
「こういう事してくれればいいんですよ!」と言うと「あっ、それは、ダメです、あっ、ダメ入っちゃう、いやあ」と奥さんは拒んでいましたが、勝手に入れて行きました。
奥さんも口では拒んでいましたけど、断り切れないと判断したのか、諦めている感じもありました。

完全に奥までぶち込むと、意外にビッチャビチャに濡れている事に気付きました。
ひょっとした、弱味を握られて無理矢理やられるシチュエーションに興奮してるんじゃないかと思いました。
僕はゆっくりピストンしながら、「旦那に内緒で知らない男の生チ○コ入れられてどうだ?ヌチュヌチュじゃねーかよ!」と言うと、「ああん、あっ、違います、ああああ、別に好きでやってるわけじゃ、あっ、あっ」と嫌々ながらもピクピク震えながら感じていました。

そして、ピストンしながらクリ○リスを擦ると、ビクンビクン反応して、すぐに腰が動きだした。
奥さんは必死でポイントずらそうと動いているが、僕は追っ掛け回して、擦り続けていると、奥さんは指を口に入れて声を押し殺しながら、段々と腰が浮いて来た。
僕はここぞとばかりに激しくイジると、「はぐううう、ひぐっ、ぐううううううう、はぁああああああ」と声が出て、大きく腰を持ち上げた後に、『ガクンガクン』と痙攣しながら腰を落としていった。

奥さんは簡単にイッてしまいました。
イッたすぐ後に、僕は本気ピストンをすると「ダメ、ああああああ、ああああん、あああ、ダメえええええ、いやああ、動いちゃダメ、あああああ」と大声で感じていました。
僕も興奮して来たので、そのまま何も言わないで中にぶちまけました!
奥さんは気付いてないのか、動けないのか、だらしなく股を広げたまま痙攣して倒れていました。
そして奥さんの中から、たっぷり精子が垂れて来ました。

しばらく奥さんは倒れていて、ガクガクした膝で起き上がると、シャワー室に移動しました。
奥さんは「これで終りにして下さい・・・」と言うので「終りなわけねーだろ?これから好きな時にやるから、取り敢えずしゃぶれ!」と言ってシャワールームでしゃぶらせました。

そして帰りに奥さんの携帯を聞いて帰りました。
この後はもちろん飽きるまで奥さんを使わせてもらいます・・・



ヘルスで本番をした後、もう一度その奥さんとヤリたくなったので、日曜日に電話をしました。
意外と早く電話に出たんですけど、なんかコソコソ話してる感じでした。
どうやら旦那が近くにいて、急いでトイレに入ったみたいです。

でもそんなの関係ないから、「今から来い!」って言って、部屋番号言って切りました。
どうなるか楽しみでしたけど、10分位したらドアをノックする音がして、奥さんが入って来ました。

僕は異常に興奮してしまい、下駄箱に手を突かせると、スカートを捲り上げて、パンツを横にズラして、いきなり生でぶち込みました!
奥さんは抵抗する暇も有りません。
でも、マ○コはしっかり濡れていました。

奥さん:「こんなの、ああああん、ああああ、止めて下さい、あああああ、いやああああああ」
僕  :「ふざけんな!マ○コヌルヌルさせて何言ってんだ?アホかお前!」
奥さん:「いやああ、違います、あああああ、ダメえええ、あああああああ、あっ、あん、あっ」
僕  :「どうせ毎日知らねー男のチ○コしゃぶってんだから、黙ってヤラせろ!」
奥さん:「いやあああ、ひどい、ああん、あん、あっ、あああ、はぁああああああ、いやあ、ダメっ、あああああ、ヤダ、止めて、それ以上はダメ、ああああああ、止めて、あああああ、あっ、いやああああ、イク、イクううううううううう」

奥さんも興奮していたんでしょう、あっさりイってしまい、ブルブル震えながら下駄箱にしがみついていました。

僕  :「なんだよ、イってんじゃん、エロい女だなー」
奥さん:「違います、違うんです、ハァハァ、もう終りにして下さい、あっ、はうっ、あっ、ああああ、あああん」
僕  :「いいよ、終りにしてやるよ、イクぞ、いいか、イクぞおおおおおお」
奥さん:「あああああん、あっ、ちょっと、あっ、あの、あああああ、外に、あっ、外にちゃんと、あああん、あああああ、お願いします、あああ、はぁああああああ、ああん、ああああ」
僕  :「ああああ、イク、ああ、出る、はぁあああああああ、ハァハァ」
奥さん:「いやああああ、ダメ、抜いて、抜いて下さい、いやああああああ、あっ、はぁ、どうして・・・また中に・・・」

僕は抜いたチ○コを奥さんにフェラで掃除させると、「もういらねーから帰れ!」と言って追い返しました。
奥さんは精子が垂れてくるアソコをそのままに、パンツを履いて急いで帰りました。

でも、それから2時間もしないうちに、また抜きたくなってきました。
こんな状況が今まで無いので、興奮が収まりません。
すぐに奥さんに電話しました。
奥さんはまた、暗いテンションで電話にでました。
僕は「すぐに来い」とだけ言って電話を切りました。

また10分程で奥さんが部屋に来ました。
僕は即行でチ○コを出して、玄関に跪かせて無理矢理口に突っ込みました。
奥さんはむせ返る様にしていましたが、無理矢理奥までぶち込みました。
奥さんも早くイカせれば終わると思って、必死でしゃぶっていました。

僕はこのまま出そうかと思ったんですが、やっぱりマ○コも使いたくなったので、そのまま玄関で押し倒して、正常位でぶち込みました。
やっぱり奥さんはビッチャビチャです。
簡単に「ヌルッ」と手を添えないで入りました。
奥までガンガンに突いてやると、もう何も抵抗の言葉は有りませんでした。

「あああん、ああああ、ダメ、また、ダメ、あああん、ああああ、またイク、イク、イッちゃう、ああああああ、イクううう」

と大声を出しながらイキました。
僕も同時に、またたっぷりと中に精子を送り込んでやりました。
奥さんはもう諦めた様で何も言いませんでした。
そしてさっきと同じ様にフェラで掃除させて、「もう終わったから帰れ」と言うと、一生懸命急いでパンツを履いて、慌てて出て行く姿が本当に「性処理女」に相応しい姿だと思いました。

そしてその夜ですが、まだまだ興奮が収まらないで頭がおかしくなって来て、奥さんの部屋に行ってやろうと思いました!
奥さんの部屋番号は聞いていたので、いきなりチャイムを鳴らして「上の階の者ですけど、ゴミの出し方で連絡で来ました!」と言うと「はーい」と高い声で返事が来て、部屋のドアが開きました。

奥さんは僕の顔を見ると、完全に青ざめていました。
体が固まってしまっていたようなので、「今よろしいですか?」とニコニコしながら玄関に入りました。
奥さんは完全に脅えていました。
僕は小さい声で「心配すんな」と言って話を続けました。

僕は適当に話を続けました。
玄関から廊下が見えるだけで、各部屋は見えません。
旦那さんも奥にいるようですが、姿は見えませんでした。
僕はチャックを下ろして、チ○コを出しました。
奥さんは泣きそうな顔で、イヤイヤしています。
僕はゴミの収集について適当に話を伸ばしながら、無理矢理口に突っ込みました。

奥さんは凄い抵抗していましたが、僕は勝手に頭を掴んで無理矢理出し入れさせました。
僕は興奮が絶頂に来てしまい、奥さんを壁に手を突かせて、パンツを引きちぎる勢いで抜き取ると、マ○コにぶち込みました。
奥さんは見た事無い量のマン汁が溢れていて、内ももがヌルヌルしていて、少し泡立っていました。
また無抵抗に「ブチュッ」と音を立てて簡単に入ってしまうと、奥さんは自分の腕に噛み付いていました。

僕はもうゴミの話なんか忘れて、必死で腰を振りまくりました。
もうほとんど覚えていません。
気が付くと射精感が襲って来て、今日一番の量の精子を子宮にあんかけしてやりました。

奥さんはそのまま床に倒れ込んでしまいましたが、ブルブル感電したみたいに震えていていて、マ○コからは「ブリュッ、ビュッ、ブチュッ」と音を出して精子が出て来ていました。

僕は終わるとすぐに部屋を出ました。
旦那さんもまさか自分がいる時に、奥さんが自分家の玄関で中出しされてるとは思わないでしょう!

(function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-478").appendChild(img); img.src = 'http://static.fc2.com/image/clap/number/white/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('ht'+'tp://' + 'blogvote.fc2.com/pickup/mannanoeroetaiken/478/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document);





imobile_pid = "3558"; imobile_asid = "154020"; imobile_width = 468; imobile_height = 60;

もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング
【 2017/01/23 20:54 】 未分類 |

同じマンションに住む未亡人の30歳とのエッチ体験

ピアノメーカーの営業マンとして出発した頃、当時ワタクシは電車通勤をしておりました。
大体、朝同じ時刻の電車に乗るのですが、通勤途中の密かな楽しみのひとつが同じマンションの10階に住むIさんの奥さんと一緒の通勤時間でした。
Iさんの奥さんは美砂さんと言う名で女優の池上季美子にそっくりさん(30歳)の美人です。
このご夫婦とは前年、町内会のソフトボール大会で一緒になり朝晩挨拶を交わすようになっていました。
とても清楚な奥さんで口調も朗らか、朝は「おはようございます」夜は「おかえりなさい」と優しく声を掛けてくださるので、次第に好感を飛び越して「ヤリタイ」と心の中で思うようになり、朝駅へ向かう時に前を歩いている奥さんのプリプリ左右に揺れる豊満なお尻を見てドキドキしたり、満員電車の同じ車両で体が触れたりするとオチンチンがはちきれそうになったりもしました。
帰り道一緒に軽く会話をした事があるのですが、某出版会社の管理職をしていると言う話でした。

そんなある日、マンションの住民からIさんの旦那さんが脳梗塞で亡くなったという話を耳にし「まだ若いのにこの先、奥さんはどうするのだろう?」などと気に掛けていました。
それから半年以上たったでしょうか、或る週末の夜ワタクシは会社の接待で遅くなり最終電車に揺られていつもの駅で下車、混み合うタクシー乗り場を後にトボトボ歩いて帰宅途中、マンションにほど近い公園付近でフラフラ歩いている女性がいるではありませんか!
近づけばナッ、ナントIさんの奥さんでした。
ベロベロに酔払い千鳥足で真っ直ぐ歩けない状態です。
金ボタンに白いミニスカートのスーツ、旦那さんが亡くなる前と変らない美貌です。
ワタクシはドキドキしながら
「奥さんっ、大丈夫ですか?」と肩を抱き寄せたら
「あらんっ、剛士さん!ヒックッ。」てな感じで目がトローンとしています。
相手がワタシだとわかった瞬間に奥さん気を許したのか
「あぁ~んっ、酔っ払っちゃったのぉ」と甘い声を出しながらフラつく足元を躓かせ寄りかかってきました。
「奥さん、こんなに酔っ払っちゃって痴漢にでも遭遇したら危険ですよ、ボク送りますから」と奥さんに寄り添うと
「ごめんなさい、こんなになるまで飲んだの初めてなの」
とお酒と甘い香水の入り混じった大人の香りが益々色っぽく感じます。
途中、ハイヒールが脱げてしまって片足をヒョイと上げた瞬間、豊満な太腿のミニスカートの切れ目から白いパンティがチラッと見えました。

「奥さん、チョッと公園のベンチで休んで行きましょう、誰かにみられちゃったらマンションで噂になりますから」
と奥さんを深夜の公園に連れて行きました。
公園のベンチに座らせてすぐ近くの自販機からコーヒーを買い奥さんと一緒に飲みながら語り合いました。
聞けば奥さん、ご主人が亡くなってから職場でセクハラまがいの扱いを受けたり、姑からは何故子供を作らなかったのかと責められ、自宅では寂しい日々を過ごしやるせない気分になり、会社の後輩を連れて居酒屋へ行きついつい飲み過ぎてしまったとのコトでした。
しかしワタクシこんな身の上話も上の空、もう白いスーツからはちきれんばかりの豊満なロケットのようなオッパイとくびれたウエストの下半身にムッチリとついたデカめの美尻に生唾ゴクリ状態です。
池上季美子似のエロい顔にこれ以上ない豊満な肉体、しかも未亡人とくれば当時若かったワタクシ我慢できるハズもありません。
「奥さん、辛かったでしょう、奥さんの気持は良くわかりますナニかあったらボクに相談してください何とかしますから」と耳元で呟きそっと唇を奪いました。
最初は軽く合わせた唇に驚くかと思っていましたが数秒経つと奥さんの方からネッチョリと舌を入れてきました。
それどころか唾までワタシの口中に入れて微かに興奮した吐息が確認できます。
これでワタシが2年間この奥さんと思い切りセックスして中出ししたいという気持に火が点きました。
ベンチに腰掛て濃厚なキス&愛撫を繰り返し続けミニスカートの中に手を入れアソコを撫で回すと
「ハァッ、クッ!」
甘い声を出してワタシの首筋に吸い付いてきます。
パンティの中に手をねじ込みオマンコに指を入れるともうグッショリ。
久々に味わう男の愛撫にもう池上季美子似の未亡人もうメロメロで声を殺して
「クッ、ンハァッ、ンンンッ、ハッ」とリズミカルに感じています。
そっと立ち上がり奥さんを公園の遊具の土管で作ったトンネルの中へ導きました。
そこでイッキにスカートとパンティを脱がし下半身をムキ出しにして、怒り狂って鉄のようになったオチンチン(当時はまだ固かった笑)を蜜が溢れ出る奥さんのオマンコにニュルッと奥深くまで挿入しました。
奥さん、かなり愛撫で感じていたせいかワタクシの男根を奥深く入れた瞬間、絶頂に達したようで
「クハァァァァッ~ッ」と全身を痙攣させています。
「はぁっ、剛士さんもうダメ!感じちゃって声が・・・ウグッ、あぁイイィ~っ!」とデカイ尻を振って悶えます。
「声がでちゃうッ、あっ、クハァッ」と自らハンカチを咥えて歯を喰いしばります。
もうこうなったら弾丸高速ハイドリフトピストン攻撃です。
もう奥さん感じすぎてイキ過ぎてここが深夜の公園というコトを忘れて声を出すので困りました。

その後、マンションへ一緒に帰ったのですが、酔いは覚めたハズの奥さん今度は腰が抜けた状態になってやっとこさ部屋へ送り帰しました。
それからは言うまでもありません、池上美季子似のキャリアウーマン未亡人ワタクシの専属中出しメス豚と化しました。
同じマンションなので朝の一発、夜は全裸にエプロン姿で一発、日曜日は朝から夜までヤリッぱなしの全部中出しの専用公衆便所に仕立て上げました。
この一件でワタクシ完全人妻ファッカーとなり現在に至っております。

人妻さんってホントにドスケベですね

(function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-611").appendChild(img); img.src = 'http://static.fc2.com/image/clap/number/white/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('ht'+'tp://' + 'blogvote.fc2.com/pickup/mannanoeroetaiken/611/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document);





imobile_pid = "3558"; imobile_asid = "154020"; imobile_width = 468; imobile_height = 60;

もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング
【 2017/01/23 16:54 】 未分類 |

同じマンションに住む凄い可愛い中学生と…

春ぐらいから、マンションの玄関でよく会うコがいるんです。礼儀正しくていつも挨拶してきます。ちょっとだけ会話を交わした事があったのですが、中学生2年生だといってました。とても元気が良く明るいコでして、僕が帰宅する時間と下校時間が一緒みたいなので、よく会うんですね。

両親が居酒屋を営んでるそうで、いつも親の帰りが遅いようです。いわゆる鍵ッコですね。。週末も1人が多いそうです。4月に転校してきたばかりで、そんなに仲の良い友達も作れていないそうです。

そう思った僕は「今度、部屋に遊びにおいでよ」と誘ってみました。ゲーム好きらしく、僕もゲーム好きだよって言ったら一緒にやろう!って嬉しかったみたいでした。
そして、先週の日曜日昼頃に彼女が部屋に来てくれました。来たのはいいのですが、昼ごはんを食べていないという子とでしたので、コンビニで昼ごはんを買いに行き、一緒に食べました。

なんだか、全然警戒しないなぁ…というのが印象でした。ちょっと日焼けし
てて肌も凄く綺麗でした。
「髪、きれいだね」といいながら髪を撫でてあげると恥ずかしそうにこっちを向いて笑いました。ちょっとドキッとしましたが、さらに!
「日焼けしてるね?」といいながら、太股のあたりを触ってみました。
「部活で日焼けしちゃった」と、まったく警戒しないんですよね。その時、『これはイケル!』と確信。嫌がれたらやめればいいやと思い、「あっ、ここも日焼けがはっきりわかるね」と、Tシャツの胸のあたりを指でひっぱりました。ノーブラでしたので乳首が見えた!
「わっ!エッチ!」彼女は恥ずかしそうに隠しました。
「お兄さんは凄くエッチだぞぉ」とふざけたフリして、体中を触りました。自
分でも何かスイッチ入ってしまって止まらなくなっちゃいました。
ゲームはそっちのけでお触りごっこになっちゃって…。くすぐりながらおっ
ぱい触ったり、マンコの部分をグリグリやったり。。お尻なんかはおっぱいより発育がよかったですね。調子にのってパンツをグイッてずらしたらちっちゃいマンコも見えて…。それで完全に暴走しちゃてパンツ脱がしちゃいました。
すかさずマンコにしゃぶりついてましたね。唾液でベトベトにしながらしゃぶり倒しました。指でマン肉を開いたりして、ブルッときちゃいました。
その時点でギンギンに勃起してました。途中から勝手にその気になってしまいました。

その後は彼女と以下のようなやり取りだった思います。

「ほら、さわってみて」
彼女の手を取り、勃起したチンポをズボンの上から触らせました。
「おっきくなってる…」と言いつつも彼女は嫌がりませんでした。
「ほら、形がわかるでしょ?」
「うん。でも、なんで固くなってるの?」
「直接出して見てみる?」
彼女は僕の顔をみて静か頷きました。興味あったんでしょうね。
「見せてあげるけど、今日の事は親とかに言っちゃだめだよ」と口止めしました。僕はスボンを脱いでパンツ1枚になり、彼女にパンツを脱がせるように指示しました。

「私が脱がすの?」
「うん、脱がしてよ」
彼女は僕のパンツを脱がそうとしましたが、チンポがパンツの中で引っかかっていたのを無理矢理降ろそうとしたので思いっきりチンポが飛び出しました。

「わぁっ!すご~い!」と目を丸くして驚いてましたが、ちょっと冷たい手で
すかさず握ってました。
「どう?元気でしょ?」
「すご~い。カチカチだぁ」
「強く握ってみてよ」
彼女が強く握ると先っぽからジワ~っとチン汁が出てました。
「何か出たよ?」
「あっ気持ちいいとでるんだぁ」
「気持ちいいの?」
「気持ちいいよぉ」
「舐めるの知ってる?」
「コレ舐めるの?やだよ…汚い…」
「大人になると女の人はみんなするんだよ。やってみな」
じっとチンポを見つめて葛藤している様子の彼女。
「大丈夫。やり方教えるから」
フェラを教えてあげましたよ。
「将来ね、好きな男の人ができたらしてあげるんだよ。凄く喜ぶよ」
「うん!やってみる!」
30分くらいだったでしょうか、色々指示しながらフェラさせました。僕も何人かの女性とセックスした事がありますけど、やっぱり自分の気持ちいい部分は自分でしかわからないので、彼女が言われた通りにしたのは凄く気持ちよかったです。
「いつ終ればいいの?」と、ちょっと疲れたみたいでした。
『さて、出しちゃおうかな..』と瞬時に思いました。射精はもちろんしたかっ
たですから。
「精子ってわかる?」
「ちょっと知ってる」
「赤ちゃんの素になるのがもう直ぐ出るよ」
「どうすればいいの?」
「できるだけ深く咥えてみて」とディープスロート風に。こんなコでも教える
とちゃんとできるんですね。直ぐに出そうになりました。彼女の顎に手を添えて、口を開けるように指示しました。
「あ~んして。出るからじっとしてて」
彼女は言われた通りに口を大きく開けました。銀の詰め物がいっぱいでした。
「もっとおっきく開けないと。顔にかかっちゃうぞ」
「んじゃ、出すね」
「あ~い」と開けた口を目掛けて射精しました。若干OBして鼻に掛かっちゃいました。
「うーん」と苦そうな顔をしましたが、飲むように言いました。
ちょっと躊躇いましたが、しっかりと飲み込みました。
「うわ..ちょっと喉に引っかかるよぉ」
「あはは。ごめんね。でも偉いね♪」

1回出しても治まる気配がなく、これは最後までやろうと思いました。自分でも驚くほど勃起してましたね。彼女なら絶対に最後までいけると思いました。
中学生とやれるって事だけでも興奮も最高潮でした。フェラもまだまだ下手だけど一生懸命な彼女を上から見下ろしながら夢でもみているような気分になりました。

「ねぇ、そこに座ってよ」
僕は彼女にベッドに座るように指示しました。そして彼女に近づきTシャツを脱がせました。
「あっ!」
スポーツブラでした。構わず一緒に脱がしました。パンツにも手を掛け、一気に全裸にさせました。
「お兄さんも裸になるからさ」
こっちも裸になりました。彼女の体はホントに綺麗でした。おっぱいは小ぶりでしたけどお尻は肉付きがよかったですね。僕はそのまま彼女をベッドに寝かせました。顔を見るとそれなりに何をするのか判っていたようでした。そして足を掴み、左右にをガバッと開きました。
「あっ!」
薄っすらと毛が生えた小ぶりな穴ぼこが目に飛び込んできました。
「ふ~」
震えが込み上げてきたので、大きく深呼吸をしました。
『これだよ、これ…』
僕は彼女の穴ぼこにしゃぶりつきました。
「ああっ!」
「最後まで教るから…」
可愛いお豆は奥に引っ込み気味でしたので、舐めながら少ずつ外に出しました。じっと耐える彼女。見ると顔が真っ赤になってました。恥ずかしかったでしょうね。こっちも夢中でしゃぶり倒してました。丸ごと口に含んだりしてたと思います。指を入れてみたんですが全然痛がりませんでした。処女だろ!?と思ってたのですが…。
「痛くないの?」コクッと頷く彼女。
「ホントに?」
それなら…と思い人差し指をぐ~っと奥まで入れてみました。
「平気なんだぁ」
それにしてもキツい穴ぼこでしたね。チンポを入れたら…と思うとムクムクっと勃起し始めました。
「処女膜」って運動とかスポーツやってるコだと何かの拍子に自然と破けちゃう事もあるって聞いた事はあるんですけど、彼女もそうなのかなぁって思いました。彼女、部活でハンドボールやってるといってましたからね。
「何か、それ怖いよぉ…」と僕のチンポを見てました。
「怖い事ないよ。大丈夫♪」
この、テキトーなやりとりいいなぁ…。

そして、いよいよ挿入。枕に下に隠しておいたローションを手に取り、自分のチンポに垂らし、亀頭を彼女の穴に何度か擦りつけました。
「んじゃ入れるよ…」
「ん!」
亀頭が入った所で彼女が一瞬腰を引きました。
「ほら、力抜いてよ」
そういうと僕はさらに奥まで入れていきました。
・・・・もの凄い窮屈感と今まで味わった事のない快感に、思わず天を仰ぎました。言葉では表現できない気持ちよさです。根元まで入った所で彼女にキスしました。
「ありがとうね。全部入っちゃったよ」
「おっきいよ…」
もう、自然に腰が動いてました。本当にやばかったです。彼女はずっと僕の目を見てました。
「すごく気持ちいいよ」
「そんなに?」
僕は彼女に抱き付いてゆっくりと腰を動かしたのですが、5分もしないうちに出そうになりました。
「ちょっと強くするね」
我慢してもしょうがないと思いましたので1回出そうと思ったので、ちょっと
強めに腰を動かしました。
「うぅ…」
「出すよ」
僕は彼女からチンポを抜いて腹の上に精子を出しました。気持ちよかったので自分でもビックリの大量発射でした。
「わー、凄い…」
彼女も出された精子を見て目を丸くしてました。彼女の胸や首の方まで飛んでました。彼女は精子を指でいじって指についた精子の匂いを嗅いでいました。
「臭さっ」
「はは…でも、さっきそれ飲んだでしょ」

ちょっと休んでもう1回しようと思ったのですが、ベッドで寝そべりながらエ
ッチの話をしていたら僕も彼女も眠くなってしまい、2人で寝てしまいまし
た。
2時間くらい寝てしまいましたが、起きてからもう1回しました。2回目は彼女も余裕が出てきて、ちょっと気持ちよさそうでした。

彼女は9時頃に帰ってしまったのですが、また今週末に来ると言ってました。
今度は他の体位とかも試してみたいですね。週末が待ち遠しいです。

彼女がいない僕にとって彼女は天使です。親バレしないように気をつけながら遊べるうちは楽しみますよ!
【 2017/01/23 08:53 】 未分類 |

倒産した会社の高根の華だったY美とひょんなことから…

倒産して半年くらいたった頃、再就職がめでたく決まった俺は、自分自身で祝いを兼ねてデリヘルで遊ぶことに。。ろくに顔写真も見ず、無指名で
ホテルで待つこと10分、、そこに現れたのは倒産した前の会社の同じ課にいた同僚で、まさに俺の高根の華だったY美。
勤めていた当時は何度か誘ってみたものの見事に玉砕して、どうにもならないおれはY美をズリネタしていたものだった。

向こうも俺に気が付いて、明らかに嫌な顔して「ごめんなさい、チェンジしてもらったほうがいいですよね」と早々に帰ろうとする。
Y美の腕を引っ張り、「まあ・・中に入りなよ」と強引に引きずり込んで「大変そうだね、なかなか再就職は難しいよね」と声をかけるも、「あの・・私、・・ちょっと無理なんで・・ チェンジしてもらっていいですか?」と半分パニックになってる。
こんなチャンスはまずないと「選べるのはお客の方だよね?・・クレームつけたくないし、俺、あまり時間もないんだよね」とチェンジはしない意向を漏らすと彼女は「Tさんが前から私のこと好意をよせてくれてたのはわかっていました。仕事中にいつも私のこと目で追っていたのも知ってます。でも・・私、あなたは生理的に無理なんです。。だから・・お願いします。帰してください」
と半ば泣きながら懇願してきた。

(そうか・・おれのことそんなにキモかったんだ。。そんなに俺のこと嫌いだったんだ・・)と思いながらも
(そんなに嫌なら仕方ないか・・)と思うどころか(よし・・絶対にやってやる。思い切り感じさせてやる)
と燃えに燃え、「チェンジはしないよ。Y美さんの思ってたとおりです。俺・・ずっと君が好きで好きでたまらなかったし、こういうところで再会できたんだから、遠慮なく遊ばせてもらいます」ときっぱり。。
俺のこと冷たい視線で見ていたY美はそう言うおれの言葉をさえぎり、「失礼します」とさっさとドアに向かって歩き出し「クレームつけるならどうぞ付けてください」と言い残して帰ろうとする。

「おれさ・・・前の会社の人達とたまに会うんだよね。来週も会うことになっているんだ。ほら、Y美さんと仲良かったK美さんも来るよ。Y美さんがとても元気そうにしてたってみんなには言っておくね」と後姿に声をかけるとY美の顔色が変わり
「どういう意味?」
「別に・・ただ・・近況報告と思ってさ」
「今日のこと言ったら、あなただってこういうところで遊んでることがばれるでしょ」
「おれは男だからさ・・別にどおってことないよ」
しばらく沈黙のあと・・彼女・・
「汚い人・・」

「ずるいね。私が嫌だって言ってるでしょ・・。身体が受け付けないの」
「そうなんだ。。でもY美さんが嫌でも、おれは嫌じゃないし。。」
「ここで帰ったら・・みんなに言うんでしょ」
「うん、、言うよ」(きっぱり)
キッと俺を睨み付けて
「絶対黙っててね。約束して!」と怒りながら自分の携帯で
「今、部屋に入りました。終了したらまた連絡します」

(よおし!)と心で踊る自分の気持ちを抑えながら
「じゃあ・・よろしくお願いしますね」と俺。。

「いやあ・・おれもね、ようやく再就職が決まってね。職種が同じなんで
なんとか採用されたんだよね」と話しかけるも、興味ないといったそぶりで 「先にシャワーします」とバスルームに消えていく

その前に彼女のスペックを。
詳しくはわかりませんので客観的に見て述べます。
背は身長172センチの俺のちょうど目線くらい。
体型は普通。痩せてもいなければ太ってもいない。
ただ、胸はいわゆる鳩胸。
おそらくDかFはあるだろう。
ヒップも適度な丸みがあって、つまりはいい身体してるだろうな、と想像してしまうような感じ。
Y美が言ってた「目で追う」とはまさにこの事。。

で・・バスルームに消えていくY美を「ちょっと待って」と呼び止め
「あのさ・・もうプレイ時間に入っているし、いろいろしてもいいんだよね?」 「え?・・」
「だからさ・・身体とか・・触ったりしていいんだよね?」
「・・・ええ・・・」
「じゃあ・・ごめんね・・ちょっと・・服の上からごめんね」
と一応断ってからおずおずと手を延ばして、弾力のある胸を両手で揉む。
(やった!とうとうY美の胸に触れた!)
「柔らかいね」(思わず声が上ずる俺)
「・・・・」(明らかに嫌悪感丸出しのY美)

執拗に胸を揉む俺に
「もう・・いいですか?シャワー浴びたいので」とこっちの返事を聞く前にそそくさとバスルームへ向かうY美。
ふん、まあ・・いいさ・・これからじっくりと身体を堪能してやるからな、と楽しみを後回しに好きにさせてやる俺。

しばらくしてシャワーを終え、バスタオルを身体に巻いて出てくるY美。
ほのかに見える胸の谷間がたまらない。。
グッとこらえて俺もバスルームに。

入れ違いでバスルームに入ると、湯気とともにY美が使っていたボディソープの香りが漂う。
(ああ・・たった今ここでY美が全裸で身体を洗っていたんだ・・)
そう思うだけで、もうチンポはギンギンどころかこれまでにないような硬さに。。
わざわざ二つ用意してあるスポンジも当然、Y美が使ってた物を使う。

急いでシャワーから出ると、Y美はバスタオルを巻いたまま途方にくれたようにソファに座っている。
目の前で腰に巻いていたタオルを取って身体を拭きながら
「お待たせ。何か飲む?」と声をかけるも
「いえ・・いりません。・・それより・・早く済ませていただけますか?」
と目をそらし気味に小さな声で言うY美。

「そうだね。。時間もあることだし。。わかった。じゃあ・・はじめようか」とY美と対面のソファにタオルを敷いてチンポ丸見え状態で腰掛ける。
「Y美さん・・ちょっと立ってみてくれる」
「・・・」無言で言われたとおりにするY美。
「じゃあさ・・タオル取って・・身体見せてよ」
「・・・」
「早く。。Y美さんは風俗嬢でおれは客なんだよ。割り切った気持ちになりなよ」
観念したかのように、ゆっくりとバスタオルをとって、手で乳房と股間を隠すように立つY美。
無言でY美に近づいて、身体を隠してある手を取って脇に。
あまりの見事な身体に声も出ない。。
(素晴らしい・・想像以上だ・・)

お椀型のおっぱいに薄茶色の乳輪と乳首。。
くびれた腰。
処理してなさそうな陰毛。。
どれを取っても俺にとっては芸術品だ。。
舐めるような目で整った顔立ちと身体を何度も見返す。

恥ずかしさと触られるのも嫌であろう俺に身体を見られて、顔が紅潮しているY美。

乳房をやんわりと揉みながら・乳首を摘むと、「んんっ」とかわいらしい声を漏らす。
その口をふさぐように唇を貪る。
手ではねのけるように否むY美に、
「ディープキスはプレイのひとつだよね。。」
と強引に舌を絡ませるように吸う。

否み続けるY美に一度唇を離してから
「ちゃんとプレイしてよ。お金もらっている以上、仕事でしょ。真面目にやってよ」と表向きは事務的に話すが、そうはいかない。
再び唇を絡めると、Y美も仕方なしか絡めてくる。
右手は乳房を揉み、左手は背中から尻を撫で廻し、絡めていた唇から、うなじ、首筋に舌を這わすと「あ・・ぁ」と声にならない声で囁くように悶えるY美。

堪能するように弄っていた手を尻から太ももあたりを撫でると・・なんとそこは・・

Y美のあそこから溢れ出たのであろう、蜜が伝わっていた。。
そう・・敏感な身体のY美はすでにびしょ濡れ状態だったのだ。
早く確かめたい衝動にかられた俺は、Y身の身体を抱えるようにベッドへと運ぶ。
放心状態のY美は力なく横たわるが、羞恥心だけは失わないのかあそこだけは手で覆い隠す。
構わず腰の下に手を入れて、枕を当てて腰を浮かせる。
そのまま脚を拓かせようとするが、「いやっ!」とばかり必死に抵抗するY美。
ここまで来たら理屈はいらない。
強引に覆い隠している手をどけて脚を拓かせ、夢にまで見たY実のあそこを。。
目が眩むほどの光景だった。。

「Y美さん・・さっき身体が受け付けないって言ってたけど・・その割にはすごい濡れてるね」
「ち・・違います。。さっきシャワーのあと、ローション塗ったんです」と苦し紛れのY美。
「ローションねえ・・」と指2本ゆっくり挿入しこねると「ぬちゃぬちゃ」と湿った音が。
「ああ・・・ん・・」と甘いさえずりがY美の口からこぼれる。
「これがローションかなあ・・・」と指をゆっくり出し入れすると腰をくねらせ気味に。
蜜の溢れ方がまたエロい。。まるでおくからスポイトで抽出しているような溢れ方。
糸引くどころではない。。
Y美は指はシーツをギュっと掴み、タオルの端を噛んで声が出ないように耐えている。

さて・・俺ばかり責めていも仕方がない。。そろそろ・・・とばかり・・
「おれのも・・見てくれる」
はっと我にかえったようなY美。
「あの・・・」
「うん、おれのチンチン、まだ見てくれてないよね。まずは見てよ」とばかり今にもお腹に付きそうなくらいになっているギンギンなチンポを目の前に。
(俺のチンポスペック・・標準よりは大きいと言われる。16くらい。太さもあるがなんと言ってもカリが自慢。いわゆるズル剥けチンポ)
「あっ」と口を半開きにして「すごい・・」と思わず口にするY美。
「どう?気に入ってくれた?触ってくれるかな」とY美の手を取りチンポへ。。

最初は俺の手の通り動かしていたY身だったが、そのうち自分から太さ、長さを確かめるような手つきに。
明らかに最初の頃と反応が違ってきているY美。
「フェラチオしてもらっていいかな・・」
しばらくチンポを触っていたY実だったが、思い直したようにそのまま可愛い口元へ。
先の汁を舐めるように舐めていたが、口を拡げてズルズルと呑み込むとそのままゆっくりとフェラ。
苦しいのか涙目になるも、そのうち一心不乱にしゃぶりだす。
あのY美が・・夢中になっておれのチンポをしゃぶってる・・・
そう思うだけで、あまりの興奮に恥ずかしながら逝きそうになってくる。

「Y美さん・・すごいね。キモいおれのチンポなのに。」
と言うと観念したようにY美からは衝撃の告白が。。
どうやらY美は、俺のことをマジでキモい対象だったのだが、同時にオナニーのおかずにしていたと言う。
キモいおれにやられることを想像するだけで、異常な快感を得たと言うのだ。
それが今日、現実となった。
ついさっきまでは、現実ではあり得ないし絶対無理、と思っていたが、触られたりしているうちに、妄想していた展開に身体ばかりか心までが反応してしまったのだとか。

「そうだったんだ・・だからこんなにビショビショになんだね。でも光栄ですよ、俺を思ってオナニーしてくれてたなんて」とあそこを弄りながら言うと
「そんな・・・言わないでください」と潤んだ目のY美。
「いやね、おれもY美さんのことおかずにしてましたよ。わかっていたとは思いますけどね。」
と言うと、やっぱり・・みたいな妙に納得顔のY美。

「誰にも言わないから安心してくださいよ」といいながら今度はY美の股間に顔をうずめて舐めだす。
ベロベロとまさに犬のよう。Y美はよがり悶える。。
舌をクリに触れるか触れないかのようにツンツンすると、自ら腰を突き出して舌にこするつける。
かなりのエロ女だ。

我慢も時間も限界に来た俺は
「Y美さん・・いいよね・・」と言いながらY美の腰を持って引き寄せ、チンポをナマのまま入り口に押し付ける。
拒否しないY美。
受け入れ体制だ。
そのまま奥深く入れ込むと「あうぅ・・」と呻きに近い声を上げて白目状態。
感激だ!とうとうY美とセックスすることが出来た!
夢中で腰を振る俺に手を腰に廻して応えるようにするY美。
顔を近づけると自分から舌を求めてくる。
ちなみにその日は延長して3回ナマで中出し。
あとで聞いたが、やはりオナネタのキモイ俺とのセックスもそうだが、チンポがかなりよかったらしい。

後日談です。

その後、数日してY美を呼び出した。

連絡先は前回の時に強引に聞き出した。

この前は分かれ際、満足してすっきりした事もあったためか多少の笑顔をみせてくれたY美。
会社勤め中はぜったいに見せてくれなかった顔だ。
だが数日たって呼び出した時の反応は「行かないとダメですか・・」
みたいな反応だったが、何とか都合付かないかな、と言うと「わかりました」
と仕方なしに、といった感じだった。

約束の7時に時間通り来た。
「悪いね、呼び出したりして」
「いいえ」
やっぱりいい女だ。美形だし服の上からでもスタイルの良さがわかる。
「どう?食事でもしようか」と言いつつ先に歩き出すと
「あの・・」
「なに?」
「あの・・私・・この前言いましたけど・・無理なんです」
「何が?」
「ですから・・一緒に食事とか呑んだりとか・・そういうのは・・」
そか、俺はまだキモい存在だったんだ。

「あそう・・じゃあ・・なんで来たの?」
「あの・・・それは・・」
「セックスしたいから来たの?」と言うと、顔を染めるY美。

「いえ・・ちが・・あの・・」明らかに動揺している。
俺も最初からわかってはいるものの少し意地悪してやれと
「からかうつもりなら来なければいいじゃん、ごめんな貴重な時間を。。じゃあまたね」
と帰ろうとすると、慌てた声で
「待ってください!」
振り向くとうつむいたままのY美。
「あの・・この前と・・同じに・・して下さい」
と搾り出すのがやっとという声で言うY美。
傍に近寄り、わかっているよ、とばかり耳元でそっと
「そうか・・わかった・・仕方ないよな・・性欲には・・勝てないよな」
と言うと、カァ・・と真っ赤な顔に。。
「じゃあ・・行こうか」とそそくさと歩く俺に、付かず離れずと言った感じで付いてくるY美。
また今日もY美の身体をじっくりと堪能できるんだな、とそう思うだけで勃起してくる。

ラブホに着くなり、
「さて、、今日は一緒に風呂入ろうな。。」
「え・・それは・・」
Y美の躊躇にも構わずさっさと服を脱いで裸になる俺。すでに勃起全快だ。
見せ付けると、おれのチンポを潤んだ目で見てるY美。
おそらくもう蜜が溢れているはずだ。
「先に行ってるよ」とバスルームに。。
シャワーを浴びていると、Y美が入ってきた。
今日は身体を隠していない。。
白くまぶしい肌がバスルームの白い光に照らされる。
柔らかそうな豊満な乳房。くびれた腰。黒々としたヘア。。
まさに大人の女の身体だ。

遠慮なくY美の身体を見入る。
Y美もおれのチンポに釘付けだ。
シャワーで身体を濡らし、スポンジでソープを泡立て、手に取りY美の身体に塗りたくる。
弾力ある柔らかい身体だ。。
Y美も2度目からか、遠慮しがちながら自分からチンポを触りだす。
「よほど気に入ってくれたようだね、これ」
「・・・」無言でふぐりから棒まで、両手で丹念に、、入念に弄るY美。
あれほど俺をキモい、と言ってたY美なのに。。。
どうやら裸の俺は服着てる俺とは違うらしい。
膝付いて自らチンポをしゃぶりだす。
「あぁ・・」と声上げながら美味しそうにしゃぶってる。
俺は決心した。
必ず俺の女にしてやる。
俺から離れられない身体にしてやる。

バスルームからベッドに行く際は、抱っこしてY美を運んだ。
Y美もおれの首に手を廻している。
寝かせてから抱きしめ首筋にキスしながら
「俺のこと・・まだキモいか?」
「いえ・・前ほどでは・・なくなりました」
「じゃあ・俺と付き合ってくれよ。」
「・・・」
「嫌?」
「もう少し・・時間を下さい。」 
会話をしながらY美の手を取りチンポへと導く。
「これ・・本当に・・すご・い。」

「Y美さん、誰かと付き合ってるの?」
「え・・付き合ってるというか・・」
「いるんだ?」
「・・そこまでは・・」
「誰?俺の知ってる人?」
「・・・はい」
「誰?」
「Tさんも知っていますよね。営業にいたHさん・・。」
(けっ!あのチャラいイケメン野郎か!)
ちなみに俺は技術屋。ヘラヘラした馬鹿とは頭が違う。
「そっか・・H君とねえ・・もう・・寝たの?」
「はい・・」
「ふうん・・・イケメンで格好いいしなあ・・で・・エッチは俺と比べてどう?」
「まるで違います。比較になりません」とキッパリと言い放ったY美。
聞いてみると、自分勝手でしかも・早い・小さい・下手の三拍子揃いとの事。

そか・・あのイケメン野郎はたいしたことなかったのか・・
「だから男は顔じゃないんだよ。中身が大事なんだよ。わかるでしょ?」
「・・・は・・い・・」
「あまりよくわかってないようだね・・」
と言いながら改めて理解させるため、覆いかぶさりそのままナマ挿入。
「あぅ・・!」
喘ぐY美。
しかし・・ゆっくりと出し入れしたかと思えば・・・すぐに抜く。。
「え・・?」
そんな・・みたいな顔するY美。

「欲しい?」
「はい。。欲しいです。。」
「じゃあ・・挿れてやるから自分で導いてみな」
チンポを手に取り、自分からあてがうY美。
「おれと付き合ったら好きな時に味わえるんだぞ」
Y美の顔が気持ち良さげに歪んでる。
体勢を入れ替えY美が上に。
夢中で腰を振るY美。クネクネといやらしい腰使いだ。
本当に見れば見るほどいい女だ。
しかもエロい。
あともう少しで落ちるな。

最後に俺が上になってディープキスしながら交わる。
夢中で俺の舌を吸うY美。
今日はどうやら危険日らしい。
避妊してほしいと頼まれていたが当然、外に出す気はない。
最後は思い切り子宮の中に出してやった。
はらむ可能性は大だ。

(function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-462").appendChild(img); img.src = 'http://static.fc2.com/image/clap/number/white/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('ht'+'tp://' + 'blogvote.fc2.com/pickup/mannanoeroetaiken/462/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document);





imobile_pid = "3558"; imobile_asid = "154020"; imobile_width = 468; imobile_height = 60;

もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング
【 2017/01/23 00:53 】 未分類 |

都合のいい女

俺の遊び仲間にKという先輩がいる。
このKくんは人付き合いがよく男からも女からも好かれる感じの人だが女癖が悪い。
本命彼女を含め、常に3人程度のセフレと付き合っている。
ある時、Kくんと飲みながら、俺はセフレどころか彼女さえいない。
と愚痴っていると「じゃあ、1人やるよ」と言い出した。

「K子なんてどう?俺もそろそろ別れたいし、あいつ大人しいからセフレには丁度いいよ」
そんなに簡単に口説ければ苦労しないと言うと、
「やっちゃえば大丈夫だって。K子はMだからレイプされても感じるから」
とバカな冗談と思って聞いていたが、それからもK子について胸が大きいとか、
おとなしそうだけどすごくHだとか、フェラが好きでずーっと舐めてるとか聞いているうちに、
だんだん興味が沸いてきてK子のことをいろいろ聞いてみた。

K子とは飲み会で知り合ってちょっと遊ぶつもりで口説いたそうだ。
顔はいまいちだが、住んでいる所も離れているのでセフレには丁度良かったらしい。
今までも何度か手を切ろうとしたらしいが「今は友人関係を大切にしたいから彼女を作る気はない」
と言っても「私たちは友達だよね」と納得するし、
「将来のために勉強が忙しくて給料も少なくて遊んだり出来ない」
と言うと「仕事の他にバイトして応援する」と言って貢いでくれるそうだ。
今も週に1回程度平日に1時間くらい掛けてやって来てはセックスする関係だそうだ。

結局、月に数回セックスしてやればなんでも言うことを聞いて、遊ぶときは金を出してくれて、
家から出たゴミも持って帰ったりする便利な女だそうだ。
俺には、なんとも羨ましいことだがKくんが言うには従順過ぎてちょっと怖い。
K子も30才を過ぎたのでそろそろ別れたい。
先日、部屋で会っていたら本命が来て鬼のようにチャイムを鳴らされてばれそうになり、
それ以来自宅で会えないので面倒だ。
なんともバカらしい自分勝手な理由で手を切りたいらしい。
女は他にいるから別れてもいいが貢いでくれる金はちょっと惜しい。
俺とK子が関係を持ったらいざっていうときに別れやすいというのが本心らしい。
俺はお前の方が怖いよと心の中で思った。




K子とは以前、飲み会などで会ったことがあるが、おとなしい感じの女で顔は決して良い方ではない。
俺の印象では、こんなまじめそうなのにバカな男に騙されてかわいそうだなぁと思っていた。
話を聞いているうちにはっきり断らないでいると、
「じゃあ決まりね。セッティングしておくから頼むよ」と押し切られた形になってしまった。
冗談だと思ってすっかり忘れていたが、数日後Kくんから電話が来て計画を聞かされた。
俺が振られて落ち込んでいる設定でKくんの家で鍋でもやって元気づけると言って誘った。
その日はK子も泊まって行くからK子を酔わせる、二人とも酔った振りをする、
Kくんが潰れる、俺が酔った勢いで犯す。
そんなにうまく行くわけがないと思いながらも、K子の話を思い出し、俺は股間が硬くなっていた。

当日、時間どおりに俺がKくんの家に行くと、すでにK子が来ておりキッチンで準備をしていた。
さっと振り向き「こんばんは」と眼鏡を掛けたK子が笑顔を見せる。
普段はコンタクトだが今日は泊まりなので眼鏡なのだろう。不思議と少しかわいく見えた。
部屋の奥でにやついているKくんの視線に気づき慌てて部屋にあがった。
「準備OK?」とKくんが小声で聞く。
「やっぱ無理でしょ」「えー!大丈夫だって」
そんな会話の中、K子がコンロを持って来たので話しを中断し、
Kくんが「なんか手伝うよ」と言って二人でキッチンに行った。
対面キッチンの向こうで楽しそうに話す二人を見て俺は心を決めた。



食事が始まり俺は振られた設定で「今日はとことん飲もう」と盛り上げる。
Kくんも妙にはじけた感じでよく話しだす。
ここで計画どおり準備していた冷酒を各種、披露し説明する。
俺は酒好きで少し詳しい。Kくんは酒が強い方ではないが慎重派で滅多に酔わない。
K子の強さは不明だったが以前K子が冷酒ならたまに飲んでいたと言う話を聞いていて準備していた。
話を盛り上げながら、飲み比べと言って次々に飲ませる。
Kくんは控えきみだったがK子に進めるため無理に飲ました。次第にKくんが酔ってくるのがよく分かる。K子もだんだん酔って来たのか体勢が崩れ始める。俺も酔った振りをしてさらに酒を進める。

しばらくするとKくんは限界らしくあくびを繰り返し、
K子もにこにこしているが焦点が定まっていないようになってきた。
「ちょっと、酔ったみたい。横になっていいっすか?」と俺が言うと待っていたようにKくんが
「ああ、いいよ。みんなちょっと横になろ」と言った。
K子が片付けを気にしていたが危ないから後でいいよと言ってみんなで横になった。
横になってすぐKくんの寝息が聞こえてきた。30分ほどしてK子も規則的に寝息を立てている。
俺はそっと起き上がりテーブルの上を片付けてKくんに近づき揺すったり声をかけたが起きる気配はない。K子も揺すって見たが起きる気配はない。
暴れられるとと困るので俺は完全に脱がして、騒げばK子が恥ずかしい状態にしてから犯すことにした。



携帯をビデオモードに準備して横向きに寝ているK子の後ろに静かに横になった。
俺はすでに痛いくらい勃起している股間をK子のお尻に押しつける。
柔らかいお尻と割れ目の感触がはっきりわかる。起きる気配がないことを確認し手をお腹に回す。
ゆっくりと上にずらしながら胸にたどり着き、Tシャツごしの胸の膨らみを確認する。確かにデカイ。
緊張と興奮で手が震え心臓がバクバクとなるのを抑えきれず、いったん体を離し冷静に周囲を確認した。
Kくんは相変わらず寝息を立てて、時折いびきがまじるほど完全に寝ている。
K子も自分の体が触られていることは全く気づいていないようだ。K子の顔を近くからのぞき込む。
やはり近くでみるほど改めてかわいくないことを認識し冷静さを取り戻す。
こたつの中に手を入れゆっくりスカートをまくるとピンクのパンツを確認した。
柔らかいお尻を撫でてから手を掛けゆっくりをとずらしていく。
お尻が半分くらいまで出たところで腰に手を入れて少し浮かせパンツを一気に脱がした。
スカートを戻し少し様子を見るがピクリとも動かない。
ここで携帯をこたつの中で録画にし、再度スカートをまくり上げる。
真っ白なお尻が携帯画面に映し出される。
ゆっくりと下から撮影すると閉じた割れ目と陰毛が現れて我慢が出来なくなり顔を近づける。
おしっこと女の混じった臭いがする。今すぐに挿入したいところをぐっと我慢し次に胸に取りかかる。
Tシャツの上から静かにホックを外しゆっくりとTシャツとブラをずらし、
遂に少し茶色がかった大きめの乳首が露出した。
ここで再度、携帯を取り出しK子の顔から胸、Kくんの顔、2人のツーショットを撮影する。



K子のだらしない姿を見ながら少し同情心が沸いてくるが、俺の股間は収まる様子はない。
いきり立つチ○ポを取り出し唾でヌルヌルにしK子の背後にそっと近づきお尻に当てて、
しっかりとK子を抱きかかえ、片手で乳首をいじりながらもう片方の手に唾を付けマ○コを擦り出す。
少しすると一定だったK子の寝息が荒くなり始め、時折「んぅっ」とあまい声を出すが未だ起きない。
さらに指をマ○コ入れると「あはぁぁん、だめぇー」と小さく言って手を添えてくる。
まだ状況が分かっていない、Kくんだと思っているようだ。

ここで一気にティンポを挿入する。「あぁぁぁっ、はぁぁん」と快感の声を出す。
一瞬の沈黙の後「ひっ、なに?なに?」
ここでやっと目覚めて状況を把握したようで必死で腰を話そうと暴れ出す。
「ちょっとまって、やめて!」俺は体と腰をしっかり掴みチ○ポが抜けないようにし耳元で
「ごめん。すぐ済むから」と言って胸を揉みながら腰を動かす。
Tシャツを戻しながらさらに抵抗するので胸を強く掴み
「あんまり暴れるとKくん起きちゃうよ、いいのこんな格好見られても」抵抗が弱まる。
腰を動かしながら「ちょっとだけ我慢してて」と言うと「お願い。やめて」と繰り返す。
K子の手を掴み力ずくでKくんの方に伸ばすと「いやっ、」と手を戻そうとするので
「じっとしてないと起こしちゃうよ」と言うと完全に抵抗しなくなった。



K子の顔をのぞき込むと、きつく睨んでくるが腰を動かすと泣きそうな顔になり、
目をつぶり感じているようだ。
その隙にキスをすると堅く唇を閉じるのでクリトリスを強く刺激すると耐えきれず
「はぁぁ」と口を開けた。舌をねじ込んでK子の舌を弄ぶ。
舌は絡ませないものの、完全に抵抗はなくなり口も閉じようとはせず俺の唾液を受け入れている。
こたつの中では腰を動かす度に「ぬちゃ、ぬちゃ」と音がする。
力の抜けた所でさらにTシャツから腕を抜き一気に首から外すと、
「いやぁ」と少し抵抗したが力が入らないのかあっさりと上半身裸となった。

露わになった乳首はしっかり堅くなっておりこの状況でもかなり感じているようだった。
K子はMだと言っていたことを思いだして本当にMなのか試すことにした。
ちょっと危険な気もしたが仮にKくんが起きたとしても俺は頼まれてやっているし、
逆ギレしても、Kくんは華奢なのでケンカになれば負けることはない。
ここで「暴れたらどうなるか分かるよね」と言ってチ○ポを抜きK子のスカートを脱がし全裸にした。
俺も全裸になってK子の両脇に手を入れ、こたつから出るように促すと無言で首を横に振るので、
陰毛を掴み強く引っ張り「出ろよ」と命令した。K子は「いっ!」と口を手で抑えゆっくりと頷いた。
こたつから出たK子を立たせてじっくりと体を観察する。
かわいくない顔が泣いてさらにひどい顔になっているが胸が大きく確かにイヤらしい体をしている。
なぜか俺のS性に火が付き無性にいじめたくなってくる。



くしゃくしゃの顔に近づきキスをするとまた口を閉じようとするので顔を掴み、
「舌を出せ」と言うとゆっくりと舌を出した。
舌でK子の口を犯しながらマ○コを触るとなんと信じられないほど濡れていた。
K子がMだということを確認し、もう抵抗することなないと思いさらに虐めてやることにした。
K子ちゃん「感じてるね」とやさしく言うと首を横に振るので、
「じゃあ感じちゃダメだよ」と言ってKくんの方を向かせて座らせ足を大きく広げさせた。
K子は「はぁぁぁぁぁ」と大きな吐息を漏らす。

濡れてくるのを確認するためティッシュでマ○コを拭いてから、
再度「感じちゃダメだからね」と言ってクリトリスを愛撫する。
K子のマ○コとKくんの顔までは1メートルほどで、K子は口に手を当てているが
「んんっ、はぁっ、ぁはーん」とすぐに声が漏れだし、マ○コからは次第にびちゃ、びちゃと音がし出す。「ほら、感じてるじゃん」と言うと下を向いてじっと耐えているようだ。
K子の顔を向かせ俺が舌を出しキスを要求するが反応しないのでマ○コをさらに激しく愛撫すると、
思惑どおり耐えきれなくなり唇を寄せて来た。

「舌、動かせよ」と言うと俺の舌を愛撫してきた。
マ○コへの愛撫で調整しつつK子の舌を休ませないように口から首、俺の乳首を愛撫させ、
手をチ○ポへ導くと黙って上下に動かし出した。
K子はもう限界が近いようでマ○コへの愛撫を止めさせようと手首を掴んでくる。
マ○コへの愛撫を止めてK子の顔を向かせ「感じてるんだろ?」
と聞くと目を伏せて黙っているので愛撫を再開するとコクリと頷いた。
「素直に言えたから逝かしてあげるね」と言って激しく指を出し入れすると、
K子は腰を浮かせ、あっという間に潮を吹き逝った。
見るとKくんの顔の5センチくらい手前まで滴が飛んでいた。
腰をガクガクと痙攣させながら息を整えるK子にそのこと教えてやると恥ずかしそうに下を向く。



「気持ちよかった?」と聞くと少し間を置き頷く。
完全に俺の言うなりになったのを確信しK子の前に仁王立ちすると、
一瞬、Kくんを見てから素直に舐めだした。
Kくんも褒めるだけあってK子のフェラチオは最高だった。
すぐに逝きそうになってしまい舐めるのを止めさせると目をトロンとさせ朦朧としている。
「チ○ポ入れてほしい?」と聞くと素直に頷く。
K子は意識がはっきりしていない様で後ろ向きにさせ、
軽く肩を押すだけで自らお尻を高く突きだすポーズをとった。

ここで少し遠くに設置してあった携帯を手にとり「入れてほしいなら自分で広げてごらん」
というとK子は床に顔を付け両手で尻肉を左右に広げた。
その様子と広げられた尻穴、マ○コを撮影しながらゆっくりとチ○ポを挿入する。
「ぁあぁぁー、はぁぁんっ、」と腰を動かす度に少しずつ声が漏れ出す。
俺の興奮もエスカレートし目にとまったK子のアナルに唾を垂らし、指を突っ込んだ。
「んぐぅわぁ」と意味不明の獣のような声を上げたが抵抗する気はないようですぐに力を抜き受け入れた。肉壁ごしにチ○ポの感覚を楽しみながら、この女、真面目そうなのにKくんの仕込みがいいのか、
ホントにMなんだなぁと思っているとさらに変態行為を思いついた。
まずいと思いつつも抑えきれずにK子も耳もとで「Kくんのチ○ポ舐めろよ」と言った。
K子はじっと動かず黙っている。「起きないから大丈夫だよ」
と言ってしばらく待つが反応がないのでグーで尻を軽く殴り「早くやれよ!中で出しちゃうぞ」
とういとゆっくりと振り向き恨めしそうに俺を見つめる。
K子に拳を握って見せると怯えと興奮の混じった表情をする。
その表情に興奮し再度、尻を軽く殴ると目を閉じて陶酔した表情で、
ゆっくりと動き出しKくんの股間に近づいた。



こたつ布団を少しめくりゆっくりとチャックを下ろしだす。
「静かにね。起きちゃうよ」と言いながら腰をとめて協力する。
俺は心臓が飛び出すくらいドキドキし動かしてもいないチ○ポは時折、
ビクンッと跳ね返り射精しそうになる。
それをぐっと我慢しながらまたその様子を携帯で撮影すると、
ついにKくんの勃起していないチ○ポが顔をだした。
舐めようとするK子の顔を向かせ、アナルから抜いた指を口に突っ込み口中にこすりつけた。
Kのティンポを舐める前に自分の汚物を口に含ませ「いいよ。舐めて」と言った。
K子は口から垂れたよだれを拭いもせず静かにチロチロと舌でKくんのチ○ポを舐めだした。

Kくんは起きる気配はないがみるみるとチ○ポが勃起し、それをK子が咥えている。
そのエロい光景を見ながら初3P?を堪能した。
K子は時折「んふーんっ」と呻くがKくんのチ○ポは離そうとしない。
しばらく腰を動かしていると限界が近づいて来た。
中出しはまずいので最後に激しく打ち付けて引き抜きK子を起こしKくんの上に跨がせる。
K子も理解しているようでKくんのチ○ポに手を添えてゆっくりと腰を沈める。
勃起したチ○ポは俺が抜いたばかりのヌルヌルのマ○コにすんなりと挿入された。
K子は器用に腰を浮かせながら動かしだした。
その光景に満足しK子の口にチ○ポを突っ込み俺も激しく腰を振り口の中に射精した。
K子はチ○ポを咥えたままゴクリと喉を鳴らし俺の精子を飲み込んだが口を離そうとはせず、
口から涎と精子を垂らしながら俺の腰の動きに合わせさらに搾り取ろうとしている。



異常な興奮のせいで射精しても勃起は収まらなかったが頭は冷静になってきて、
K子の口からチ○ポを抜き、服を着だした。
その間、K子は目を閉じKくんのチ○ポを入れたままじっとしていた。
その光景を見て俺はこの後、K子がどう行動するのかKくんが起きていないか確認するために、
そっと携帯をおいて服を着て「気持ちよかったよ」と言って部屋をでた。
5分ほど部屋の外で様子を伺ったが人の動く気配はないので、
Kくんは起きていないだろうと確信しそっと戸を開けて中に入った。
おそらくK子は泣いているだろうと思いながら静かに部屋を覗くと、
驚くことにK子はそのままの格好で一人で胸を揉みながらゆっくりと腰を動かしていた。

Kくんが起きているのかと見ていると起きている気配はなく、
K子はさっきと同じように声を出さないようにしKくんのチ○ポで一人で感じているようだった。
その変態ぶりにあきれて戸を開けると、K子は驚いて目を見開き固まった。
K子に近づきキスをすると舌を絡ませてくる。
唇を離し「お前変態だな、また連絡するよ」と言って目の前で録画を止めた。
携帯で撮られていたことを知って呆然とするK子を、次の計画を思いつきニヤニヤと見ながら帰った。
それからいろいろあり、今でもK子はまだKくんのセフレだが、
従順な俺の奴隷となって変態行為を楽しんでいる。

(function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-381").appendChild(img); img.src = 'http://static.fc2.com/image/clap/number/white/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('ht'+'tp://' + 'blogvote.fc2.com/pickup/mannanoeroetaiken/381/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document);





imobile_pid = "3558"; imobile_asid = "154020"; imobile_width = 468; imobile_height = 60;

もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング
【 2017/01/22 20:53 】 未分類 |

店の酒を盗んだ巨乳ヤンキー女

俺は居酒屋の店長をしてます。

この前アルバイト募集で来た若い女の話です。

セリナって言う名前で、見た目が可愛いくておっぱいがでかいから採用したんだけど働き出したら最悪だった。
見た目がヤンキーっぽかったんだけど中身もヤンキーだった。
お客さんに話し方が悪かったから注意すると返事もしないで下向いて、話が終わると「もういいっすか?」みたいな感じです。
あと俺にだけ愛想が悪くて、他の若い男アルバイトとかには普通に楽しそうに話してる。
あと店に友達のヤンキーを呼んで騒いでいるし、しかもただで酒を出してるみたいだったから注意したら「店長もこの前知り合いにサービスとかしてしてたっしょ?」って言ってきやがった。
マジで最悪な女だ。

そして我慢の限界だったのが、帰りに店から出るセリナを見たときに明らかにジャージの下に一升瓶を隠してて、俺はすぐに呼び止めたら逃げようとした。
すぐ捕まえたらやっぱり焼酎の一升瓶が出てきて、盗んで持ち帰ろうとしたみたいだった。
俺は今回は絶対許せないって思って事務所に連れて行った。
セリナは一切喋らなくて俺をなめてる。

俺は「これは犯罪だから警察に言うしかないよ。」と脅すとさすがに「それは無理」って小さい声で言った。
でも結局反省はしてなくて、「マジでありえない」「みんなやってっし」「ガキだから大目にみてよ」とか無茶苦茶な事を言ってる。

俺は本気で怒って怒鳴るとさすがに黙って下を向いてしまって、今度は沈黙だった。
でもその時セリナの胸の谷間がガッポリ見えちゃって違う考えが頭をよぎった。
セリナはいつも白いジャージの上下にタンクトップで通ってて、ノーブラとかが普通らしくてかなりエロいかっこうだった。
だから前かがみにうつむいた時にムッチリした谷間が見えた。

でも急にヤラせろとか言えないし逆に弱みを握られるかもしれないから少し話を伸ばしてた。
そして「警察に言う」ってもう一度言ったら「それは無理マジで、1日ただ働きするから勘弁して」と言ってきた。
だから「1日ただ働きなんて割りに合わない」って言うと「じゃあなんならいいんだよ」って言ってきたから「自分で考えろ、もう大人なんだから」って言うと黙って考えだした。

しばらくして「ひょっとしてヤラせろとかじゃねーよな」とか言ってきたから「まあそれも一つの方法かもな」って言うと小さい声で「最悪・・・」って言ってタバコを吸いだした。
俺は何も言わないで待ってるとセリナは見下した目で「じゃあ手な」って言ってきた。
まだナメた態度をとってやがった。

俺は「手でやれるんならいいけど、出せなかったら次を考えろよ」って言った。
セリナは「チョーうざ」とか言いながらタバコを消した。
俺は「どうせお前なんて誰でもヤラすだろ?援とかしてんだろ?」と言うと「はぁ?マジでありえねーし、あたしマジで彼氏一筋だから、そんなハンパな事やらねーし」ってマジ切れしてきやがった。

どっちが犯罪犯したのか分からなくなってきた。
でも俺は開き直って、こいつに呑まれないようにしようと思って普段よりも悪いキャラを作ってセリナに命令した。
事務所に鍵をかけさせて、俺はズボンを脱いだ。
セリナは俺のアソコを見ないようにして抵抗してた。

俺はアソコでかさには自信があって、中学校ぐらいの時はデカチンっておちょくられていた。
セリナに無理矢理握らせると、少しビックリしたのか大きさを一瞬確認していた。
俺は「早くシゴけよ」って言うと「マジ最悪」って言いながら手を動かした。

でもかなりテキトーな感じで全然気持ちよくもない。
だから「おい、ジャージ脱げよ、このままじゃ出ねーぞ」って言うと「マジうぜー早く出せよ」って言いながらジャージの上だけ脱いだ。
推定Fカップ以上はありそうなノーブラ巨乳が出てきたからやっと息子が元気になってきた。
マックスになるとセリナの指が少し届かないぐらいのデカさになった。
セリナは小さい声で「なんだよこれ・・・」って言ったのを聞き逃さなかった。

そして良く見るとセリナの乳首が完全に勃起していた。
俺が乳首をタンクトップの上から触ると「ざっけんな、さわんなよマジで、彼氏に殺されんぞてめー」と切れてきたから「うるせーよ警察いっか?乳首勃起してんじゃねーかよ、興奮してんだろ?」って言った。

そしてもう一度乳首をつまむと抵抗はしなかった。
だけど顔が見えないように反対を向いていた。
セリナの乳首はギュンギュンに勃起していた。
指で転がしたり弾いたり引っ張ったりすると声は出ないけどプルプル震えている。
俺の息子からは我慢汁が出てきてセリナの手に着いてるけど、セリナはかなり気持ち悪いのかすぐにティッシュで繰り返しふいていた。

俺は「このままじゃ一生イカねーよ、フェラかパイズリしろよ」って言うと「マジで早く出せよ、うぜーな」と文句を言ってきた。
結局また警察や親の話をすると渋々動き出した。
俺のアソコ汚いからパイズリにするらしい。

俺はセリナを股ではさむかっこうでデスクに寝て、セリナが椅子に座って俺の物をはさむ。
タンクトップを脱いだ時は最高にエロかった。
垂れてはいるけどたっぷんたっぷんの巨乳が出てきて俺の物をはさんだ。
根性焼きが無ければ最高の体だ。

そしてセリナに自分でおっぱいを動かさせた。
パイズリをするとはさんだ時にセリナのあごに亀頭が当たってしまい、我慢汁があごについて「マジくせーよ、なんだよこれ汚ねーな」って切れていた。

しばらくパイズリさせてたけど全然イカなくて、セリナもかなり疲れてる感じだったから「なんだよ駄目じゃん、どうすんだよ入れるか?」って聞くと「マジで早くして、入れんならゴムしろよ」って疲れて諦めムードだった。

俺は立上がるとセリナを机に伏せさせてジャージのズボンをパンツごと降ろした。
ヤンキーの割にプリンプリンの綺麗なケツ出てきてビックリした。
パンツを下まで下げて片足から抜こうとした時マ○コからパンツに濃厚な糸がたれていた。
俺は「お前濡れてんじゃん、すげー糸引いてるぞ」って言うと「はぁ?知らねーしマジで、ヤルなら早くしろよ」って切れられた。

俺は少しイジってやった。
セリナはかなり抵抗したけど俺は強引にクリをこねまわした。
セリナは超ビンカン体質で膝がガクガク何度も落ちそうになっていた。
「うっ、んっ、てっめ、ざっけんな、うっ、はぁっ、うんっ、かんけーねーだろ、さわんな」って内モモをプルプルさせて抵抗していた。
セリナのマン汁はドンドン溢れてきて本気汁に変わった。
白くて臭いのきついのが出てきた。
セリナに「おめーのマン汁くせーな」って言うと「マジで殺すぞてめー」って顔を真っ赤にして吠えていた。

結局マン汁ダラダラのくせして抵抗していたから入れる事にした。
入れる前になるとゴムつけろってうるさかったけど「ゴムしたら1時間はイカねー」って言ったら渋々納得したから生で入れた。
俺のがいくらデカくてもセリナが濡れ過ぎてたからブチュブチュ言いながら簡単に入った。

俺がピストンしようとしたら「てめー今動いたら殺すぞマジで」って言いながらプルプル震えだした。
アソコがパンパンになって感じまくっているようだった。
俺は無視してピストンをすると「うっ、やめっ、うっ、んっ、はぁはぁ、うっ、てめっ、うっ」と声を我慢するので何も言えなくなった。
そしてセリナは体中が汗だくになってきて立てなくなってきていた。
さらにピストンを早くするとセリナが「ちょっちょっとまて、やめろ!マジでやめろてめー、今動いたら殺すぞ、マジで殺すぞ」って騒ぎ出した。
かなり尋常じゃ無い焦った声だった。
一旦ストップしたけど勝手に再会すると「マジでざけんな、動くなマジで、殺すぞ」って言ってきたけど関係なく腰を打ちつけてやったらセリナは机の上の書類とかマジックをグシャグシャに握りしめて何かを我慢していた。
セリナは歯を食いしばって無言になったと思ったら、急に「いやあああああ、やめっあああああ、ひぎいいいいいい」って言いながらブルブルって貧乏揺すりみたいな激しい痙攣をして床に膝をつきそうに脱力してしまった。

そして同時に床に「ビチャビチャ」って水がこぼれる音がしておしっこが漏れていた。
俺は支えていられなくなってセリナを床に落とすと、おしっこにまみれながら床に寝転がってしまった。
そしてマ○コからブリブリ音を出してマン汁を噴出させていた。

俺は正常位でぶち込もうと仰向けにして股を広げると、抵抗もする力もないみたいでカエルみたいな格好でプルプル震えていた。
セリナは根性をみせてるのか、自分の腕に噛み付いて声を出さないようにしていた。
俺はわざと肉のぶつかり合う音を出しながら激しくゆっくり一回づつピストンをした。
一回「ベチッ」って音を出しながら奥までぶち込むとブルブルって震えて動かなくなる。
それが面白くて何度も繰り返した。
途中で勢い良くモノを抜くとチョロチョロっておしっこが出てくる。
そして床とケツの隙間はマン汁でヌチャヌチャして糸を引いていた。

俺はガンガン突きはじめると、セリナが真っ赤な顔で一瞬睨み付けてすぐに顔を隠して腕を噛んだ。
セリナは俺に触らないようにする為に足を広げていたが、突かれまくって訳が分らなくなると足を俺の腰にガッチリ巻き付けて、腰をグイグイ押し付けてきた。

「お前イキそうなんだろ?またイクのかよ、気持ちイイのか?おい!」って聞いたけど、今度は何も答えないで我慢していた。
そしてそれから1分もしないうちにすごい足を締め付けてきて、一気に力が抜けていった。
分りやすすぎるイキ方だった。
俺の脇腹はセリナのもも汗でビッチャリだった。

セリナの顔を見ると涙の跡があって、イッた時に泣いたみたいだった。
セリナは力が抜けてフワフワしていたから、その隙に両手を押さえて顔を見えるようにしてピストンをはじめた。
もう声が押さえられないから、「あふううう、うぐっ、あああああ、うはぁあああああ、うぐっあああああ」って曇った声を出して感じていた。
そしてまたすぐに足を絡めてきた。
感じはじめた頃合を見てキスをしてみた。
最初は顔を横にして口を閉じていたけど、奥まで突いた瞬間すぐに口があくから舌をねじ込んだ。
途中から訳が分らなくなったのか、セリナも舌を絡めてきた。
そして両手を放してセリナを抱きかかえるようにキスをすると、、セリナも俺の首に手をまわしてきた。
セリナは最初のつっぱった感じが無くなって、泣きながら感じていた。

俺はずっとディープキスをしながら腰を振りまくって、セリナは何度もイキまくっていた。

セリナは正常位で抱き合うと抵抗なくキスをしてくるようになった。
中々のキツマンだったけど、マン汁が噴き出しすぎてヌルヌルが異常に出てきたから若干摩擦感がなくなっていた。

俺のサオを見ると酒粕みたいな白い液がベットリついていて、マン汁の独特のくさい臭いがしてきた。
かき混ぜ過ぎるとこの臭いが出てくる。

そろそろセリナに思いっきり射精したくなってきたから、「おい、そろそろ出すぞ、どこに出して欲しい?」って聞いたけどしがみついてプルプル震えてるだけで何も言わなかった。
無視してる感じじゃ無くて、俺に判断をゆだねてる感じだった。
それでもしつこく聞いてると、「はぁあ、あああん、はぁああああ、あああ、好きに、ああん、ああああ、好きにしろよ」と言ってきた。
自分が決めるのが恥ずかしいのか、プライドなのか分らないが、こっちが決めていいようだ。
まあでも、そうなったらもちろん中出しするに決まってる。

俺はピストンを早めて、セリナをイカせた直後に中出ししてやろうと思っていた。
セリナのツボは完全に分かったので、Gスポット狙いでガン突きしてやると潮を噴き出しながらすぐにイキはじめた。
俺のお腹があっつい汁でいっぱいになった頃、セリナの耳もとで「中に出すぞ」と言った。
さすがに嫌がって逃げるかと思ったら感じているのか無視して何も言わなかった。

だからそのまま思いっきり奥にぶち当てて「ビュッビュッ」って音が出るぐらい射精してやった。
そしたらセリナの奴は両足でもっと奥に来るように締め付けてきやがった。
そしてしばらくそのままで、「お前安全日か?」って何回も聞いたけど無視された。てゆーか寝てるみたいに意識が無かった。

俺は一旦抜いてから、おしぼりでナニを拭いて綺麗にして帰る準備をしてた。
セリナは相変わらず叉をおっぴろげて精子を垂れ流しながら寝ていた。
セリナの携帯にはヤンキーの彼氏からガンガン電話がかかってきてたけど、セリナは出ないで寝ていた。

俺はいい加減セリナを叩き起こして帰ろうとしたけど、セリナのマ○コから精子が垂れ流されてくのを見てたらまた勃起してきてしまい、結局服をまた脱いでそのままぶち込んだ。
セリナも寝てたはずなのに、ぶち込んだ瞬間足を絡めてきて、急にアエギ出した。
今度はすぐに「ああああ、イク、ああああ、もうイク、イクあああああああ」って叫んで激しくイッた。
俺は「お前俺の便所になれよ、彼氏とはそのままでいいから、いいか?」って聞いた、セリナは何も言わないでアエイでいるだけだった。
それからもセリナは何回もイキまくっていたけど、その間ずっと「俺とセフレになれよ」「毎日死ぬ程イカせてやるから」「彼氏よりデカい方が気持ちいいだろ?」って言っていたけど何も言わなかった。
でも「セフレになれよ」とか聞くと必ず無言でキスをしてくる。
たぶん落ちてる証拠だ。

そして俺はまたセリナに思いっきり中出しをした。
セリナはさっき以上に俺の胴体を締め付けて、奥まで精子を送り込もうとしていた。
彼氏といつも中出ししてるのか、あまり深く考えてないのか定かではないけど、中出し好きみたいだ。
二回目が終わるとセリナはやっと片付けはじめて、アソコをふきもしないでそのままパンツをはいて精子を入れたまま帰って行った。

俺は次の日が恐かった。
警察が来るか暴走族が来るかどっちかだなって思っていた。
でもセリナはいつもと変わらない感じであらわれた。
むしろ俺に対して突っ張った感じがなくなっていた。
会話はしないけど、言った事に対して反発が無くなって言う事を聞くようになった。

俺は次の日の夜、セリナに「今日夜残って」って言うと意外に素直にうなずいた。
皆帰った後に事務所に来させると、無言で座っているから、俺はいきなりズボンを脱いでフニャチンを見せつけた。
前のセリナだったら当然『てっめざけんな殺すぞ!』と暴れているはずだったけど、セリナは下を向いていた。
俺はセリナに近付いて口元に押し付けると、セリナはゆっくりしゃぶり出した。
相変わらずのノーブラのタンクトップに手を突っ込んで巨乳を揉みまくると、あっさり乳首を勃起させて震えていた。

ナニが出来上がると、「入れるぞ」って言うと無言で立上がってテーブルに手を突いて後ろを向いた。
散々イカせたのが効いてるのかマジで素直になっていてビックリだった。
俺はジャージごとパンツをおろすと、この前以上にネッチョリ糸を引いてマン汁垂れ流していた。
そして俺のぶっとい奴ですら、手を添えないで簡単に「ブチュッ」っと音を立てて飲み込んでいった。
セリナは入った瞬間、手の力が抜けてテーブルに伏せていた。
そこからは鬼攻め。
セリナは泣きながら床中に潮を噴き散らしてイキまくっていた。
そして今度は「俺の便所女になるか?」って聞くと「あああ、ああん、でも、彼氏と別れられない、ああああ、あああ」って返事が帰ってきた。

俺  :「彼氏はそのままでいいから、俺がヤリたい時は最優先でヤラせろ、いいか?」
セリナ:「うん、ああああ、あん、はぁあああ、は、はあああ、わかった、あああ」
俺  :「彼氏と一緒にいても俺が呼び出したら来いよ」
セリナ:「あああ、は、はぁああ、それやばいよ、あああ、殺されるよ、マジで、あああ、ああああ」
俺  :「関係ねーよ、いいか?マジで呼び出したらすぐ来いよ」
セリナ:「あああん、あああ、うん、はぁああああ、わかった、あああん」
俺  :「俺の方が気持ちいいだろ?」
セリナ:「あああ、あああん、ダメ、ああああ、そんな、ああああ」
俺  :「どうなんだよ、もう止めるぞ、あ?」
セリナ:「あああん、やだああ、だめえええ、気持ちいい、ああああ」
俺  :「彼氏より気持ちいいか?ちゃんと言えよ」
セリナ:「あああん、あああ、あああ、彼氏より、ああああ、気持ちいい、あああ」
俺  :「俺のチ○ポの方が好きだろ?」
セリナ:「あああ、はぁあああ、うぐううううう、好き、あああ、すごい好きいいいいい、あああああああ」
俺  :「いつでも中出しさせろよ、いいか?」
セリナ:「あああ、わかった、ああ、はぁあああ、いいよ、いつでもいいよ」
俺  :「危険日とか関係ねーからな」
セリナ:「ああああ、はぁああああ、いいよ、いつでもいい、出来ちゃってもいいから、あああ、イク、ああああイクああああ」

それからセリナに散々中出ししました。
セリナは相当俺に惚れたみたいで、彼氏とは義理で付き合うとか分け分らなくなってました。
それでもたまに彼氏が店に飲みに来るのですが、必ず事務所でしゃぶらせたりしています。
そして俺の精子を口に含んだまま彼氏の前に行って、目の前で飲ませたりしています。
彼氏と一緒にいる時も、俺が家の前まで車で行って、セリナが買い物を装って出てきた所をすかざずカーセックスとかしてました。
中出ししたての精子をマ○コに入れたまま持帰らせて、彼氏とイチャイチャさせてました。

(function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-274").appendChild(img); img.src = 'http://static.fc2.com/image/clap/number/white/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('ht'+'tp://' + 'blogvote.fc2.com/pickup/mannanoeroetaiken/274/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document);





imobile_pid = "3558"; imobile_asid = "154020"; imobile_width = 468; imobile_height = 60;

もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング
【 2017/01/22 16:52 】 未分類 |

泥酔女の友達

よく行くバーに来るそこそこの年齢だがカワイイ感じの女。でもハードレズなんだ。
だけど、いつもイイ女を連れてる。
ある日会ったら東京から(俺は地方都市)友達が来てるという。
これがまた、なんというか豊満!って感じで俺の好みにドンピシャだった。
財閥系商社で若いうちに上司とケコーンしたらしいが、更に若い子に手を出したらしくリコーン。
慰謝料も歳の割には結構ふんだくれて、しばらくは気ままにやってると言う。
俺も週末、バツ1、金有りってのはなかなか無い好条件だ!って事で一緒に飲むことにした。
その2人がレズだったのかはわからないが、見た目はそんなにイチャつくわけでもなくフツーの女友達付き合い風に見えた。俺が2,3歳若いって事がわかってから急にタメ口になって、会話の間に肩や腕に手をあてたりして、これはイイカンジ。

女のスペック書いとく。顔はそれほどハデじゃないが若い頃の木の実ナナ風。
若い子は知らないか。
なんか豪快さと女らしさがハデに表れてるというか。で、顔はすっとしてるがボディーは豊満って感じ。ただ腰から下はシュっと細い。かたせ梨乃風?
ああ、盛れってたとえがオサーンだな。ま、とにかく俺の好みだったわけ。
でも知り合いはレズだから、俺は相手にしてもらえないかもな~とも思ったりしながら杯を重ねる。
ただ、会話の様子とかみてると、ケイ(仮名)もまんざらではない様子。
ここはもう一人を何とかして片付けなければ。
「そういえばケイ(飲み屋の顔見知り、ハードレズ)ってこの前誕生日だったよね?」
もう1ヶ月も前の話だがそんな理由で、ケイの好きなバーボンをボトルでオーダー。
といっても場末の店だから4000円なんだぜ。それとつまみを取ってとにかく飲ませた。
俺も就職した頃は東京にいて、そこそこいろんな場所に行ったからナナとも話が合わせられて、住んでた中目黒のあたりとか、前を通ったことしかない大○ピーコックの話でなんとなく盛り上がってた。
知り合いのハードレズ -> ケイ
木の実ナナ -> ナナ としてくれ。
2時間もするとケイはすっかりヘベレケ。
ナナに聞くと今日は繁華街近くの外資系ゴージャスホテルに泊まってるらしい。
「あそこの上の階にあるバーに行ってみない?夜景がきれいだよ」勿論、その帰りにそのままなだれ込む事を想定してだ。
タクシーで3人で移動。ケイは支えれば歩けるが、、、という状態。
ホテルに着いてエレベータホールに。そこでナナが言い出した。
「ケイがこれ以上飲めそうにないから部屋で休ませてく」
それを聞いて、俺はガッカリ。
シングルかツインか、それともダブルか知らないが、相手は俺ではなくやっぱり女がいいのか、と、かなりガッカリした。
エレベータを途中で降りてケイを部屋に入れる。
ベットは一つ。セミダブル?それとも高級ホテルのシングルなのか。
ケイをソファに寝かせてブランケットをかける。ん?なんでベットじゃないの?
冷蔵庫からポカリを出してテーブルに置く。気が利くなぁ。
「さ、それじゃ行こうか」
ナナが俺の腕をとる。
おっ!腕がオパーイに当たって、やわらかーい。
でも俺は相手にしてもらえないのになんで?
年下の男の慌てぶりをみるのが面白いんだろうか。
いろんな事を考えながらエレベータは上がっていった。
高い階のラウンジに入ったが、天気はうすくもり。夜景も近くはいいが、遠くはぼんやり。
俺らは奥の静かな席に通された。
ナナが飲みたいと言うので赤ワインのハーフを一本とつまみを少々。
それからはナナの話を聞いた。結婚の話。相手の話。
「であなたは?」
ちょっと前に何となく別れた話。
時間はまだ午後11時半。夜はまだまだこれからだ。
2人でなかなかイイ話をしてたと思うが、俺はケイが部屋に居る限りナナとのコトは無理だな、と諦めていた。そう思うと確かにイイ女だがココで金と時間を使うのはムダで、別の店に行って楽しく飲んだほうがいいんじゃないかと思えてきた。
すると、突然、ナナの携帯が鳴った。電話の相手はケイの様だ。
「ちょっと部屋に行って来るから、待ってて」
そう言うと、小走りにエレベータの方へ行った。
一人残された俺はすることもなく、逃げられて残された男のような気がして来た。
改めて回りを見渡すと、カップル、男女のグループ。女同士は居るが男だけなのはオレだけ。
もしかしたらケイも戻ってくるかも知れない。そうなれば今夜のコトは絶対に無理だ。
どのくらい時間が経ったか判らないが、入り口を見てるとナナが一人で戻ってきた。
「ケイはどうだった?」
「あんまり飲みすぎて気持ち悪いんで今のうちに家に帰るって」
えっ?
予想外の返答に俺は言葉が出なかった。一旦、諦めてからの復活ほど嬉しいものはない。
もしかして.....チャンス復活?
いや、気持ちは盛り上がるが、想定外だから何を話したら良いのか思い浮かばない。
するとまたナナの方から話しかけてきた。
「前の店でさ、ウイスキー飲ませてたの、、、あれ、ケイを酔い潰そうと思ったんでしょ」
またまた予想外の言葉にさらに言葉が詰まる。
「ミエミエだったよね」
でもナナの顔はちょっと嬉しそうだった。
「ケイの事....知ってるんでしょ?」
「ええええ、、あの、、、女の人が、、、」
「そう、ビアンなのよね。」ケイがちょっと困った顔で言う。
「ぶっちゃけ、私、迫られてたのね。私はそんな気ないんだけど....」
ナナは、自分が離婚した時とか何度かそうなりそうな時もあったがいつも断ってたという。
「でもキスされたことくらいはあるのよ」
「なんか、付き合い古いヘタレな男みたいだね」
「あははは、そういえば、そんなカンジね。で、結局他の男に持ってかれる、みたいな」
そんな話をするナナが可愛らしく思えたが、これからどんな話題を振ればいいのか俺は頭をフル回転させてた。
とり止めも無く話をしてるうちにワインがカラになった。
「さて、次は何頼む?」と俺はメニューを取ってナナの方に開く。
勿論、俺はメニューをチラ見ししつつ、次の話題を考えていた。
「そうねー。じゃあ次はキツイ奴かな。テキーラ、ショットで」
「じゃあオレはウオッカ」
来た酒をイッキに空ける。
「効く~」「ナナさん、結構強いねぇ」
キツイ酒を飲むと、なんかテンション上がる。
話題を考える事も無く話も盛り上がってきた。
そうしているうちに90度右に座ってたナナがだんだんしなだれかかってきた。
前のダンナもこうしてやられたのかなぁと俺はどうでもいい事を考えていた。
2,3杯飲んでかなり酔っ払ってきた。
酔うと楽しくなって来る、それはナナも同じ様子だった。
何を話したかは覚えてないが、一言言って笑い、一言聞いて盛り上がる。
俺もこのあとどうこうする事は忘れてとにかく飲むのが楽しかった。
なんだ、最初からこうすればよかったのか。
「お客様、ラストオーダーですが、お後よろしかったでしょうか」
突然、ウエイターが言う。盛り上がってたところに水を被された気がした。
「なんだーもう終わり?夜がはやいなぁ」とちょっとガラの悪くなってるナナ。
「何かあと頼む?」と俺がきくとそっけなく「もう、いい」とナナ。
あああ、今夜の事はここまでなのか。
だがナナは驚くことを言い出した。
「楽しく飲んでんだからさー、部屋で続き飲まない?」
この言葉も予想外だったが、俺はヤラしい気持ちよりも、その瞬間はもっと楽しく飲みつづけたいという気持ちからすぐに答えた。
「ああ、そうしようよ」
ナナが手を上げるとすぐに伝票が来た。
「****号室のOOでお願い」
部屋のカードを見せながら言う。さすが東京モンはカッケー!
「じゃ、いこか」
席を立つとまた腕を組んでオパーイが当たる。やわらかーい。
2人ともノリノリでエレベータに乗る。2人しかいない空間。
するとナナが言った。
「ねぇ、チューしよ、チュー」
「えっ?、、、、」
「女同士だってしてるんだから、ほら」
それは理屈になってない、と言おうとしたがナナのやわらかい唇が俺の口をふさいだ。
ナナからのキスで俺も迷いが消えた。
今日はこの相手とヤっちゃってイイと。相手も了解してるんだと。
部屋に入ると後ろから胸をつかむ。大きい。
立ったまま後ろから体を撫でまわしながら、耳やうなじにキス。
服の間から手を入れて体を直接触る。いいやわらかさだ。
ホックを外し、ジッパーを下げ、手を入れるが脱がし切らないまま体を撫でる。
こういうのがエロイと俺は思う。
2人でベットに倒れこんで更に撫でまわす。
そうしながらも、片手は乳首、片手は下の目的地を目指してうねりながら進んでいく。
ナナの息も荒くなってきた。その息を塞ぐようにキス。
パンストとその下の一枚の間に手を滑り込ませ、マソコを布の上から触る
「んんんん、、、、」声にならない声がでる。
最後の1枚が充分湿ってきたところで、中に手を入れる。
スカート、パンスト、パンティ。3枚の布で締め付けられるがそのまま指を入れる。
「はああああっ!!」
ちょっとした拘束感がナナを高める。
空いた手でブラウスをはだけながらブラに手をやり、ホックを外す。
ビローン、、、とTVなら効果音を入れそうな巨乳。人によっては垂れてるというかも知れないが、俺にはたまらない。すでにピンコ立ちしてる先端に吸い付いた。
「あああああんんん......」
片手で乳首、口で首やから胸を吸い、もう片手で下を攻める。
タイミングを合わせたり、外したりしながら、下の手はときどき一番敏感なふくらみを触る。
「それっ、、、それっ、、、、そこ、、、、、」
ナナの言葉は途切れ途切れだ。
「気持ちよくなって良いんだよ。逝っちゃいなよ」
書くと恥かしいが、酔ってるし、暗いからいえる台詞。
「あああああああ!!!!!」
声にならない声に俺は更に手の動きを激しくする。
「ああああああ!!!そこ、、、そこ、、、、ん、ん、ん、ん!!!」
だが、一直線にイカせても能が無い。
ここは攻撃をちょっと緩めて片手で、服を脱がせかけた。
下の方の攻撃を続けながら、たまにキスしたり、吸ったりしながら先ず上を裸にする。
これは本人の協力もあって結構カンタン。
上がマッパになったところで、猛攻撃再開。乳首を吸い、指ではじき、口を吸い耳を甘く噛み、首を下で舐める。ナナも盛り上がってきた。
「あああ、いっちゃう、、、いっちゃう、、う、う、う、・・・・」
体をビクンビクンとさせてナナが盛り上がる。
「あああああ!!!!!あっ!あっ!あっーーーー!!」
俺の腕をぎゅっとつかんで、ナナが果てた。
ここでAVなら攻守交替でフェラってところだが、
流れを切るのがイヤな俺はグッタリしてるナナをやさしく撫でながらマッパにする。
世間的にはポチャなんだろうが、良く言えばブラジルあたりのムッチリなモデル。
俺の目に狂いはなかった。そして自分も数秒でマッパに。とにかく間を与えちゃダメなんだ。
「入れるよ」
ゴムを要求されるかと思ったが、それもなくコクリとうなづくナナ。
潤滑剤の充分出ているアソコには俺の先端もスルリと入る。
「ああっっ!」
最初は小刻みに浅く少ししか入らないがひと擦りごとに奥へ奥へと。
10回ほどで一番奥まで入ったところで、ささやく。
「あったかくて気持ちイイよ」
ムッチリな女とするときは肌を合わせるのがイイ。
そう思いながらナナとの合体を楽しむ俺。
とにかく被さって、キスして、ささやいて、オパーイ触って、吸って、揉んで。
結構飲んでるから息も上がるし頭も痛くなって来た。
それはナナも一緒だろうから激しい動きはしない。
ゆっくりと形を変えながら、俺はナナの体を堪能した。
そうしているうちに2人とも盛り上がってきた。
「ああああ、、イイっ、、イイっ、、イイっ、、、!!」
「ナナ、俺も、、、逝きそう.....」
「あああああ!あ!あ!あ!あ!
果てる寸前で何とかティムポを抜き、ナナの豊満なオパーイに掛けた。
「あーーーーーー!!!」
ナナも放心状態だったが、俺のから搾り出すのを手伝ってくれた。
なんかものすごくたくさん出た。
いいホテルのティッシュケースは何だか出しにくかった気がするが何度も引っ張り出して俺のを拭いて、しばらくはまったりと。
「シャワーあびる?」「うん。」
キッカケは酔った勢いだったが、イイ感じだ。
スマソ、もう時間無くなって来たからあとはカンタンに書く。
2人でシャワー浴びて、キレイにしてからベットに行って今度は交互に口で相手を攻めてからもう一回戦。
1回目ほど出なかったから、ティッシュでふいて、そのまま深い眠りへと。
朝起きた時、俺もナナも何処にいてどういう状況なのか理解するのに一瞬あった。ナナは乗り気じゃなかったが、俺は朝するのが好きだから「もう、しょうがないなぁ」って感じでもう1回戦。
でもその後のシャワーは別々で、ナナが出てきた時には服を着てた。
それを見て俺はナナが昨日のことを一夜の出来事にしたかったんだな、って事を理解した。
俺もナナも、朝の時点では付き合おうとかそういう気持ちじゃ無かった。
とりあえず朝飯はホテルのバンケットで食べたがあまり会話はしなかった。
互いの携帯やメアドを交換もしなかった。
しばらくしてからまた店でケイに会った。
あの日の事はホテルから帰ったこと意外あまり覚えてないと言う。ナナが一人でタクシー乗り場まで送ってくれたので、俺は先に帰ったと思ってたらしいので、俺もそういうことにしておいた。
最初はエロい気持ちでヤれることを望んでいたが、酔って盛り上がって、エッチが終わるまでは本当に楽しいと言うか嬉しかった。男の方がこういう事は引きずるもんだが、なぜかこのときは俺も一夜限りの事でイイやと思えた。
ケイには今でもたまにバーで会うが、その後のナナの事は一度も聞いていない。
長文読んでくれてありがとん。

(function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-515").appendChild(img); img.src = 'http://admin.blog.fc2.com/image/w-white.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('ht'+'tp://' + 'blogvote.fc2.com/pickup/mannanoeroetaiken/515/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document);





imobile_pid = "3558"; imobile_asid = "154020"; imobile_width = 468; imobile_height = 60;

もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング
【 2017/01/22 08:52 】 未分類 |

泥酔の俺を拾ってくれた亜矢子とのエッチ体験

あれは15年前の夏、俺が大学4年生の初秋。
バブルの余韻でまだ街が華やいでいる頃で、週末の東京の夜はタクシー待ちの人が溢れかえっていた。
卒業後の進路も決まり、友人2人と新宿に遊びに行き、朝まで飲もう~っと話してたが、酒が弱いはずがない俺は何故かあっけなく撃沈。
休めるところを探そうと友人に支えられてふらふらとネオンに照らされる歌舞伎町を歩いていた。
マクドナルドに入り、コーヒーを飲んで何分か眠ったでしょうか。急に気持ち悪くなり、トイレでリバース。
これが良かったのか、少し酔いも醒めてきて何とか自分で歩けるぐらいになり、友人が知っている店に行こうとマックを後にした。

3人で話しながら歩いて表通りに出て店に着き、さあ入ろうかと言うときに後ろからドンと衝撃を受け、前のめりに転んでしまった。
何があったのかわからないでいると、背中から「ゴメンね~」と声が聞こえた。
これが俺と亜矢子との出会いだ。
俺も酔っていたが、亜矢子も少々飲んでるようで、私の背中から降り「ゴメンね、ゴメンね」と頻りに謝っている。
転んだ痛さやケガは無かったのだが、シャツが汚れてしまっていた。
それを見つけた亜矢子は「ホントにゴメンなさい」と更に謝り続けている。
まぁ酔っていたのと、亜矢子の謝る姿にそんなに謝られてもと思った事もあり、
「気にしないで~、これ脱いでTシャツになれば大丈夫」
と言って店に入った。

しばらく飲んでると、また酔いがまわって来たので、
「ちょっと夜風に当たってくる」
と言って外に出た。すると店の前にまだ亜矢子がいる。
何してるんだろうと思っていると、亜矢子が俺に気づき小走りに駆け寄って来た。
タクシーに乗りたいんだけどなかなか止まってくれないので、一緒にタクシーを捕まえてくれないかと言う。
私が店にいた時間は1時間ほど、その間に全然タクシーが止まってくれないと言ってたわりには、10分ほどでタクシーが捕まった。
タクシーに乗り込み窓から顔を出して
「ありがとう」と言う亜矢子、
「じゃあね~」と手を振る俺。

タクシーが走り初めて10メートルほど走ったと思ったら、急に止まってバックして俺の前に止まってドアが開き、
「一緒に私の家で飲まない」と亜矢子が言い出した。
「?」と思っていると強引に俺の手を引きタクシーに乗り込ませ、「ちょっと、ちょっと」と言う俺の言うことも聞かずタクシーは走り出した。
タクシーの中はしばしの口論。当時の俺は付き合ってる彼女(かおり)もいたし、友人に何も言ってなかった(当時は携帯電話なんて一般には普及して無かった)ので強引にタクシーを停めさせて降りようと思ったが、
目に涙を溜めた亜矢子が小さな声で「お願い」と言った一言で亜矢子の家に行くことにした。




タクシーの中で亜矢子が話し始めた、今日、彼氏と別れた事を。
そんなときに俺にぶつかってシャツを汚したのに、一緒にタクシーを捕まえてくれて嬉しかったと。
そんな話しを聞いているうちに亜矢子のマンションに着いた。
酔ってたのと話しを聞いていたのとで外を全然見てなかったが、タクシーを降りてビビッた。
俺の住んでるボロアパートは亜矢子のマンションのすぐ裏手。
「俺のアパートこの裏、徒歩1分ぐらい」
「え~、うそ~ッ」
って会話を交わしながら、交通費儲かった~っと思った記憶がある。
亜矢子の部屋は2DKでキレイに整頓されていた。俺の部屋とは大違い。

「汚しちゃったシャツ洗濯するから」
と俺のシャツを取り上げると洗濯機へ。
「Tシャツも汚れちゃってるね、一緒に洗濯するから脱いで」
脱いでって言われても、「俺とあなたは初対面なんですけど、裸になっちゃいます?」
と思いながら躊躇してると、「明るいところで見ると、顔も汚れてるからシャワー浴びて
くれば」と言いながら俺の背中を押します。

確かに鏡を見ると汚れてる。「俺んち風呂無いし、ありがたいな~」と感謝しつつバスルームへ。
狭いながらもバスとトイレが別々だ。
シャワー浴びてると「バスタオルここに置いとくね」とドア越しに亜矢子の声がした。
「ついでにパンツも洗濯したから」
えッ、俺はどうすれば良いんでしょうか?シャワーを浴び終え、とりあえずバスタオルを腰に巻き部屋へ。

それと入れ替わるように、
「私も気持ち悪いからシャワー浴びてくるから、適当に飲んでて」
冷蔵庫から勝手に出したビールを飲みながら部屋を見渡してると、亜矢子が頭にタオルを巻いてタンクトップに短パン?という姿でシャワーから戻ってきた。
俺はその亜矢子にしばらく見とれていた。
その露出された白い肌もそうだが、さっきまでの派手派手しい化粧を落とした亜矢子はとても可愛く、ほとんど一目惚れ(二目惚れになるのかな?)に近い状態だった。
脚も細くてキレイだし、胸は・・・まぁ小振りでカワイイ。スタイルがムチャクチャ良い。
俺はボーっと亜矢子に見入っていたのだろう。
亜矢子は冷蔵庫からビールを持ってきて
「かんぱ~い」
ってされたときに、我に返って持っていたビールを落としそうになったぐらいだ。
そこから初めて自己紹介。

俺(太郎)21歳、ここから歩いていける大学の学生。九州出身。173センチ
亜矢子25歳、OL。東京の隣県出身。
身長165センチ・体重48キロ。85-59-87(すべて自称)。
亜矢子とここで言っているのは、川原亜矢子にとても似てる(俺が思うにですが)とにかくかわいくモロ好み。
なんてことない話しをしてるうちに、かなり盛り上がってきた。
どちらかというと、俺は聞き役だったが。
仕事のグチ、特に職場の裏話などは、これから社会人になる俺にはけっこう勉強になった。


どれぐらい時間が経っただろう。そんなこんなでお互いいい気分になってきたとき、
「太郎くんは彼女はいるの?」
「うん、一応~いますよ」
「そっかーかわいいんだろうね」
「ん~亜矢子さんの方がかわいいですよ」
「ホントに?嬉しい~」
そんな話しになってきたので、何となく流れで聞いてみたくなった。
「どうして彼氏と別れたんですか?」
すると亜矢子はちょっと目を伏せながら、
「お互い合わなくなっちゃって。私も気持ちが離れてダメだな~って思ってたし、彼も私にはついていけないって言われたの」
ついていけない?普通逆だろ~。
「彼が亜矢子についていけないって?なんで?」
亜矢子は黙っていた。
「なんか悪いことしたんでしょ~、浮気とか」
「違う、私好きになったら一途だから、絶対そんなことしないもん。好きな人としか出来ないし。今までどんなに誘われても、彼がいるときは他の人と2人っきりで食事にすら行ったこと無いんだよ」
「じゃあどうして?」
「彼、普通のセックスしかしてくれないの」
「へっ?」
「私普通のセックスじゃ気持ちよくなれないの」
あの~俺あなたと初対面なんですけど。酔ってます?酔ってますよね?

「自分でも変だと思ってるの。でもどうしようもないの。でも彼は変な事したくないし、今までの方がいいって」
俺は今まで多少の経験はありましたが、いたってノーマル。何が変でなんで満足できないのか理解出来ず何とも言葉のかけようがありません。
何となく重たい空気が流れてます。しばらく沈黙の後、
「やっぱり変だよね、太郎くんにこんな話しして。ゴメンね。そんな顔しないで飲もうよ」
と言いながら隣の部屋からワインとワイングラスを持ってきた。
「私これ好きなんだ~」と無邪気に笑いながら器用にコルクを抜く。
再び「かんぱ~い」。
そう言えば、このとき初めてワインを飲んだような気がする。
とても飲みやすく、あっという間にワインが減っていく。
話も弾み、1本目のワインが底をついた。亜矢子さん、あなたお酒強すぎ。
2本目のワインのコルクを抜いたとき、俺はもう酔っぱらい状態。
「ちょっとトイレ借ります」
用を足し、冷たい水で頭と顔を流して部屋に戻る。ちょっと休憩とタバコを取り出して一服。
「私タバコ吸わないんだけど、タバコを吸う人好きなんだ~、太郎のタバコを吸う顔見てるとゾクッとしてくるな~」
「なに言ってるんですかー、亜矢子さん酔っぱらい~」
「まだまだ酔ってないよ~。夜はこれからだぞ~」
「ハイハイ」と笑いあった。

すると亜矢子が突然意を決したように
「太郎くん、舐めさせて?」
「ほへ?」
「ダメ?」
「なっ、何をですか?」
「さっきから見えてる太郎くんのオティンティン」
下を向いたら、俺の愚息がこんにちは、いや初めまして状態だった。お前もかマイサン。
まだまだガキだったんだなー俺、恥ずかしくて
「ちょちょちょ・・・」
と訳のわからないことを言いながら、バスタオルで隠そうとすると、
「私、好きな人にいっぱいいじめられていっぱいつくしたいの。そんな自分を想像しただけで感じちゃう。ただ今までは想像だけで・・・。
思い切って彼にそのことを告白して一緒にと思ってたんだけど、彼はそんなのはイヤだって。
それからは彼に抱かれても気持ちよくなくて、お互い心まで離れていっちゃって・・・。
ずっと会って無かったんだけど、このまま消滅するのはイヤだったから、今日会ってハッキリとさよならしてきたんだ。彼の嫌いな厚化粧して」
そんな話しを聞かされても、俺は気が動転している。
「だから俺もノーマルだし、好きな人って?俺?何故に?今日会ったばっ・・・」
「お願い、私、会ったばかりだけど太郎くんのこと好きになりそう。太郎くんは私みたいな年上の女性は嫌い?普通の女の子の方がいい?」
「そんな、亜矢子さんははかわいいし、ただ俺頭の中ゴチャゴチャしてて」
亜矢子は立ち上がり、引き出しから本を数冊取りだして俺に手渡した。
SM関係の写真や小説だった。中には縛り方の解説や、どうすれば辱められるかとか、そんなことが書いてあった。
以前にもこの種の雑誌は見たことはあるが、その時は俺とは関係ない世界のように感じてた。

しばらくの沈黙の後
「どう?」
亜矢子が聞いてくる。
どうと言われても、愚息はOKだが、どうにも状況を理解できない。
「私、こんな事ばっかり考えてる。こうされたいって願いがあるの」
夢中で本に見はまっている俺に亜矢子は切り出した。
「さっきも言ったけど、私好きな人としかしたくないの。」
うん、それは聞いた。
「太郎くん、私と付き合ってみない?太郎くんなら私のことわかってくれそうな気がする」
ウソでしょ?なんでそんな急展開に?ただ新宿でぶつかっただけなのに?これって夢?そりゃいろいろ話しはしたけど、初対面で理解しろって?その時はそんな感じでした。
目の前に広がる不思議な世界の雑誌をパラパラとめくりながら、頭の中では高速に俺と亜矢子とかおりが回転している。

「俺は今彼女がいるし、彼女のこと好きだから今は答えが出せない」
「そう・・・」
亜矢子は悲しそうにうつむいた。俺は言葉をかけることさえ出来なかった。
「帰ります」
そう言って立ち上がったはいいが、服は洗濯機の中。
「あっゴメン。近くのランドリーで乾燥してくるから待ってて」
そう言った亜矢子の目にはうっすらと涙が滲んでいた。
「こんな格好じゃ外に出られないね」
亜矢子は隣の部屋に行きジーパンに着替え、俺の服を持って出ていった。
一人残された俺は、さっき開けただけのワインをコップにつぎながら、いろんな事を考えてた。
さっきの涙はなんだったんだろう?俺はどうすればいいんだろう?

そうしてる間に亜矢子が帰ってきた。
俺は服を着て、亜矢子のマンションの裏にある自分のアパートに帰った。
布団に入ってもなかなか寝付けない。さっきのことが頭から離れないのだ。
気がつくと電話が鳴っていた。知らない間に眠ったらしい。
「昨日何してたんだよ~突然いなくなって」
昨日の友人からだった。まだ頭の中は眠っている。
「ゴメンゴメン、ちょっと野暮用があってさ」
「まさかお前、いい女ナンパして一人だけ楽しんだとか~」
「そうそう~、って俺が今まで1人でナンパに成功した事なんてあるか?」
そう、俺はモテないヘタレです。
「そうだよな~太郎は女の前に出ると言葉がでないもんな~。今日、学校の帰りにでもお前んち行くよ」
「おう」
そう答えると、俺はまた眠りについた。

腹が減ってきたな、そんな感じで目を覚ますと友人は部屋に入ってきててポテチを食べながらテレビを見てた。
「やっと起きたか。声かけても反応がないから、死んでるかと思ったぞ」
時計を見ると夜の7時をまわっていた。どおりで腹が減るはずだ。
「飯食べにいくか?」
「そうだなー、何か買ってこようぜ。昨日の話しも聞きたいし」
「なにを?」
「お前の野暮用だよ。初めてだろ、こんなの」
近くのコンビニでおにぎりとつまみとビールを買って部屋に戻った。
「どうしたんだよ、昨日は」
「ん~実はさっ・・・・」
俺は亜矢子を送って行ったところだけ話した。
「そんだけかよっ」
「そんだけだよっ」
「もったいねーな~、まあ太郎にはかおりちゃんがいるし。まさかお前が迫られるわけないだろうし、やっぱり無理だろうな」
あの~そのまさかなんですけど。
「そんなときは俺を呼べ。俺のビッグマグナ(ry」
そんな馬鹿話をしながら土曜の朝を迎えた。
話しながらも俺はずっと亜矢子のことを考えていた。
後から考えれば、多分このときにはすでに亜矢子のことを好きになっていたんだろう。

「俺、1限目が有るから学校行ってくる」
と友人が支度をしているとピンポーンとチャイムが鳴った。かおりだった。
「おはよう。わっ何これ汚ーい。○○くんもいるんだ、オハヨー」
確かに汚い俺の部屋が、食べかす空き缶で更に倍。
「まったく太郎は~。どいてどいてっ」
かおりは、部屋に上がり掃除を始めた。何ともキレイ好きで世話好きな彼女だ。
「太郎がいると掃除できないから、どっかで時間潰してきて」
そう言うとゴミ箱を片手に、空き缶を拾い始めた。
とりあえず財布を持ってコンビニに向かった。いつものことだ。
何となく雑誌を読んでると、後ろから
「立ち読みは禁止ですよ」
と聞き覚えのある声がした。
振り向くと亜矢子が立っていた。

「おはよー」
明るく笑った亜矢子は、この前とは違っていた。
タイトなスーツにうっすらとした化粧。多分俺はこのときも亜矢子に見とれていたんだと思う。
「何してるんですか、こんなところで」
「今から会社。ホントは休みだったんだけど、早めに書類を提出してくれって電話があって。コンビニの前を通ったら太郎くんが見えたんで、この前のお詫びをしとこうかな~と思って」
「お詫びなんてとんでもないです。こちらこそごちそうさまでした。洗濯までしてもらって」
二言三言話しをした後、亜矢子は手帳を取り出し何か書き始めた。

「これ私の家の電話。明日は休みだから良かったら今夜一緒に飲まない?近所のよしみでさっ。ほら、私のマンションだとお風呂もあるし。どうせ銭湯でしょ?今日は遅くても4時には帰ってきてるから、お姉さんがご飯つくっちゃうぞ~」
風呂無しアパート住まいの貧乏人な俺です。
「でも・・・」
「大丈夫、もう迫ったりしないから安心して」
「違うんです。今日は彼女が来てて、今掃除中で・・・」
亜矢子の顔が心なしか引きつったような気がした。
「あっそうか。ゴメンゴメン。私、何言ってるんだろうね。じゃーねー、頑張れよ青年」
そう言って亜矢子はコンビニを出て行った。
俺は今し方もらった亜矢子の電話番号のメモをポケットにねじ込んだ。

部屋に帰ると、掃除は大体終わったらしく満足そうなかおりがいた。
「少しは掃除すればー」
毎週同じ事を言われる。
「やってるつもりなんだけどな~」
全然してません。
それからファミレスで昼ご飯を食べ、夜はかおりの不器用な手料理がいつものコースだ。
しかしその日は違った。昼ご飯を食べた後、俺の部屋でテレビを見ていると
「太郎ゴメン、今日は渋谷でゼミのみんなとの飲み会があるんだー。
6時からだから9時か10時には終わると思う。その後でまた来るね」
そう言ってかおりは帰っていった。
することが無くなった俺はボーっとテレビを見ていた。

晩飯どうしようと思ったとき、今朝のことを思い出した。時計を見るともう6時前。
俺の頭の中はまたまたクルクルと回っている。
意を決し亜矢子に電話をした。出ない。やっと電話がつながった。が、亜矢子は何も言わない。
「もしもし、太郎で・」
と言いかけたところで、
「只今出掛けております・・・」
留守番電話だ。俺は留守番電話が苦手で、余程の急用じゃなければメッセージを残さない。
亜矢子が留守でほっとしたような寂しいような変な感じがした。
なんだこの感覚は。俺にはあんなに尽くしてくれるかおりがいるじゃないか。
そう思い直し、弁当を買うためにコンビニに出掛けた。
(考えてみれば、俺弁当かラーメンばっかり食ってたな~。金もなかったし。)
弁当とビールを買って店を出ようとしたとき、立ち読みしている女性に気がついた。
「立ち読みは禁止ですよ」
と、声をかけると。
ビクッっと肩をふるわせて亜矢子が振り返った。
「こんばんは」
亜矢子は変な顔をして、
「彼女は?」
と聞いてきます。


「飲み会があるって帰りました。また後で来るみたいですけど」
「そっかー、幸せだね」
俺は何も答えられなかった。
「そんじゃまた」
と行って帰ろうとする俺に、亜矢子は、
「彼女何時に来るの?」
「多分10時過ぎかな」
「じゃあそれまで私の家においでよ、お弁当でも1人よりも2人の方がおいしいよ」
と一生懸命に笑った顔で言った。
俺が答えずにいると、
「何にもしないから、だから、ねっ。」
と言って自分の分の弁当とビールを買ってきた。
「ほらほら、か弱い女性に重たい荷物を持たせるんじゃないよ~」
と冗談交じりに話しをしながら、再び亜矢子のマンションを訪れた。
「お風呂入ったの?」
「弁当食べてから、銭湯に行こうと思ってたからまだです」
「シャワー浴びてくれば?」
「ありがとうございま~す、借りますね~」
今日は洗濯物はない。バスルームを出た俺は、ジーパンをはいていた。
部屋に戻ると、スーパーの袋に肉や野菜、たくさんの食材が入っていた。
(後から聞いた話しだが、断られたけど、もしかしたらと思って食材を買って帰ってきていたらしい。)
またしても「かんぱ~い」とビールを飲みコンビニの弁当を2人で食べた。
酒もすすんできて、またまたワイン登場。時計を気にする俺。まだ7時半。
この前と同じように、ワインを飲み酔いがまわってきた。亜矢子はまだまだみたいだ。

これはヤバイと顔を洗いに洗面所へ。戻ってくると突然亜矢子が抱きついてきた。
「電話してくれたんだ、留守電に5時半過ぎても電話が来ないからやっぱりダメだって思ってた。彼女来てるって言ってたし」
最初のもしもし太郎・・・が留守電に入っていたらしい。
「何もしないって言ったのは誰ですか~」
俺は冷静なふりをしながら、ソファーに座った。
「この前、太郎くんと話してて好きになりそうって言ったけど、あれから太郎のことが頭から離れないの。遊びでもいいから・・・」
「ダメですよー。亜矢子さんは好きな人としかしないんじゃなかったんですか」
「私、太郎くんのこと好きだもん」
俺、何も言えません。
いきなりキスされました。
唇を離し、
「お願い」
と小さな声で亜矢子が囁きます。
「俺も亜矢子さんのこと好きです。初めてこの部屋で風呂上がりの亜矢子さんを見たときから好きでした。でもこの前言ったように俺には彼女がいます。だから今は亜矢子さんのこと抱けません。」
ヘタレな俺はそう言って俺は部屋を飛び出し、自分のアパートへ帰った。

ベッドに横になって考えた。俺はどうしたらいいのか。
俺がこんなにモテるなんて信じられない。
あのかおりだって、俺が俺じゃないみたいに猛烈にアタックしてやっと友達から発展したってのに。
まさかどっきりカメラ?でも俺有名人でもないし、などなど。
そう考えながらも、亜矢子の事が気になって仕方がない。かといって二股をかける甲斐性もない。
かおりも好きだけどやっぱり亜矢子のことが頭から離れない。
亜矢子と付き合うにしてもかおりと別れて・・・。でもどうやってかおりに別れを?
そう考えているときに電話が鳴った。かおりだった。もうそんな時間か~と思いながら電話に出た。


「ゴメン~、2次会が有るみたいでどうしてもつきあえって。今日はもう行けそうにないし、明日は昼からバイトがあるから、また月曜日に学校でね」
一方的な電話で俺は何も話せなかった。受話器を置いたらまたすぐ電話が鳴った。友人の○○だ。
「今から△△(○○の彼女)と飲みに行くんだけど出てこないか?かおりちゃんも一緒に」
俺は気が動転した。それはかおりと○○と△△は同じゼミだからだ。
「お前、今日のゼミの飲み会は?」
「何それ?そんな話し無いぞ~、なあ△△」
「うん聞いてない、太郎くんの聞き間違いじゃない?」
「でも、今も電話があって2次会に・・・」
訳がわからない。(別に寝取られ話しのじゃありませんので)
しかし、もうその時はかおりのことはどうでも良かった。

俺は、かおりのことではなく亜矢子のことを考えていた。かおりが来ない、亜矢子に会えると。
一昨日会ったばかりの亜矢子のことを、本当に好きになっていた。
電話を切って外へ飛び出した。亜矢子に会うためだ。
亜矢子の部屋の前に立ってインターフォンを押した。
なかなか出てこない。
2度3度、何回押しただろう。
ドア越しに、
「太郎くん?」
亜矢子の声が聞こえると同時にドアが開いた。
そこには目を真っ赤に腫らしてバスタオルを巻いた亜矢子が立っていた。
俺は衝動的に亜矢子を抱きしめていた。
「どうして?」
亜矢子が不思議そうな声で聞いてくる。
「俺、亜矢子さんが好きです。俺と付き合ってください」
この辺はよく憶えていないが、亜矢子を見て突発的にこんな感じのことを言ったと思う。

亜矢子は信じられないという表情をして、俺を部屋に招き入れた。
「ちょっと待っててね」
と言うと、隣の部屋に行きこの前と同じ様な部屋着を着て戻ってきた。
「本当に私でいいの?」
真っ赤な目で聞いてくる。
「どうしたの?その目は?」
「もう2度と太郎くんが来てくれないんじゃないかと思ったら、涙が出てきて止まらなかったの」
「俺たち一昨日会ったばかりですよ」
そう言い終わらないうちに亜矢子がキスをしてきた。
お互いに舌を絡め合い、唾液を交換しあった。
「ねぇ」
「どうしました?」
「亜矢子さんじゃなくて亜矢子って呼んで。それと敬語は使わないで。お願い」
「わかりました」
「ほら、また~」
2人で笑いあった。
「亜矢子かわいいよ」
「え~スッピンだし、こんな格好だよ。あっ、ちょっと待っててね」
亜矢子はまた隣の部屋へ行き何かごそごそしている。
しばらくして出てきたときには、化粧をし、黒いぴっちりとした体の線がハッキリわかるミニのボディコン(当時は多かった)を着ていた。ちょっと体をずらせば中が見えそうだ。
「太郎くんはこんなの嫌い?」
いえいえ、他に何もいらないくらい大好物です。

やっと落ち着いて、またまた「かんぱ~い」乾杯好きですね、亜矢子さん。
しかし今度は違った。キスをしてビールを飲みまたキスをする、口移しでワインを飲ませてもらう。
ずっと前から亜矢子と一緒にいるような錯覚に陥った。
座っている亜矢子の太股の奥に、服の色とは対照的な赤の下着が見えた。
不意をついて亜矢子の胸を触った。ブラははめていない。
「んッ・・」
声にならない声を出している。敏感なところに当たったようだ。
手に持っていたグラスを置いて、両手で胸を触り始めた。
「ダメッェ・・待って」
俺はその言葉を無視してさきっちょを指でまさぐる。
「お願い、もっと乱暴にしてっ」
???

そうだった、亜矢子は普通じゃないのが好きなんだった。
しかし若輩者の俺は何をどうしていいのかわからない。
「どうすればいい?」
「私を太郎くんのしたいように好きにしてッ」
敏感な乳首を触られながら、震える声で亜矢子が言った。
俺は思考を巡らせた(今までの数少ない経験とレンタルのAVと、この前パラパラっと読んだ亜矢子の本ぐらいの知識しか有りませんが・・・)
俺は亜矢子からちょっと離れたソファーに座り直し、
「亜矢子、スカートを上げて」
「はい」
おいおい、今度はお前が敬語かよッ。
さっきチラッと見えた真っ赤な下着が目の前にある。
「もっと」
ミニスカートがおへそまで上がって全体が露わになった。
「じゃあ今度は下着を脱いで」
亜矢子はずり上がった服をなおそうともせず真っ赤な下着を床に落とした。


「俺の方を向いて座って足を広げて見せて」
亜矢子は素直に床に座ると、M字にその白くて綺麗な脚を開いてみせた。
しかし恥ずかしいのか、顔は横を向いている。
「亜矢子、俺の方を向いて」
ゆっくりとこちらを向く亜矢子。目はトロ~ンとしている。
「それじゃ見えないよ、亜矢子の大事なところを、両手で開いて見せて」
机にもたれた亜矢子は、ゆっくりと両手で秘部を開いた。
はぁはぁと亜矢子の吐息が聞こえる。
これ以上開かないと思えるくらい亜矢子の秘部は開かれている。
「亜矢子、自分でしてごらん」
目を閉じた亜矢子の右手がゆっくりと敏感な突起を円を描くようにさすっている。
「俺の顔を見ながらッ」
ちょっと強い口調で言うと、一生懸命に開けたその目で俺を見ている。
初めてのシチュエーションに、俺の愚息はジーパンの中で張り裂けそうだ。
亜矢子は右手をその秘部の中に滑り込ませ、掌でクリをまさぐりながら、左手では乳首をいじくっている。
段々と声が大きくなっていく。ピチャピチャといやらしい音が聞こえる。
「んんんハァァァァァ~」
亜矢子は足を閉じ、背中を反らせてビクビクッと体を震わせその場にぐったりと横になった。
俺は亜矢子に近づきキスをした。亜矢子は肩で息をしている。
亜矢子がとても愛おしい。抱きしめずにはいられない。
しばらく2人で抱き合ったままじっとしていた。
やっと顔を上げこちらを見たが、まだ焦点が定まりきってはいない。
やさしくキスをするとまた目を閉じて余韻を感じているようだ。
唇を離すとすぅ~っと息を吸って
「喉が渇いた~」
さっきまでの亜矢子に戻っていた。起きあがってビールを飲もうとする亜矢子。

「ゴメン、全部飲んじゃった」
「え~、ビールが飲みた~い」
甘えた声で亜矢子が言う。
「じゃあ買ってくるよ」
部屋を出そうになったところで一つの考えが浮かんだ。
「亜矢子も一緒に行こう」
少し気怠そうな目で俺を見る。
「早く、早く」
「だって私こんな格好だし」
「だからいいんだよ」
そう言って亜矢子の腕をとり半ば強引に立たせ、玄関に連れて行った。
「ちょっと待って、下着付けて着替えてくる」
「ダメっ、このまま一緒においで」
「・・はい」
亜矢子はエロモードになったとき、時々だが無意識のうちに敬語で返事をする。年下の俺に征服されてるようで嬉しいらしい。
手をつないでコンビニへ向かった。

ここは学生街の真ん中にある。当然若い客がいつも多い。
それに加えて俺も亜矢子も利用するコンビニ。店員とは顔見知り・・・。
「買ってきて」
俺はコンビニの自動ドアの前でこう言った。
中にはいるとヒマをもてあましている学生が立ち読みをしていたり、カップルが仲良く買い物をしている姿が目に映った。
そのワキを抜け亜矢子は飲み物が置いてある一角へと進む。当然ミニスカボディコン、それにノーパン・ノーブラ。どんなに悪く見てもかわいくスタイルが良い亜矢子は、必然的に男達の目を引く。
俺はその一部始終を入り口近くで見ていた(正確には亜矢子に見とれていた)
片手で買い物かごを持ち、もう片方で短いスカートの前を押さえている。
必死にスカートの裾が上がらないように気にしているようだ。

時折俺の方をチラッと見るがお構いなし。ビールをとるときに、お尻をつきだし前屈みになりそうになって止め座り込んだ。
多分誰か横にいれば完全に亜矢子の大事なところが見えているはずだ。
レジで支払いを済ませ、俺の手を取り足早に店を出る。
「どうだった?」
「ものすごく恥ずかしかった。でも・・・」
「ん?」
「・・・・・お尻が気持ち悪い」
亜矢子の足を見ると、太股の真ん中ぐらいまで、光った液が垂れているのがわかる。
「Hだな~亜矢子は。ノーパンでコンビニ行ってビチョビチョになるんだから」
「・・・・・」
玄関を入ると亜矢子がキスをしてきた。俺は両手に袋を抱えてるので、亜矢子のなすがままだ。
亜矢子の右手が、既にMAXを通り過ぎている俺の愚息をまさぐっている。
「ダメッ、部屋に入ってから」
「はい」
何を行っても従順な亜矢子です。

俺は亜矢子の欲望を(俺も臨界地点突破してます)わかっていながら、わざとソファーに座って
「亜矢子、ビール取って。後、タバコと灰皿も」
ソファーの横の小さな机の横に置きます。
ビールを飲みながらタバコに火を付けます。亜矢子は私をじっと見て動きません。
「亜矢子、もう一度足を開いて俺に見せて」
無言で座り、先ほどと同じように両手で秘部を開いてみせる亜矢子。
パックリと割れたところが、いやらしく糸を引いています。
「いやらしいよ、亜矢子のオマソコ」すいません、かなりベタです。
「こっちへおいで」と手招きをし、俺は両足を開いてその間に亜矢子を座らせまた。
「どうしたい?」
分かり切ったことを聞く俺に
「舐めたい・・」
「何を?」
「太郎くんのオチソチソ」
亜矢子は嬉しそうな笑顔を浮かべながらベルトをはずし俺のジーパンの脱がせた。
トランクスには既に先走りのシミが出来ている。


トランクスと脱がすとマイサンが2度目ましてと挨拶をした。
「はぁぁ~」と歓喜の吐息を漏らすと、亜矢子は大きくなっているチソチソに軽くキスをして舌を這わせ始めた。
裏筋から玉舐めカリの周辺、ハーモニカを吹くように横にくわるように上下させ、鈴口をチロチロ。
口を大きく開け唾をたらしてグチュグチュといやらしい音を部屋全体に響かせながらくわえ始めた。
なんじゃこりゃ~(松田勇作風)、と思うほど気持ちがいい。天にも昇りそうな感覚に襲われる。
喉の奥までくわえ込んで、引くときには頭をねじりながら亀頭を刺激する。これが本当のフェラか~。
さらさらとした亜矢子の髪を指で弄びながら、絶妙な口技を堪能していた。
口の中で舌を回しながらカリを刺激し、右手は軽く玉をさすっている。裏筋に舌を這わせ上下させると、蟻の戸渡り?をチロチロと舐める。
どれほどされていただろうか、俺も危なくなってきた。このままではイッテしまいそうだ。
相変わらず美味しそうに俺のチソチソをしゃぶっている亜矢子の体をちょっとずらし、右の足の親指で亜矢子の秘部を触り始めた。
「ん~ん~」と感じているのか苦しそうに声を出す。
「入りやすいようにしてごらん」
亜矢子は口だけで俺のチソチソを支えながら手を自分の秘部を開くために持っていった。
足の親指が亜矢子の秘部に滑り込む。
「ん~」感じているようだ。
「口がお留守だよ」
亜矢子の頭が激しく上下する。
「自分でクリを触って」
右手で俺の竿をしごきながら、左手で俺の足の確認しながらクリをまさぐっている。
更に激しく指を動かすと、チソチソから口を離し
「ダメ、ダメッ、ダメ~、イク~ゥゥゥアァァァァ・・・」
イッタのかな?亜矢子さん?
亜矢子の髪をさすっていると、
「も~意地悪なんだから太郎くんは~」あなたが意地悪してって言ったんじゃないですか?
ホッペタをプクッと膨らましたかわいい顔をした亜矢子が頭を上げた。
亜矢子の体を持ち上げキスをして思いっきり抱きしめた。


「苦しいよ~」
「ゴメンゴメン、つい・・・」
「足、汚れちゃったね」
と俺の右足を触ると、俺の体を離れさっきまで亜矢子の秘部に入っていた親指を舐めだした。
気持ちいいのか、こそばいいのか不思議な感じだ。
這いつくばって舌を出し俺の足の指を一生懸命に舐めている亜矢子を見て、ちょっと頭を垂らしていた俺の愚息がまた天を向いた。
それに気づいた亜矢子はそれを右でしごきながら
「入れてもいい?」
「何を?」
「太郎くんのオチソチソ」
「いいけど何処に?」
「私の・・・・に」蚊の泣くような声。さすがにこれは恥ずかしかったらしい。
「聞こえないよ~」
「・・・・・に」
「えッ?お口?」
「違うー、わっ私のオマソコ・・」やりましたよ、師匠。初めて女性の口から聞きました。
「ゴム有る?」
と律儀に聞く俺。
「イヤッ、太郎を生で感じたいの」
とかわいいことを言う亜矢子。
「おいで」
俺が両手を広げると、亜矢子が跨って俺の愚息を右手で支えながら腰を落としていく。
「ハアァァアァ~、気持ちいい~」
「何処が気持ちいいの?」
「・・・・・」
「ねぇ」
「あそこ・・」
「ハッキリと」
「オッオマソコ」
亜矢子はクリを俺の恥骨にすりつけるように懸命に腰を振ってくる。
「太郎くん、好き好き大好き、あいしてる~」
「俺も好きだよ、亜矢子ッあいしてるよっ」


激しいキスを交わしながら、前後に腰を振る亜矢子に合わせて下から突き上げた。
「んっ、あっ、んっ、あっ」
段々と声が激しくなっていくのがわかる。
服の上から小振りなオッパイを揉む。
「強く~、もっと強く~」
両手で胸を鷲づかみにして激しく揉みまくった。
「ハァ~いい~」
俺は亜矢子の服をはぎ取り、更に激しく揉みながらチクビを舐めたり唇で挟んだりした。
「噛んで・・メチャクチャにして」
ピンクのチクビに歯を立て、コリコリと噛み、もう片方を2本の指でつねりあげた。
「あぁ~そっそれがいいの~、もっと~」
更に強く噛む俺。
「ダメ~もうダメ~イッイッイイイッイク~」
隣近所様に迷惑をかけるような絶叫と共に亜矢子は登りつめ俺に体を委ねた。
亜矢子体中をピクピクと震わせている。
落ち着くまでしばらく亜矢子を抱きしめていた。
「亜矢子、動いて」
また快感を貪るように亜矢子の腰が前後に揺れる。
俺もそろそろ限界が近づいてきた。
「亜矢子、そろそろイキそう。何処に出して欲しい?」
「口に頂戴。太郎くんのすべてを欲しいの」
師匠、良いんですか?俺初めてですが。
亜矢子は跨っていた俺の上から降り、足を広げた俺の間に座り込んだ。
「亜矢子・・」
亜矢子は口を大きく開け、自分の愛液でいやらしくぬめっていいる俺の愚息を右手でやさしくしごく。
「亜矢子、イクよっ・・んッ」
これでもかというぐらいの俺の分身が、亜矢子の顔をめがけて飛んでいった。
亜矢子の右手は、まだ小さくなりきっていない俺のチソチソをしごいている。
「ふ~」
俺はソファーにもたれて大きくため息をついた。

「いっぱい出たね」
笑っている亜矢子の口元にも、白いものがついている。
亜矢子は俺のチソチソから手を離し、顔や小振りなオッパイに垂れている俺の分身を手ですくって口に運ぶと
「ほら~」
と言って口を開け俺に見せてから一気に飲み込んだ。
「初めて飲んじゃった」
はにかむような笑顔を見せると体を傾け、俺の太股についている精液を舌ですくって舐め取った。
それが終わると俺のチソチソをくわえ込み、途中に残ったものを吸い取っている。
「んっ」
俺はくすぐったいような気持ちいいような感じで思わず声を出してしまった。
亜矢子はまだ舐めている。チソチソにまとわりついている自分の愛液をすべて舐め取るように。
「亜矢子」
俺が呼ぶと亜矢子は顔を上げた。
俺は亜矢子にキスをした。
「ダメだよ~、汚いから」
「そんなこと無いよ」
そう言いながら、俺は亜矢子の口の中に舌をねじ込んだ。少しぴりっとした味がしたが今さら口を離せない。
「ちょっと待って。全部キレイにしちゃうから」
亜矢子は再び俺のチソチソを口で掃除している。
「はい、おしまいっ」
顔を上げた亜矢子は俺にキスをして、微笑みながら
「太郎くん、あいしてる」

少しぬるくなったビールに手を伸ばし、亜矢子に手渡した。
亜矢子はそれを口に含むと
「美味しくなーい」
と言うと、立ち上がって冷蔵庫から冷えたビールを持ってきて2つのグラスに注ぎ、片方を俺に手渡し
「かんぱ~い」亜矢子さんそれが口癖ですか?
「おいし~い」
亜矢子はそう言って嬉しそうに笑っている。
時計は既に2時を指している。
「シャワー浴びてくれば」
「太郎くん、一緒に浴びよっ」
亜矢子に手を引かれてバスルームへ向かった。
「座って、洗ってあげる」
亜矢子は丁寧に体を洗ってくれる。
首から胸、お腹から足へとその手が降りてきた。
「元気なここは念入りにっと」
そう言うと、ソープを泡立てて、イッタばかりだが既に回復しつつある俺の愚息をしごくように洗った。
「今度は俺が洗ってあげるよ」
泡を手に取り、ゆっくりとオッパイを洗い始めた。
「んん~」
押し殺したため息混じりの声が漏れる。
「ここもだね」
オマソコへ手をやると、ソープの泡とは違うヌルヌル感があった。
「亜矢子はエッチだね。またこんなに・・・」
「だって~」
敏感な突起を刺激しながら、キスをした。
「んんん~」塞がれた口から声が漏れる。
「ちょっと待って」
シャワーを手に取ると体についている泡を流し、バスルームを出ていこうとする亜矢子。
「何処に行くの?」

「ちょっとトイレ」
「ここでして見せて」
「・・・」
「早くしないと漏れちゃうよ」
「・・・」
亜矢子はその場でかがみ込んだ。
「そこじゃ亜矢子がオシッコしてるところ見えないよ」
俺は亜矢子の手を引いて浴槽の縁を指さし
「ここに跨って」
恥ずかしそうにしながらも、俺の言うことを聞く亜矢子。
「ちゃんと俺にオシッコが出てるところが見えるようにね」
両手でオマソコを左右に広げると、チロチロと透明なオシッコが出てきた。
「ガマンしないで出していいよ」
俺が声をかけると、シャーっと勢いよく放物線を描き亜矢子のオシッコが飛び出した。
し終えた亜矢子のオマソコにシャワーをかけながら
「恥ずかしかった?」
「うん、今までで1番恥ずかしかった」
「そっかー?見られて嬉しそうだったけどなー」
「そんなこと無いよー。私も見せたんだから、今度は太郎くんの番だよ」
俺もさっきから少しオシッコがしたくなってきていた。
「マジで?」
「お願い、これでおあいこでしょ」
させた手前断れない。
「じゃあ、亜矢子が手で持って?」調子に乗ってよくそんなこと言うよ、俺。
「・・うん」
これも応じるのか亜矢子。
俺の前に跪かせ、亜矢子の手を取り天を仰いでいる愚息を持たせる。
「いくよっ」
ん?なかなか出ないぞ?緊張してるのかな?先ほどの亜矢子の気持ちがわかるような気がした。
ちょっと力を入れると少しずつオシッコが出てきた。


亜矢子は自分の胸に狙いを定めるように愚息を下に向けている。
チロチロと出ていたオシッコが勢いよく飛び出した。
下に向けていた亜矢子の手を跳ね返すように愚息は少し上を向き、正面にある亜矢子の顔を直撃した。
亜矢子は目をつぶっている。
「亜矢子、口を開けて」
少しずつ口を開け、自らそこに導くように俺のチソチソの方向修正をした。
ゴボゴボと音をたて俺のオシッコは亜矢子の口に注ぎ込まれる。
亜矢子のカワイイ口に俺の汚いオシッコが。今までに感じたことなのい征服感が俺を支配した。
とても長く感じる時間が終わった。
亜矢子はつぶっていた目を開け、シャワーを頭からかぶり俺のオシッコを洗い流すと俺のチソチソにむしゃぶりついてきた。
まだ少し残っていたオシッコが出る。それにかまわず亜矢子は俺のチソチソをいやらしくくわえている。
俺は亜矢子手を取り抱きかかえると、壁に手をつかせバックから一気に突き刺した。
「んあぁ~」
亜矢子の声がバスルームにこだまする。
「ダメっ、立ってられなくなる~」
俺は亜矢子の腰を掴み、大きくグラインドさせながら激しく突き上げた。
「イヤッ、ダメッ、イヤッ、イヤッ」
亜矢子が首を振る。
「イヤなの?じゃあやめる?」
「イヤッ、お願いやめないで~」
俺は更に激しく腰を振った。
「イッイッ、イクッイッっちゃう~」
ガクッと亜矢子の腰が落ち、ヘナヘナとバスルームのタイルにしゃがみ込む。

俺のチソチソはまだ元気だ。
亜矢子を仰向けにして、脚を持ち上げ正上位で亜矢子のオマソコに挿入した。
「アン、まだダメ、アンアアァァァァ~」
亜矢子は狂ったようにキスを求め抱きついてくる。
俺は深く、更に深く亜矢子に突き刺す。
「アンッ、ダメ~、おかしくなっちゃう~」
眉間にしわを寄せ俺の背中に爪を立て、細くて長い脚を絡ませてくる。
「スゴイッ、アッッッダメッ、アッまたンンン~ア~またイッちゃう~」
感じやすくなっているのか、亜矢子はすぐに登りつめた。
まだしばらく腰を振っていると俺もイキそうになった。
寸前に腰を引き亜矢子の中からチソチソを抜いた。
それと同時に亜矢子が起きあがり、仁王立ちの俺の前に跪き、手を俺の腰に回してチソチソをくわえ込み頭を激しく前後させる。
「うっ」
何度も何度も亜矢子の中に放出した。2度目だというのに、かなりの量が出た感じがした。
亜矢子は一度口を離し、ゴクッと喉を鳴らして俺の精液を飲み込んだ。
顔を上げ微笑んだ亜矢子は、更に俺のチソチソをくわえ、貪欲にも残っている精液を吸い取っている。
「おいしい」
亜矢子は小さく呟いた。
「え~美味しいの?」
「うん、今日初めて飲んだけどとってもおいしいよ。癖になりそう」
「へ~そっかー。どんな味なの?」
「ん~しあわせの味ッ」
俺を見上げ、やさしく微笑んでみせる亜矢子をとてもいとおしく感じた。
シャワーでもう一度キレイに体を洗い、再びソファーに腰を下ろした。
「今日の私、ものすごくしあわせ」
俺のくわえたタバコに火を付けながら亜矢子はそう言った。
「俺もだよ」
俺も心からそう思っている。

「一晩で初めての体験ばかりしちゃったな~」
「私も自分でびっくりするぐらい。ゴム付けないでしたのも初めてだし、顔にかけられたのも。・・・太郎くんのオシッコまで飲んじゃった、ヘヘヘッ。まだしたこと無いのがたくさんあるけど・・・」
「えッ?」まだこれからなんですか亜矢子さん。
「でも今日はたくさん愛してくれたから疲れちゃったでしょ、また明日しよっ、日曜日だし。あっ太郎くん明日予定は行ってる?」
「ん~何も無し」
「やったー、一緒にいてくれる?」
「もちろん、亜矢子と一緒にいるよ」
冷蔵庫から冷たいビールを取り出し、2人で半分ずつ飲んだ後、亜矢子の狭いシングルベッドに潜り込んで落ちないように抱き合って眠りについた。

コーヒーの香りに刺激され、目が覚めた。
亜矢子は早く起きシャワーを浴びたようでシャンプーの良い香りがした。バスタオルを体に巻き付けたまま、ベッドにコーヒーを運んでくる。
「おはよっ」
目をこすりながら、寝癖のついていそうな頭をかきながら時計を見るとまだ8時過ぎ。
「おはよ~、亜矢子早起きだね」
「学生さんとは違うからね、女性は身支度もあるし、早起きの癖がついちゃってるの」
コーヒーを飲みながら亜矢子を見つめる。
「亜矢子」
「なに?」
「バスタオル取って見せて」
「何寝ぼけたこと行ってるの~」
「ちょっとだけっ、ねっ」
「も~」
亜矢子は立ち上がると胸に巻き付けてあったバスタオルを取った。
朝日に浮かび上がる亜矢子の体はとてもキレイだ。
「はい、おしまいっ」
「え~もう終わり~」
もっと見ていたかった。
「シャワー浴びてくればッ、目が覚めるよ」
亜矢子に促されてシャワーを浴びる。まだけだるい疲労感が残っていたが、それがまた心地よい。
「トーストでいい?」
「んっ、何でもいい」
既にテーブルには朝食が用意されていた。
「いただきま~す」
2人で食べる初めての朝食。
「今日どうする?何処かに行く?」
「太郎くんは何処か行きたいところ有るの?」
「何処か行きたいって言えば行きたいけど、今日はここで亜矢子と2人でのんびりしていたいな」
「良かった~私もそう思っていたの。食料は昨日買い込んできたし、今日は私の手料理食べてね・・美味しくないかもしれないけど」
亜矢子が作るものなら、たとえどんな料理でも美味しいと思うのですが・・。

食事が終わり亜矢子は後片づけをしている。
俺は昨日のままで少し散乱している部屋を片づけようと、昨日のビールの空き缶や灰皿などを掃除していた。
俺はあることを思い出した。
「亜矢子、引き出し開けるよ」
俺は昨日見せられたSM関係の本を取りだし、ソファーに座り込んだ。
俺はこういう趣味は今まで無かったし、もちろん知識もない。
昨日はパラパラと簡単に見ただけだったし。
俺はその本に見入っていた。
「・・・太郎くん?」
亜矢子が下から俺の顔をのぞき込んでいる。
「ん?どした?」
「何回呼んでも返事がないから・・」
ソファーの横の机にコーヒーを置きながら俺の足下に座り込んだ。
「太郎くんはエッチですね~、まだ明るいですよ~」
茶化すように亜矢子が笑う。
「俺、何にもわからないから・・・」
真剣に本を読みながら答えた。
「そんなこと無いよ、昨日の太郎くん最高だったよ。ものすごく感じたし」
「でもまだしたこと無い事が有るって・・」
亜矢子は俺の太股におでこを乗せ
「アリガト」
と小さく呟いた。
すべてを頭の中にたたき込むように猛スピードで本を読んでいく。大学受験の時以上に真剣だ。
何時間ほど経っただろう。ふと気づくと、亜矢子は俺の腿の上に頭を乗せたまま静かに寝息を立てている。
すべてを見終えたのは昼過ぎだった。異常な感覚が俺の頭を支配していた。
しばらくして亜矢子が目を覚ました。
「ゴメンッ、知らない間に眠っちゃった」
「疲れてたんだね、昨日いっぱいしちゃったから」
亜矢子に軽くキスをした。

「話しがあるんだけど・・・」
「何?」
亜矢子は姿勢を正した。
「そんな堅苦しい話しじゃないからゆっくりして聞いて」
「うん」
「亜矢子の持ってる本を読んで思ったんだけど、多分痛いのとか熱いのとかダメかも。」
亜矢子何も言わずにニコニコしながら俺を見ている。
「どうしたんだよ~、何か言えよ」
「へへッ、嬉しいの。太郎くんが真剣に私のこと考えてくれてるってわかるから。」
「・・・」
「私もこんな本見てるけど、やっぱりこれは無理かな~って思うのもあるし、イヤだな~って感じるのもあるよ。例えばこれとか・・」
パラパラとめくったページには、縛られてローソクを垂らされている写真。
他の雑誌では、逆さに吊されて体中がムチで叩かれた跡が赤く腫れあがってる女性が写っていた。

「こんなのは・・・ちょっと」
「うん、俺もそれは出来ないかな~って思ってた」
「良かった~一緒で」
「昨日のは?」
「・・・全部良かったよ・・・私は太郎くんのものなんだな~って感じがして。・・今日も同じようにして欲しい・・」
「亜矢子ってエッチだね」
「なによ~、もう、いじわる~」
「いじわるが好きなんじゃない?」
「そうだけど・・・」
そんな話しをしながらお互いに笑いあった。
ほとんど動いて無いせいかお腹があまりすいていない。しばらくまたパラパラと本をめくっていた。
「太郎くんはこんなお姉さん好きかな~」
不意にとなりの部屋から亜矢子の声がした。
何かと思って隣の部屋に行くと、亜矢子は黒の下着を身に付けていた。ガーターベルトだ。
「どうしたのよ~、そんなにじろじろ見てないで何とか言ってよ~」
その姿は、何に例えようもないほどキレイだった。初めて目の当たりにする姿だ。


「どう?おかしくない?いつか着るときが有るかと思って・・初めてのお披露目で~す」
「似合ってるよ」
「黒か赤で迷ったんだけど、太郎くんはどっちが好き?」
「どっちも好きッ、両方持ってるの?」
「黒だけ、良かった気に入ってくれて」
そう言うと、挑発するかのように俺の前に立ちはだかり、少し腰をくねらせてみせた。
俺はベッドに腰掛け、そのいやらしく揺れる体を見ていた。
バスタオルを巻いたままの俺は、見ればすぐわかるようにチソチソがテントを張っている。
俺は組んでいた足を開いてスペースをつくると、亜矢子は当たり前のようにそこに跪き腰に巻いてあるバスタオルを取った。
「もう、こんなにおおきくして・・」
そう言うと、やさしくさすって口にくわえ頭を動かしている。
ふと足元を見ると、俺の気持ちよさそうにしている間抜けな顔と亜矢子の背中からお尻にかけての綺麗な線が姿見に映し出されている。
自分がフェラをされているのに、まるで他人を見ているようだ。

不意に足を持ち上げられた。俺はベッドに横たわり足を上げた格好になった。
亜矢子はチソチソから舌を這わせ、昨日と同じように俺のアナルを舐め始めた。
何とも言えない感触だ。
亜矢子は俺の手を取り足を持たせ、その格好を維持するように促す。
なんとも恥ずかしい格好だ。
亜矢子は俺のアナルを開き舌をねじ込んできた。俺は初めての感触にとまどうがイヤではない。
右手は俺のチソチソをしごいている。
しばらく俺のアナルを弄ぶとまた亜矢子の舌が上がってきた。玉を口に含むと転がすように吸い、裏筋を舐め上げカリを刺激する。
口に唾を溜めチソチソをくわえ頭を上下させ、音を立てながら喉の奥で俺を感じている。
手を伸ばし、亜矢子の下着をはぎ取った。ベルトとストッキングだけの亜矢子。
俺は亜矢子を引き上げ、鏡の方を向いて座らせ後ろから抱きしめた。
M字に脚を開くと既にお尻まで濡れている亜矢子の秘部が映し出された。
舌から手を回し、左右に開く。
「触ってごらん」
亜矢子は更に自分の手で剥き出しにされたクリに右手を滑らせ、中指の先でまさぐっている。
「アアァァァ~」
次第に声が漏れてくる。

「ヌルヌルだね」
俺は亜矢子の左手を取り、オマソコの中へ導いた。
「んん~」必死に声を抑えている。
俺の両手を亜矢子の両手にかぶせ、激しく触らせる。
「アン~ンン~イヤァ~、イイ~」手を離しても激しくまさぐっている。
「亜矢子、目を開けて」
そこには脚を開きいやらしく自慰している姿が映し出されている。
「イヤ、イヤッ」
そう言いながらも自分のオマソコを見ながら、手を動かし続けている。
俺は両手で胸を覆い、激しく揉みチクビをつねる。
「クフゥゥ~」
亜矢子は下唇を噛み必死に我慢している。
右手を胸から離し、今度は亜矢子の菊門押し開くかのように俺はアナルに指を這わせる。
亜矢子は一瞬ビクッとしたが、一生懸命に自分の姿を直視している。
いやらしく垂れてシーツまでをも汚している愛液をすくい上げ指に絡め、ゆっくりと亜矢子のアナルに差し込んだ。
第一関節まで入ったが、なかなかその後が入っていかない。

「もう少し力を抜いて」
そう言うと同時に指が亜矢子のアナルに飲み込まれた。
オマソコには亜矢子の、アナルには俺の指が出たり入ったりしている。
「アアアァァァァ~・・・ク~イッイッイクゥゥ~」
硬直しビクビクとはねる亜矢子を、支えるように抱きしめた。
亜矢子はぐったりと俺に身を任せ、気絶したようにうつむいている。
しばらくして顔を上げた亜矢子がキスをしてくる。
「私って淫乱だよね」
「そんなことないよ、ものすごくかわいい」
「自分のこんな姿って恥ずかしくて、いやらしくて、・・・興奮する」
「痛くなかった?」
「全然痛くなかった。・・・お尻で感じちゃったかも・・・」
照れくさそうに笑う亜矢子に
「お尻をつきだして、四つん這いになって」
亜矢子は鏡の方を向き、腰を高く上げた。


クリを舌先で弄び、ワレメに沿って舌を這わせアナルのしわを伸ばすように舐めた。
「ンンンン~」
亜矢子はまた感じ始めた。オマソコに1本2本と指を入れ込み、膣壁を滑らすように弄ぶ。
「ダメッダメッ、感じちゃう~」
更に深く指をねじ込むと一段と声が大きくなる。
右手の指を抜き左手に替え、激しく出し入れしながら右手でアナルをまさぐる。
既に愛液でヌメっている中指を立て、少しずつアナルへ。
中は空洞のようだ。
壁を見つけ滑らせると、指先にオマソコに入れている俺の左手を感じた。
オマソコとアナルの両方から壁を押すように摺り合わせる。
「イィ~イィ~もっと~」
亜矢子の中で両手がうごめいている。
「お願い、入れて~。太郎くんのチソチソで・・・オマソコを掻き回して~」
指を抜き、後ろから一気に貫いた。
「アアァァァアー、これが欲しかったの~」
激しく腰をくねらせる。
伏せっている亜矢子の肩を抱き上げ、鏡の方を向かせた。
「あっちにも淫乱な亜矢子がいるよっ」
「うん、うん、アァ~、もっと~」
亜矢子は自分を支えきれずに前のめりになる。
「もう、もうダメッ、イキそうっ、イッイッ~」
俺は亜矢子からチソチソを抜いた。(すでにイジワルになってる俺)
亜矢子は振り返り俺を見つめる。
また亜矢子の中に突き刺す。
「アァァ~ン」と声が漏れる。
「ネェネェ、イッ」
また抜く。
今度は鏡越しに俺の顔を見上げる。
またオマソコを掻き回す、そして抜く。
「お願い、イカせて~お願いだから~。もうおかしくなっちゃう。もう少しだから、ねっ、お願い~」
俺のチソチソを逆手でしごきながら亜矢子は懇願している。
何度か入れては突き、抜いてを繰り返す。

「お願い、焦らさないで~ホントにおかしくなりそうなの」
亜矢子のアナルに指を入れた。
「ん~」
「亜矢子はお尻も感じるの?」
「んっんっ、もっと、もっと入れて~メチャクチャにして~」
オマソコに入れたチソチソをゆっくりと動かしながら、指でアナルの中を掻き回した。
自分のチソチソの動きが粘膜越しに触って取れる。これもまた不思議な感じだ。
指を2本入れた。愛液の滑りで程なくアナルに納まった。
「クフゥゥゥ~ウウウ」
「アッダメッ、動かさないで~、変なの~お尻が変なの~」
チソチソとアナルに入れた指を交互に出し入れし、左手でクリを乱暴に刺激する。
「アッッ、ダメッ、お願いッ、イヤッイヤッ、イクッゥゥゥイッちゃう~」
髪を振り乱し、絶叫と共に亜矢子は頭をベッドの上に伏せた。
亜矢子が息を整え落ち着くのを待ってゆっくりと指を抜いた。アナルはいやらしく口を開けたままだ。
まだ下では俺と亜矢子はつながっている。
そのままあぐらをかき、その上に亜矢子を乗せ脚を開くと、鏡越しに俺のチソチソをくわえ込んだオマソコが怪しく光っていた。
亜矢子は自ら快感を貪るように激しくクリをまさぐった。

俺はさっきまで亜矢子のアナルに入っていた指を亜矢子の口に持っていく。
亜矢子は何の抵抗もなく舌を出すと舐め始めた。そしてくわえ込むと、髪を掻き上げながら指フェラを始めた。左手で敏感なチクビをつねる。
「フゥ~ン、フゥ~ン」
と言葉にならない吐息が漏れる。
「お尻で感じる亜矢子は変態だね。指が2本も入るなんて。掻き回されて感じてたんだろ?」
尚もヨダレを垂らしながら亜矢子は指を舐めていた。
「お尻に入れてもいい?」
亜矢子は俺の恍惚の表情を浮かべ指を舐めながら頭を上下に振った。
俺は亜矢子をもう一度四つん這いにお尻を突き出させると、愛液をすくい上げ、唾を垂らし、ヌルヌルになったアナルへ指を差し入れた。
「ンン~、ンン、~ンン~」
激しく指を出し入れする。
亜矢子は手を伸ばし、クリを刺激している。
「はっ、はじめてなの、そこは。だから・・」
「力を抜いて」
亜矢子の腰をしっかりと抱き寄せアナルの入り口にチソチソをあてがった。

腰が前に進むほどに、亜矢子のアナルは広がっていく。
カリのところまで入った。スゴイ締め付けだ。
ゆっくりとチソチソを沈めていく。
「ンー、ンー、ンー」
必死に絶えている声にも聞こえる。
根本まですべておさまった。
先の方にはあまり刺激がないが、根本の部分のしまりがスゴイ。
ゆっくりと腰を振る。最初は小刻みに、そして段々と大きく。
「アァァァ~、変な感じがする~、イイ~気持ちいい~」
だんだん慣れてきたのか、動きやすくなってきた。
たまにチュポンと抜けてしまうことがあったが、口を開いたままのアナルにはスムーズに入った。
俺はチソチソを抜くと亜矢子を抱き起こし、さっきのようにあぐらをかいて
「自分で入れてごらん」
そう言うと鏡の方を向き俺を跨ぎチソチソを握って、自ら腰を落としてアナルへと招き入れた。
「ンンンン~~」
両手で後ろから秘部を左右に開くと、ドロドロと白く濁った愛液が俺のチソチソへと流れていくのが見えた。

亜矢子は腰をグラインドさせながら、右手でオマソコに指を入れ、左手では小振りなオッパイを激しく揉んでいる。
「もう、もうダメ~。お願い、一緒に一緒に来て~」
俺も激しく腰を下から突き上げた。
「アァァー来て来て~」
「亜矢子ッイクよ、亜矢子の中でイクよ」
「アッアッイッイクッイクッ~ゥゥゥ・・・」
ほぼ同時に、俺も亜矢子のアナルの中にすべてを吐き出した。
ハァハァと肩で息をしている亜矢子を後ろから抱きしめ、しばらくそのままで亜矢子を感じていた。
「太郎くん・・・」
亜矢子が振り抜いてキスをした瞬間に、少し小さくなった俺のチソチソが亜矢子のアナルから抜け落ちた。亜矢子の中にぶちまけた精液が俺の下腹に流れ出た。
「あっ、太郎くんが出てきた」俺ここにいますが・・・
何か言いたげな俺の口を亜矢子の唇が塞いだ。
確か俺の指を・・・いろんな細かい事はこの際気にしていられない。


舌を出すとそれに吸い付いてくる。激しいキスを交わし、口を離すと唾液が糸を引いている。
俺の上から降りた亜矢子は、俺のチソチソにキスをして、自分のアナルから垂れ落ちた俺の精液を転がすように口の中へ運び込み飲み込んだ。
鏡の向こうでは、亜矢子の秘部が怪しく光っている。そして同じようにアナルに入っていた俺のチソチソをも口を使って丁寧に舐め取る。
吸い付いて中に残っているものをすべて飲み終えると、竿から玉へそして太股へとその舌はのびていく。
「汚いよ」
「うんん、汚くないよ。私の中に入ってたんだし、太郎くんのだったら、どんなに汚れていても気にならないよ」
そう言いながら俺の体についていたすべての粘液を掃除し終えると、俺の太股に顔を乗せ
「私、一昨日までの私じゃないみたい。こんなに気持ちがいいし、心が満たされてるって幸せな感じがする」
俺も同じ気持ちだった。
「良かった、太郎くんと出会えて。もしあそこでぶつからなかったら、どうなってたんだろうね私たち」
「ん~、きっと出会えてたさッ。こんなに近くに住んでるんだし・・でも、付き合うとは限らないか」
「不思議だね」
ベッドで腕枕をして夕方までいろんな話しをした。今までのこと、そしてこれからのこと。
夕食はビーフシチューだった。
俺のたっての願いで、裸にエプロンという姿でキッチンに立つ亜矢子。
俺はその横でちょっかいを出しながら野菜を切る。
そして夜もまた愛し合った。

それからいろいろ有りました。
月曜日にはかおりと話しをして別れました。
実は彼女の方も土日に俺にゼミの飲み会だと嘘をついて違う男と過ごしていました。前から気になっていた人だそうです。
食事に誘われて、付き合ってくれと言われて、そして抱かれたと。
かおりとはそれからも不思議と仲良くしていました。亜矢子と一緒に遊びに行ったこともあります。
就職と同時に俺はボロアパートを引き払い、亜矢子の部屋に転がり込みました。
一緒に暮らすと知らなかったいろんな一面が見えてきます、良いところも悪いところも。

しかし亜矢子にも欠点は有りますが、それを補って余りある女性でした。
俺は・・・一度浮気がバレたことがありました。かなり怒ってほとんど口もきいてくれませんでした。
何日か経った後、いきなり風呂上がりにフェラをされ、血が滲むほどチソチソに噛みつかれました。
そして泣きながら、私以外の女性を抱かないで下さいみたいなことを言われました。それ以来、浮気はしてません。

就職して2年後、オヤジの病気をキッカケに仕事を辞め実家に戻り、今は九州の片田舎で小さな家業を継いでいます。
7時になれば町の灯りも消え真っ暗になってしまうほど何もない田舎町です。
でも亜矢子はこんな町を気に入ってくれてます。

もう俺たちには3人の子供がいます。
ふとしたときに2人で思い出す15年前の出来事。
亜矢子は、あの頃と変わらない笑顔でずっと俺の側にいてくれます。

(function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-563").appendChild(img); img.src = 'http://static.fc2.com/image/clap/number/white/7.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('ht'+'tp://' + 'blogvote.fc2.com/pickup/mannanoeroetaiken/563/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document);





imobile_pid = "3558"; imobile_asid = "154020"; imobile_width = 468; imobile_height = 60;

もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング
【 2017/01/22 00:52 】 未分類 |