H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





母がいじめっ子に犯された体験談

母は、真由美その時41歳です。

元スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。

父は、海外赴任をしています。

当時僕は、学校の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。

ある日、母と買い物の途中、2つ上の不良のリーダー弘樹に会ってしまいました。

弘樹は、母に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来いよ」

と携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。

母は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろと聞いてきました。

varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};数日後、弘樹にばったり会った時に、「おまえの母ちゃんから電話あったぜ、水曜日に話するからよ。

でもいい女だ..水曜日は遅くかえって来いよ。

そうしたら助けてやるよ、分かったな、さもないと..」

と脅かされました。

僕はとても気になり、水曜日、普通通り家を出て学校に行かずに、近くで弘樹が来るのを待ちました。

11時頃、弘樹が現れました。

僕は気づかれないように後を付け弘樹が僕の家に入るのを確かめました。

そして家の中の様子をうかがいました。

少しして、ドカドカともの音がするので、そぉーと玄関を開け様子をうかがいました。

音は、2階から聞こえます。

「ちょっと、なにするんですか、やめてください」

「うるせー静かにしろ」

2階から怒鳴り合う声が聞こえ、僕の心臓は止まりそうになりました。

(思った通りだ...)僕はそぉーと2階に行きました。

もし気づかれたら、殺される。

本当にそう思いました。

母を見殺しにしてしまったのです。

階段を上がってる間にも怒鳴りあいは続いていました。

「やめてぇ、助けてぇ」

「敏彦(僕の名、仮名です)を助けたいんだろ」

「助けてぇ」

僕は、階段の途中で震えてました。

「いやぁぁーー、ああぁぁーー」

その声で我に返ると、音のする部屋をドアの隙間からのぞき込みました。

その部屋は僕の部屋でした。

そして僕のベットの上で弘樹は、母に覆いかぶざっていました。

母の白い両足の間に弘樹の汚いお尻が見え、母の片方の足首には、紺色のパンティーが絡まっています。

母は、正常位で犯されていました。

「...」

「真由美、いいマンコだぜ、声出せよ。

いいんだろ...」

ギシギシとベットがきしみ、母の泣き声が聞こえます。

母の顔は見えませんが、シーツをぎゅっとつかんでいました。

母は、先ほどまでの激しい抵抗は止んでいました。

弘樹の腰は、激しく上下しています。

弘樹のちんこが、づんづんと母のオマンコに突き刺さっていると思うと、次第に僕も興奮してきました。

弘樹は、母の片足を抱え、乳房をしゃぶっていました。

たまに見える母の表情は、目を閉じ、口をギュッと噛みしめていました。

すでに母を犯し始めてから、20分近く経っていたと思います。

「真由美感じてんだろ。

オマンコグチュグチュじゃぁねえかよ。



弘樹は、言葉で母を責め立てていました。

確かにピチョピチョと音が聞こえています。

(母が感じてる...)僕は疑いました。

しかし母は、無言で弘樹の攻めを受けています。

「真由美、いくぞ。

ううぅぅ...」

「いやぁっ、だめぇぇ...」

母の声が聞こえたかと思うと、弘樹は母の両足を抱えると、中出しでいきました。

僕は、怖くなり、階段をそぉっと降りると様子をうかがいました。

「真由美、良かったぜ。

感じてたんだろ。

久しぶりのオマンコなんだろ。

やっぱ人妻は美味しいよ。

あはは...」

「もう帰ってください。

このことは誰にも言わないですから」

「敏彦のことは、もう大丈夫だから、安心してくれよ」

「早く帰って...」

「その前にチンコしゃぶってきれいにしろよ」

「いやっ...」

「ほれ、ちゃんと舌使ってくれよ」

母は、フェラチオをしているのでしょう、しばらく音が聞こえませんでした。

今から思うと、18でこんなに落ち着いている感じがするところを見ると、弘樹は、何度もレイプの経験があるのだと思います。

「もう満足したでしょう、帰ってください」

「もう1回するんだよ」

「いやっもうやめて..」

再びドカッドカッと音が聞こえてきました。

「いやぁぁっ...」

「ああぁぁぁっ...」

「ビチョビチョだぜ」

弘樹は、再び母に襲いかかりました。

僕は、また階段を上がり、ドアの隙間から覗き込みました。

「もう許して...」

母は、四つん這いにされて、バックから犯されていました。

ギシギシという音と、性器が当たる、パンパンという音が聞こえています。

「いゃっ...」

母の泣き声が聞こえています。

「全然SEXしてないんだろ。

気持ちいいぜ,..」

「声出せよ真由美。

濡れてるくせによ」

「手マンコばかりしてんだろ、俺のチンコいいだろう」

「いかせてやるよ」

「若いチンコはいいだろう」

などと、母を犯し、侮辱しています。

「うぅっ、うっ」

時たま母の口から声が漏れていました。

「ふふん...うぅぅっ、あぁぁぅ...」

母の声がしたと思うと弘樹はいったみたいでした。

「ふぅーっ。

いいマンコだよ」

僕はそぉっと家を出ました。

それから1時間ぐらい近所をぐるぐる呆然としていました。

そして家に帰ると、まだ弘樹は母を犯していました。

しかし今までとは、違いました。

「あっあぁぁぁ...あぁぁん...うぅんうぅん...はああぁぁぁっ...」

聞こえるのは、母の喘ぎ声でした。

そこをのぞくと、ショックを受けました。

母は、正常位で犯されているにもかかわらず、両手を弘樹の首に回しています。

そして、弘樹の動きにあわせて腰を使っていました。

とても犯されているとは思えませんでした。

「いいっ、いいのぉ..あぁぁん、いいっ」

「真由美いいのか..どこがいいんだよ」

「いゃっ。

あぁぁっ、いいぃっ...」

「いえよ、やめちゃうぞ」

「いゃぁん、やめないで」

「おまんこがいいのぉ...」

母の口から出た言葉に気が動転しました。

さらに「すごいっ、こんなの初めてぇ、壊れちゃうぅ..」

「主人のよりいいのぉ...」

「いくぅいくぅ、強くしてぇ...」

「オマンコめちゃめちゃにしてぇ...」

「いかせてぇっ」

と完全に弘樹のものになっていました。

「凄いっ、あああぁぁぁ..これ凄いぃぃっ...」

「主人よりいいっ大きいチンコがいいのぉ...」

さらに弘樹が駅弁スタイルで母を犯すと、母は半狂乱になったみたいに喘いでいました。

「真由美いくぜ」

「いくぅ、いくぅいっちゃうぅぅ...ああぁぁぁ...」

最後はバックで終わりました。

「どうしよう..もうだめっ」

母は起き上がると、自分から弘樹のチンコをしゃぶりだしました。

「真由美よかったかよ」

母は、うんと頷きました。

そして「敏彦には言わないで」

というと弘樹にキスをしています。

「これからもたまにやらせろよ」

「...」

母は、無言でした。

結局は母、4時間近く4回も犯されました。

僕は、泣きました。

そして家を出てふらふらと歩き、自分の根性のなさを悔やみました。

夕方遅く家に帰りました。

母は、テーブルにボーと座っていました。

「今日なんか疲れちゃったから、夕食の支度してないの、何か取ろうか」

元気のない顔で僕に言います。

その後現在でも母は、弘樹とSEXしているみたいです。

あの時以後、母の下着が派手になっているのを僕は知っています。

そして僕のいじめもあれ以後ぴたっと無くなりました。

カテゴリ:H体験談[学生]H体験談【人妻・熟女】
【 2006/12/31 03:31 】 未分類 |

夫に内緒で中出しされまくってる話

私の秘密をバラしちゃいます。

旦那とは定期的にセックスはしてるけど、子作りの為のセックスだから新婚当初の熱い感じは無くなって、事務的なセックスに終始してます。

ある日、旦那が二泊三日の社員旅行で外泊をしました。

なので独身の女友達3人と飲み会をしました。

私はお酒が弱くマイペースに飲んでたんですが、若い男性から声をかけられて、可愛いだの、スタイル良いだのと、おだてられて、旦那からは全く発せられないセリフについ嬉しくなってピッチか上がり、泥酔しました。

帰り道が同じ3人の男性と、私はタクシーに乗り込みましたが寝ちゃいました。

目を覚ましたら、裸で挿入されて、中に射精する瞬間でした。

次々と男性が私に挿入し、中に果てて、朝完全に目を覚まして、だるい体を持ち上げると、3人どころか8人の男性が折り重なり雑魚寝してました。

こんなに相手したのかと、改めて考えました。

重い腰をあげて、破れた服を手で押さえて、タクシーで帰宅中、中からザーメンがしみだして、パンツはおろかスカートまで濡れて、座席を汚してしまいました。

帰宅して、直ぐにシャワーを浴びて下腹に力を入れると、ボトボトとザーメンが漏れだしました。

不思議と、屈辱感も旦那への罪悪感もなくて、気だるい体が心地良かったのを覚えてます。

翌日、女友達に話を聞くと茶を濁すので、私程では無いにしろ、何かは起きてると思いました。

ある日、スーパーで男性に声をかけられて動画を見せられました。

恍惚な表情で、顔射を受けて、お掃除フェラしながらマンコを突かれて両手で、チンポをしごいてる姿。

男性は決まり文句で誘ってきました。

私は思い切って、ずっと考えてた。

事を男性に告げた。

素面で複数にヤられたいって。

男性は、願ってもないと、言いました。

但し、夜は旦那の手前無理だから、昼に私の家でと、頼みました。

最初は、4人しか集まりませんでしたが、最高でセックスで意識が飛ぶのを初めて経験しました。

週2ペースで集まってます。

この前なんて、15人に輪姦。

それもアナルと口とマンコで、3周もザーメンを受けきり。

次の集まりでは、調教師ってあだ名の男性が参加するって。

今から、濡れ濡れです。

旦那は、全く気付きません。

子供できないなぁってさ。

出来る訳ないじゃん。

ピル飲んでるのにさ。

カテゴリ:H体験談[ギャル・ビッチ]H体験談【人妻・熟女】
【 2006/12/20 03:31 】 未分類 |

美人教師にH教えてもらった話

高1の頃、大学を出たばかりの女性教師と関係を持ちました。

冗談っぽくラブレターを何通か出しアピールしてたんですが、さり気なく躱されていました。

そうなる事は僕自身も分かっていて、でも嫌な関係になるとかではなく、よく話したりしてました。

その人は英語の先生だったんですが、ある授業でリーディングの試験を個別にやる事がありました。

僕はあまり上手く出来なくて、終わり際に「追試やる?」

と、聞かれました。

職員室の彼女の机のところで絞られるのかなあ、なんて思いながら場所を聞くと、ある場所に17時と指定されました。

ある場所とは、校舎の隅にある視聴覚室の小部屋です。

他にも追試の奴がいるんだろうなぁと思いながらOKをしました。

結構授業は厳しい先生でしたが、2人きりになれる喜びと、さらに距離を縮めるチャンスと思いワクワクしながら放課後を待ちました。

varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};「追試だよ~俺~」

と周りの親友何人かに言ったら、みんな可哀想にと同情してくれました。

少なくとも周りの親友に追試を受ける奴はいなかったんです。

友人達も、職員室で他の先生がいる中でやるんだろうと思ったのか、それ以上は聞いてきませんでした。

放課後、指定された部屋に行くと先生はまだ来ていませんでした。

鍵も開いていなかったので、仕方なく部屋の前で待っていると先生が階段を上ってやってきました。

他にも追試の人が来るのかなあって感じで先生に聞くと僕1人だけとの事でした。

一緒に小部屋に入ると、軽い雑談をした後に追試をする事になりました。

先生と向き合って座り追試を受け、なんとか無事に合格をもらいました。

その後は僕が出したラブレターの話題になりました。

先生からは僕と付き合う意志はないという事と、彼がいるという事を教えてもらいました。

それと勤務形態が非常勤であったため、いつ本採用され転勤するか分からず、生活自体も落ち着かない状況であるという苦労話も聞きました。

「でもラブレターは嬉しかったわよ」

とも言われました。

僕はそれだけで充分でしたね。

段々打ち解けていくにつれ、僕が冗談まじりで童貞である事を打ち明け、「先生が最初の相手になってくれるなら諦める」

と伝えました。

その日はそれで笑いながら終わりました。

高1の終わり、人事異動で先生が別の県の高校に本採用される事が伝えられました。

「本当に良かったですね」

って言いに行ったら先生は喜んでいました。

「もう会う事はないかも知れませんが頑張ってね」

って言うと、先生は「春休みに1回逢おうか?」

って小声で誘ってくれました。

その日は1日中、先生の運転する車で色々な所に連れて行ってもらいました。

そろそろ帰る時間になり、ある行楽地から地元に戻る車中の中で、先生から「あの日言った事覚えてる?」

って聞かれました。

僕の童貞の事です。

「私なんかが最初の人で良いなら…。

でも約束してね。

勉強を頑張る事。

あとこれから付き合う人は大事にする事」

と言ってくれました。

その後、先生は無言でラブホ(山中にある田舎のホテル)に車を入れ、僕らは結ばれました。

夢中だったのであまり覚えていません。

ただ延長したのは覚えています。

愛撫の仕方に始まり、コンドームを着けたのも初めてで、フェラチオされたのも初めてでした。

中出しは断られましたが、生で入れ、その感覚も知る事ができました。

体位もいくつか教えてもらいました。

夢のような、そして切ない時間でした。

色白で華奢な先生のカラダが大きく見えました。

一緒にお風呂に入ったのも先生が最初の女性でしたね。

本当に有難うございました。

今から21年前の話です。

今でも先生の滑らかなカラダの感覚が忘れられません。

私も37歳になりました笑それ以降、逢う事はありませんでしたが感謝していますし、本当に忘れられないセックスでした。

カテゴリ:H体験談[学生]H体験【思い出のH】
【 2006/12/16 03:31 】 未分類 |

美女ナースとセフレになった体験談

私36歳男独身で、昨年事故のため両手右足骨折で入院しました。

その時の出来事です。

バイクで事故をした私はとある病院に搬送されました。

そこは片田舎でそれほど大きな病院ではありませんでした。

先生2~3名看護師5名くらいだったと思います。

入院してからのある夜、私は尿意を催したため看護師さんに尿瓶でしてもらう。

36にもなって結構情けない感じでしたが仕方ありませんでした。

まぁ大の方はオムツ…ふぅ~…。

そんな生活にも少しずつ慣れてきましたが、収まらないのが性欲。

私は個室だったので彼女が来たときフェラとか手コキでたまに抜いてもらっていました。

しかし彼女の親戚の葬式があったので実家に帰るとの事。

その間1週間くらい。

普段彼女とは半同棲状態で会えばほぼ毎回Hしているような状況で、正直この入院はかなりツラかった。

varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};彼女も来てもらえずかといって自分ではオナニーも出来ないので溜まる一方でした。

そんなある夜看護師さん(Aさん25歳スタイルはちょっとポッチャリな感じ)が見回りに来ました。

私は昼寝をしてしまったので、なかなか寝れずにいました。

A「石井さん!まだ起きてるんですか?寝なきゃだめですよ~」

私「昼寝しちゃったのでなかなか寝れなくて…」

と言うと、A「石井さんはいいですね~彼女さんが来てくれて」

と言い出した。

私「あはは~もう付き合い長いしね。

でも親戚の葬式とかで実家に帰っちゃったんですよ」

と言うと、A「私知ってるんですよ~石井さん彼女さんに病院なのにイイコトしてもらってるでしょ??」

私「あっ!?!えっ!?いや…あの…すいません…溜まるもんで…」

と焦りました。

しばらくしてAさんは私のベッドに近づいてきて、A「彼女さんがいないなら、私がしてあげましょうか…?」

と赤らめた顔で近づいてきました。

私は「えxt1?!ろfts@gj…」

と軽くパニックになりました。

私「看護師さん?えっ!?!」

と言うが早いかパジャマを脱がされ、モノが取り出され、Aさんに優しく扱かれフェラされました。

A「あぁ…おっきい…彼女さんはイイなぁ…コレをいつも入れられてるんだ…」

と赤い顔でちょっと興奮気味。

私「あっAさん気持ちいいです…」

正直彼女よりも触り方や咥え方は上手かった。

A「ホントおっきい…なんだかヘンな気分になってきちゃった…」

と腰の辺りをいやらしくクネクネさせてます。

私「あっAさんそんなにされたら俺…イッちゃいそう…」

A「あぁ…イイですよ。

彼女さんの時よりもいっぱい出しちゃってください!」

と上目使いで言われ…。

イッてしまいました。

Aさんのクチの中で。

しかも大量に出たみたいで、A「すご~~~い!!超いっぱい出たぁ!溜まってたんでね…ウフッ」

とホントあの目つきはイヤらしい!!するとまたみるみる私のモノが復活してしまいました。

A「アラッ??もう??石井さんスゴイですね!?しかも前より大きい感じっ!」

あの時はホントに興奮してしまい、はち切れんばかりに立ってしまいました。

するとAさんが真っ赤な顔でA「私も興奮してきちゃった…入れたい…イイですか?でも彼女がいらっしゃるからダメかしら?」

と、トロンとした目つきで私を見つめてきて私も入れたくなってきてしまいました。

私「でも手がこんなだし…」

A「上に乗ってもイイですか?私騎上位が好きなんですぅ…」

と言うと私に跨り、私のモノを入れていました…。

A「あっ!?!ホント石井さんのおっきいっっ…太いっ…入れただけでイッちゃいそう…あっあっあぁん…」

Aさんは腰を私のモノに擦り付けながら腰を前後にスライドする。

そのスピードは次第に早くなっていき、A「あぁん!あぁん!あぁん!スゴイ!硬くて大きいっ!イイッ!アッ!!イクぅぅ!」

と言うと、Aさんはイッてしまったようです。

A「はぁはぁはぁ…ホント石井さんのオチンチンって気持ちイイですね…イッちゃいました…。

私ばっかりイッてしまってゴメンナサイ…」

と言うと、私「大丈夫ですよ!さっきイカせてもらいましたしAさんもキモチ良かったみたいだし…」

A「でも石井さんもまたイカせてあげますっ!!」

と言うとキスをしてくれてまたフェラしてきました。

私のモノはさらにグングン大きくなり硬くなっていきました。

するとAさんは興奮してきたようで、「もう1回入れてもイイですか?また欲しくなっちゃった…」

私「イイんですか?お願いします!」

と言うと、Aさんは再び跨ってきました。

A「アッ!やっぱりイイ!アッ!アッ!アッ!またイッちゃいそう…アァン!アァ!」

とイキました。

私もイキそうになったのですが、さすがに中はマズイ!と思ったので、Aさんはそれを見越したかのように私のモノにしゃぶりつきフェラを。

A「イッてもイイですよ!もう一回いっぱい出してください!」

とフェラと手コキで攻めてきて、私「あっもうもう!イキそう!ウッ!!!!!」

と彼女のクチの中に再び出してしまいました。

A「2回目なのにこんなに…」

とちょっと嬉しそうでした。

私「ありがとう。

すごくキモチよかった!」

と言うと、Aさんは「彼女さんの時よりも興奮した?だからいっぱい出してくれたのかなぁ?」

なんてイジワルそうに聞いてきます。

私「正直彼女よりも興奮した…ありがとう!」

と言うと、彼女は制服を正して、「また来ますね☆おやすみなさい」

と言って個室を出て行った。

それからと言うものAさんは毎晩のように私の部屋に来てはフェラや騎上位で溜まった精子を抜いてくれました。

それから数週間後手もほとんど治りかけ、彼女はも実家から帰ってきてしばらくは忙しかったようですが、また見舞いに来てくれました。

彼女「久しぶりだねぇ~シてあげる!!」

とパジャマをおろし咥えてきました。

やっぱり彼女のフェラのほうがしっくりくる。

のかなぁ…。

私「あっ!もうダメ・イキそう!!」

彼女「出していいよ!いっぱい出して!」

と彼女のクチに放出した後、「あれぇ~?ちょっと少ないよぉ…あっ!まさか浮気してたんじゃないでしょうね?」

と。

オンナはスルドイ!?!私「あはは…実は昨日手がだいぶ治ったから自分でしちゃったよ!」

とごまかしました。

彼女「ふぅうん。

まぁその手足じゃ浮気も出来ないだろうからね☆治ったらいっぱいしてね!」

と。

Aさんもさすがに彼女が戻ってきてからはHな事も何も無くなった。

そして退院の日。

私「いろいろご面倒おかけしました。

ありがとうございました」

と挨拶をみんなに言うと、Aさんが後ろのほうで「フフッ」

と笑っていたのを忘れません。

Aさんにはメルアドを教えていたんですが、帰りの車に乗る直前にAさんからメールが!「イイなぁ~うらやましいなぁ~彼女さんと帰ってからHしまくるんでしょ?私もまたいっぱいしたいなぁ~」

とキケンなメールが!?!彼女は「どうしたの?誰から?」

と言ってきたので、私は「あぁイヤ…会社の後輩からだよ」

とごまかしちゃいました。

それから数ヶ月。

Aさんからはたまにメールが来て彼女がいないときにたまに会っていました。

その度に何度もイカされイカせ、の連発でちょっとしたセフレになっちゃいました。

嘘のようなホントの話でした。

カテゴリ:H体験談[学生]H体験談【寝取られ・不倫・浮気】
【 2006/12/08 03:30 】 未分類 |