H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





妹夫婦のセックスを覗き見た話

子供が夏休みになり、我が家に妹夫婦が子供二人を連れて泊まりに来た。

夕方私が仕事から帰ると妹が玄関で枝豆をもいでいた。

「お兄ちゃんお帰り。

しばらくお邪魔するね」

妹は32歳、小学生と保育園の子供が二人いる。

旦那は確か二歳年上の34歳だったかな。

私は35歳でまだ独身だ。

妹は座って枝豆をもいでいたが、Tシャツの隙間から胸の谷間とブラがよく見えた。

妹のオッパイなど見ても興奮などしないはずだが、つい胸の谷間に視線が釘付けになる。

妹の胸は結構大きいらしく谷間が凄い。

ブラは水色のようだ。

妹に気づかれぬようマジマジと見てしまった。

varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};そんな感じで夜は家族みんなで宴会した。

私も飲んだし妹夫婦もかなり飲んでいた。

その夜飲み過ぎた私は喉が渇き、水を飲みに台所に行く途中妹夫婦の寝ている部屋の前を通ったらなにやら話声が。

「うぅうう・・・ん・・うん・・ダメだよぉ・・声出ちゃう・・・」

実家に来てまでエッチかよ、まぁ二人ともかなり飲んでたからな。

と思い通り過ぎようと思ったら妹が結構いやらしく声を出している。

「ああん・・・だめぇ・・・聞こえちゃうよぉ・・・だめだってばぁ・・・」

「声出すなよ」

「そんなのむりぃ・・いやっ・・・んん」

妹の苦しそうな声にならない声を上げているが、キスされて口を塞がれているのか手で塞がれているのか。

私は立ち去る事もせずドアに耳えを当て妹のいやらしい声を必死に聞いていた。

何か吸ってる音が響く。

乳首を吸われてるのかそれともアソコを吸われてるのか。

妹は喘ぎ声を出していた。

「ああん・・いい・・吸ってぇ・・・もっと吸ってぇ・・・・」

私のちんぽはすでにギンギンに勃起してしごき始めた。

義理弟が舐めてと言ったようだ。

今ドアの向こうではフェラしているのだろう。

しばらくフェラしているような感じで私は声だけじゃなく見たくてしょうがなかった。

しかしドアを開けて入るわけにもいかない。

私は妹のエッチで何興奮してるんだという理性も働いたが、目の当たりにこんな声を聞かされてるんじゃどうにもならない。

しっかも先ほど胸の谷間を見たばかりだ。

「はぁはぁ・・ああん・・入れてぇ・・ねぇ・・入れてぇ・・・」

どうやら挿入をせがんでいるようだ。

やがて声が激しくなり体がぶつかる音がして挿入されてるようだ。

「ああん・・ああん・・・あああん・・・いい・・」

かなりエッチに喘いでいる。

妹がこんなにもスケベだったなんて。

女はみんなそんなもんか。

「いい!気持ちいい・・もっと!、もっとついて!」

その声を聞いた途端我慢できなくなりティッシュも用意するまもなく自分の手のひらの中でドクンドクンと精子がとめどなく出た。

手の平から大量の精子が床に溢れ落ちる。

身体全身が気持ちよさのあまり痙攣するように震えた。

ドアの向こうでは妹がまだ激しく突かれてるようだ。

私は我に返り床に落ちた大量の精子を自分のTシャツでふき取り部屋に戻った。

カテゴリ:H体験談【人妻・熟女】H体験談【覗き・盗撮・盗聴】
【 2007/01/31 03:33 】 未分類 |

妹と手錠プレイをした体験談

俺は以前、東京大学物語という漫画を読んだ事があるんですが、その漫画の中で描かれていたモノで実行してみたい事がありました。

それは女性とずっと手錠を繋いだままいるという事です。

あの時は高校生で、彼女もいなかったし、実験出来る女性はおらず、妹しかいませんでした。

当時俺は19歳で、妹は中3の夏休みの事でした。

俺は妹にバイトで貯めた3万円を掛けて、妹と勝負する事にしました。

内容は24時間、手錠を繋いだままいる事です。

ギブアップしたら妹が俺に3万円払い、ギブアップしなかったら俺が妹に3万円払うというルールです。

妹は深く考えずOKしてくれました。

俺は即、手錠をアダルトショップに買いにいき、妹が"やっぱりやめる"なんて事を言う前に実行に移しました。

手錠を妹と俺に繋いでから数時間は妹は"何てことないねー"なんて言ってましたが、待望の瞬間がやってきました。

それは、妹の放尿です。

妹は、この勝負はやめようと言い出しましたが、俺はそれには応じません。

「ギブアップなら3万だよ」

って。

中学生の妹には到底払えない金額です。

おしっこを我慢してる妹に俺は興奮してしまいました。

妹は家にいるときはショートパンツにTシャツでノーブラです。

妹は「絶対見ないでよ」

って懇願してきたけど俺は「それは約束にない」

と突っぱねました。

俺は妹の放尿する姿に物凄く興奮しました。

肝心なアソコは見えませんでしたけど、陰毛は少し見えました。

その後、妹はこの賭けのキャンセルを言い出しました。

妹は毎朝、うんちするからです。

俺は交換条件に「一緒にお風呂に入るなら許す」

と妹は数分考えて「エッチな事はしない?」

って聞いてくるので「SEXは絶対しないが、俺の言う事は聞け」

という事で一緒にお風呂に入る事になりました。

妹の胸は思ってより、ずっと大きく、Cカップぐらいでした。

「俺が洗ってやる」

と言って手に石鹸をつけて、胸を散々揉んでやった。

それから俺の息子を妹に握らせて、俺は妹のあそこを洗ってやりました。

そして俺は昇天。

それからというもの、妹は2度と俺との賭けに乗ってくる事はありません。

カテゴリ:H体験談[近親相姦]H体験談【その他】
【 2007/01/20 03:32 】 未分類 |

妹とセックスした体験談

僕の家庭は父は交通事故で僕が高2の時死んだ。

母も翌年、持病で死んだ。

妹の沙織が居たため、死亡保険で下りたお金で養った。

ちなみその頃は中2の14歳、俺は17歳、三つ離れてたため、仲は良かった。

妹は俺とちがい頭が良かったし、容姿も良かった。

運動も出来た。

バスケだっけ・・。

料理は普通の子より得意だった。

まさに才女ってやつか。

俺は彼女はいたが、沙織の為バイト三昧だった。

そのため家に帰ると沙織の手料理が並んでいる。

旨かった。

恩返しとしてケータイとお小遣い月2000円をやる事にした。

そしたら急に沙織がモテ始めた。

無論、使用料とやらでお金が逃げていった。

varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};だが沙織は違っていた、家事をほぼ全部やってくれた。

だから許した。

シスコンって奴か?それが続いた。

沙織が中3にたなった俺は高3か。

気づいたら沙織は結構身体付きが良かった。

カップもDぐらいだから俺の好みだったしやりたい位だった。

だから彼女と別れた。

「生活とバイトで忙しい」

すんなり理解してくれた。

ありがとう!そんな中その時が訪れた、夕方頃、沙織が帰宅。

服を脱ぎブラとパンツにエプロンで台所に立った。

新妻か!って俺の息子はビンビンになって沙織に気づかれた。

ついに沙織に。

「おにぃ、たってるよー変態」

と言われる始末。

しょうがなく、「お前のせいでたったんだよぉー!」

と泣き泣き言った。

まぁそのまま夜飯になった、今日もウマイぜ沙織!とか思いつつ、喋っていた。

そしたら沙織が「今日は一緒にお風呂入ろー!」

って抱きついてきたから一緒に入る事に、何年ぶりだろうと思いつつ行った。

俺は先に入った、次にノーガードの沙織が入った思わずまた、たってしまった。

沙織はモデルのようなプロポーションだった、沙織は俺のたった姿を生で見て、「うふふっ」

と笑った後洗ってくれてたけど、沙織の乳首が当たって両者我慢の限界だった。

俺は沙織を押し倒したのち、優しくキスした。

沙織は明らか感じていた、俺は言った。

「沙織、やっていいか??」

沙織は頷き嬉しそうに言った。

「おにぃのために、処女守ったんだから大事に貰ってねっ」

と言い俺の息子を頬張った。

俺は沙織のお口を楽しんだら、俺は寝てその上から沙織のマンコをペロペロし、沙織もフェラをした。

69か・・。

沙織が漏れたため入れる事にした。

まず、騎上位からした沙織が上から俺の息子を持ち、自分のマンコに差し込んでいった。

沙織の中はキツキツだったが、慣れてくると沙織から腰を振り「はぁっあぁんんっ」

っ言ってたから、俺は「あぁっ!イクかも・・」

って沙織も「はぁん!ぁんイクぅっっ!」

って一緒にいって、ヘナヘナなった息子に付いた混合液を沙織がナメとってくれたおかげで、俺の息子も元気になってリビングでバックから突いたり、座位したりと色々プレイしました。

寝る時フェラだけだったんですが、沙織が足りないと言うから3回戦まで持ち越し、オナニー対決でどっちが早くイクかやりました。

今でも近親プレイのみやっています。

呼んでくれた方ありがとうございました。

カテゴリ:H体験談[学生]H体験談[近親相姦]
【 2007/01/16 03:32 】 未分類 |

母が知らない男たちにレイプされてた話

私が小2の時の体験です。

私が学校から帰って、リビングに入ると、そこに知らない男の人たちが3人いました。

だあれ?って思いながら、ママを探すとママはソファーの上にいたのですが、その姿は上半身裸でした。

それに座っていたのは、男が座っていた上で、ママは私に見えないようにするためだと思いますが、必死にスカートをおさえようとしていました。

でも、お尻の方が隠しきれていなく、さらに下に座っていた男の人も下半身に何も履いていなかったのに気づきました。

私は、この異様な光景に理解が出来ずにいると、ママは、何か苦しそうな感じで、私に「今、大事なお話してるから、お部屋に行ってなさい。



と、言いました。

その目は赤くなっており、泣いているように感じました。

varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};私も怖くなり、慌てて部屋に行ったのですが、ママが泣いていたことを思い出し、そっとリビングのほうへ行きました。

でも、怖くて部屋には入れず、ドアの前でたたずんでいると、中からママの声が聞こえ、こう言っていました。

「本当に、約束よ!何でもするから、娘は放っておいて!」

そして、少しすると男のうめくような声とともにママの声が聞こえてきましたが、いつもの声とは違っていたため、最初はママ??って感じでした。

その声は少し高く、苦しそうな声・・・辛そうな声に私は泣きそうになっていました。

でも、中に入る勇気はなく、中の様子をうかがっていると、ママの声が少し大きく聞こえ、「だめっ!あっ!いく!いく!」

と聞こえてきました。

私は、その時、ママが男の人達とどこかへ行っちゃうんだと思い、嫌だと強く思ったのを覚えています。

その本当の意味を理解したのは、もっと後の事でした・・・。

そして、しばらく静かになったと思うと、また、ママの苦しそうな声がし、そしてまた「いく!」

という言葉の連呼・・・。

それが、何度も繰り返されました・・・。

何度も繰り返され、それもおさまったとき、突然リビングのドアが開き、男達が出てきました。

そして、私を見るなり、「何だよガキが聞いていたのかよ」

とか、何か言われたと記憶しています。

でも、一人が中々来ないと思っていると、先に出た男が「早くしろよ!」

とせかしました。

慌てて出てきた男は、パンツを必死にズリ上げながら、手に持った白い布で、自分のアソコを拭きながら出てきました。

そして、私に向かってその白い布を差し出し、ママのだから返しておいてと言って、押し付けてきました。

それを私が広げて見ると、ママのパンツでした。

ドロドロした液体がついていて、気持ち悪かったのを覚えています。

もちろん今なら、それが何かも分かっています・・・。

男達が家を出て行ったのを確認し、私は急いでリビングに入ると、ママはうつ伏せのまま全裸で床に寝ていました。

慌てて、駆け寄るとママの体は、時折ピクッ!ピクッ!と痙攣をしているようでした。

私が「ママ!ママ!」

と呼びかけても反応がなく、目はうつろでした。

私は必死に声をかけ、体を揺すりました。

その時、手に生暖かい液体が手につきました・・・。

ドロッとした白い液体・・・。

何これ?と思いながら、ママの体を見ると、腰の辺り、お尻、太ももと、あちこちに付いているのに気づきました・・・。

ママの顔を覗き込むと、ママの口からも同じような液体が、いっぱい溢れ出ていました。

覗き込んだ私にやっとママは気づき、やっとの思いで体を起こし、私に微笑んでくれました。

そして、起き上がった体を見るとうつ伏せでは分からなかった胸の辺りからお腹にかけて、男達が吐き出したものがベットリと付いていました。

ママは、私に「大丈夫よ。

ちょっと体を綺麗にしてくるから、ここで待ってて。



と一言言うと、座り込んでいる私の前で立ち上がりました。

その瞬間、私の目の前で、ボトボトと音を立て、男達の吐き出したものが床に垂れました。

それが垂れてきた場所は、股の間から・・・その時、私はとっさにママのパンツを渡しました。

ママは、ありがとうって言って、汚れたパンツでアソコを抑えながら風呂場に向かいました。

その件については、パパは知りません。

子供ながらに、何か言ってはいけないことを感じていました。

でも、未だにママのあの声、精子まみれの体が忘れられません・・・。

カテゴリ:H体験談【人妻・熟女】H体験談【レイプ・無理やり】
【 2007/01/08 03:32 】 未分類 |