H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





超絶美女を痴漢した体験談

今日、マイクロミニの女の子を見つけた。

駅構内でターゲットを物色していた時の事で、思わずハッとするほどのミニだった。

階段を上がれば見える事は確実で、とりあえずそれだけでも良いと思って後をつけた。

マイクロミニゆえ、歩いているだけでチラチラと黒パンらしくものがチラつく。

普通、この手の子は階段を上がる時に後ろに手を当てたりバックで隠したりするのだが、この子はそんな素振りも見せない。

更に嬉しい事に、この子は1番混むT海道線のホームへ向かうではないか。

階段では5メートル程後をついていくと、先程チラチラしていた黒パンがよりハッキリと、かつ尻肉に食い込んでおり、もう俺の理性は完全にぶっとんだ。

もう、OKか爆弾娘かはどうでも良い。

乗り込み際のドサクサだけでも、あの黒パンが食い込んだ生尻を触りたい、という思いで一杯であった。

ラッキーな事に、到着した電車も列を作っている乗客も痴漢をするには絶好の条件。

予定通り、乗り込み際にその子を逃がさないように右手を腰に回しながら、左手で念願の黒パンの食い込んだ生尻をゲット。

その子は困惑したようにこちらを向く。

可愛いーー。

無視して黒パンをTバックのように更に生尻に食い込ませると、観念したのか下を向いてしまった。

OK娘ではないようだが、抵抗できないタイプらしい。

それではとことんやってやる。

varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};抵抗がないので、生尻を堪能していた手をマイクロミニを捲り上げるように、前へ回す。

彼女のマイクロミニはは黒パンを尻肉に食い込ませた状態で、前も後ろも腰の辺りまで捲り上げられた。

気がつくと、前の奴が胸を攻めているらしい。

そこは譲ろう。

ブラのホックを外して十分生乳を堪能してくれ。

俺は前を頂く。

前に回した手を彼女の黒パンの前ゴムの上から進入させると、一気に人差し指と中指を彼女の中に進入させた。

濡れてはいなかったが、そんな事はどうでもいい。

彼女は小さな声で、「やめて下さい」

と俺に言った。

俺は彼女の耳を舐め、「こんなマイクロミニに黒パンを穿いて、触られてたいんだろ」

と言ってやった。

彼女は無言だった。

2本の指を彼女の中に入れたまま、時々クリトリスを刺激したりしながら抜き差ししていると、さすがに濡れてきた。

彼女の黒パンは俺が前から手を突っ込んでいる為に、半脱げ状態。

空いていた手で後ろ側のゴムを引っ張り、ついに黒パンを太もも付近までずり下ろした。

マイクロミニはさっきから腰まで捲り上がったままなので、彼女の下半身は前も後ろも丸出し状態になった。

彼女の前側にいた奴がブラを外してセータをたくし上げて胸を揉んでいたので、前は全裸に近いと言っても良い。

既にこの頃になると、異変に気がついた周囲の連中が寄ってきた。

注意するのではなく、触っても問題なさそうと分かると寄ってくるとは、どんでもない奴らだ。

しかし、この状態は俺にとっては最高。

俺はズボンの中からイチモツを取り出すと、腰を屈めて彼女のその部分にあてがった。

彼女が大柄であった為、それほど無理をせずに挿入に成功。

まさかそこまでされるとは思っていなかった彼女は、ここで最後の抵抗を試みる。

でも、声を出すわけではないし、寄ってきて触りたくてしょうがない奴らに掴まれて、結局俺の挿入を許す事になる。

状況が状況なだけに、3分ほど抜き差ししているうちに、俺は彼女の中に大量に中出しした。

彼女は泣いていた。

俺は彼女の太股に手を当て、黒パンを足も使って彼女の足首まで下ろすと、落とし物を拾うようなフリをして、彼女の足首からその黒パンを抜き取ると、ポケットに納めた。

これで彼女は歩くだけでパンチラのマイクロミニで、ノーパン状態になった。

俺は十分に堪能させて頂いたので、次の駅で降りたが、彼女は他の痴漢どもに降りる事を許されなかったようだ。

饗宴はまだまだ続いたはずた。

マイクロミニでノーパン、ブラを外された美女はどうなった事やら。

カテゴリ:H体験談【レイプ・無理やり】H体験談【覗き・盗撮・盗聴】
【 2006/10/31 03:29 】 未分類 |

中学生とセフレになった話

私は32才、156㎝、Gカップの結婚9年目です。

結婚してから数人とエッチな関係をもったことあります。

最近の話しですけど私はマンションの5階に住んでいて同じマンションの4階に住む中学生とエッチな関係にあります。

その子と初めて会ったのはエレベーター内でした。

私が朝にゴミを出す際エレベーターに乗ったら一階下で止まり、その子が乗ってきたから私は軽く挨拶、その子も挨拶。

で、それからエレベーターで一緒になる事が頻繁にあって普通に会話するようになり、その時は必ず男の子が顔を真っ赤にしながら私の胸をちら見してます。

ほんの数秒だけど私はそんな彼の反応が楽しみになって私が彼に合わせエレベーターに乗りエッチなイタズラをするようになりました。

谷間を強調する服を着たり、ゆるゆるのシャツで胸チラさせて見せたり…あとエレベーター内は3人乗ったら窮屈な感じで荷物持ちだと窮屈が倍増なんで、たまに彼が乗ってきて、あとに他の人が乗ってきたら彼に密着して胸を押しつけたりしてます。

出会ってから2ヶ月ほどたったらエレベーター内で普通に並んで胸を彼の腕に当てたりです。

なので次はノーブラTシャツになって彼の腕に当ててみると彼の息づかいが荒くなってた。

彼はドアが開くと笑顔で挨拶、私の胸をちら見して私が誘導するまま横に並びます。

私はたまに彼の顔を見るけど、ほとんどドア見てるから、その間、彼は私の胸をガン見してます。

エレベーター内の上にある鏡で丸分かりなのが笑えるけど…さらに数日たち、私はノーブラだと前かがみになったら横から乳首まで見えてしまう、ゆるゆる服を着てエレベーターに乗り彼も乗ってき私は彼の横並びでゴミを床に置く時に膝立て前かがみになってみた。

彼の顔を見たら今まで以上に真っ赤になってたかな?私は次の日も同じ格好です。

今度は自然に胸をポロリしようと考え彼に当てる方の胸をほとんど服からハミ出てる状態。

まず彼は一瞬驚いた感じ、すかさず私が笑顔で挨拶。

それから、いつものように彼が私の隣に来る時に私が彼の腕に当たりポロリした感じになると彼は「アッ!」

と声を出したけど私は気づかないフリ。

すぐにエレベーターは1階に着いたら彼がドアに背を向けて私の前に立ち動かない。

どうしたのか聞くと胸が出てるみたいな…ドアが閉まったので私は軽いノリで両手にゴミ持ってるからとか…人がくる前に急いでとか…ムチャブリで彼に服を整えてと頼んでみたら、彼はハァハァいいながら私の服を整えてくれたよ。

イタズラ始めてから彼が私でオナニしてくれてるかな?とか、こんなイタズラしてたら、いつか彼に犯されちゃうな~って想像で毎日オナニしていたけど、やっぱり彼のが欲しくなってしまう。

なので思い切って彼を私の部屋に誘ってみると即答で来てくれた。

その日とりあえずソファーに座らせて飲み物出して少し会話して終わり。

もちろん外出には恥ずかしいほどエッチな格好でしたけど…会話の内容は暑いから家ではこんな格好だよ。

とか今はノーパンだよ。

とかです。

彼は何か残念そうな感じだったから帰り際に私は彼に「夏休みになったらね」

と言うと喜んで帰っていきました。

で数日たち夏休み。

今のところ私たちは朝から夕方頃までエッチしまくり。

彼のチンポがすごく大きいから驚き…初めはフェラしながらバイズリで一回。

それからマンコで一回。

次にアナルで一回。

ひととおり済ませてから私が彼のチンポ以外の耳から乳首、アナルなど全身をじっくり舐めたり…今日まで1日十回くらいエッチしてるかな。

私が疲れてバテていても彼はチンポを硬くして私のマンコやアナルに入れてくるから私は逝きまくりで失神したこともあります。

今では彼のチンポが欲しくて欲しくてたまりません。

すごく大きくて硬くて…入れただけでもイキそうな感じ。

もっと早くにエッチしてたらと後悔したこともあります。

今では彼のチンポの虜になってしまってます…カテゴリ:H体験談[学生]H体験談【人妻・熟女】
【 2006/10/20 03:29 】 未分類 |

中学の時高校生の従姉妹たちとセックスした体験談

中二の時、田舎の従姉(高三と高一)と一緒に風呂に入ったというか、従姉が俺の一人のところに入ってきた。

小さい頃は一緒に入っていたが、まさか中二で一緒に入ると思わず、目のやり場に困りながらも視界に成長した裸体が入り、チンコが勃起した。

高3の従姉はすっかり大人の体で、DカップかEカップはあり、白い裸で下はヘアがびっしり生えていた。

高1の従姉はまだ大人の体ではなかったが、姉と比べるとまた幼児体形っぽくてそれはそれで良かった。

お風呂場で従姉は二人とも「見せて見せて!」

とおおはしゃぎで、チンコを見せたら「スゴイ!」

と言って触ってきた。

俺は小6の時から夢精を経験していたし、皮もすっかり剥けて、大人のチンコだった。

v高3の従姉の豊満な裸体を見ながら、触られたので直ぐにグッときて思い切り射精してしまった。

特に我慢もしなかったけど。

varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};精液は思いっきり飛び従姉のお腹にまで飛んでしまった。

またまた「スゴイ!、スゴイ!」

とはしゃがれた。

その後は順番に二人のアソコを広げて見せてもらい、また、チンコを触ってきたので、お風呂場でまたまた「ピュピュッ」

と合計3回も射精してしまった。

お風呂上りにはそのまま3人とも体をバスタオルで拭くと、スッポンポンのまま従姉の部屋に行き、高3の従姉が持ってきたコンドームをはめて、そのままエッチしました。

風呂場で3回射精していても、フル勃起でその代わり長持ちしたので、高3の従姉に教わりながら、色々な体位を試しました。

高1の従姉の方は、俺の初体験のエッチをずっと見ていました。

しばらく色んなな体位をして、ラストはバックでガンガン腰を動かすと、従姉は「あー、感じる!彼氏より気持ちいい」

と言っていました。

俺も我慢できなくなって、4回目の射精をしました。

すると従姉はコンドームを外し、「あんまり出てないね!」

と言って、今度はキスをしてきました。

実はファーストキスで、従姉が舌を入れてきたので、夢中で吸いながら、俺も舌を入れました。

そしたら、またチンコが勃起してきて、「元気ねぇ!」

と言いながら、俺のチンポを従姉のあそこに生で入れました。

「生でやらせてあげるね、いきそうになったら、言ってね!」

と言いました。

そのまま、高3の従姉と2回戦でした。

カテゴリ:H体験談[学生]H体験談【JK】
【 2006/10/08 03:28 】 未分類 |