H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





隣のおじさんに犯された体験談

私は5階建てマンションの5階に住む28才158㎝Gカップのぽっちゃり人妻で子供なしです。

私は旦那に内緒で公園など外でオナする趣味があり、一週間前の昼間にベランダで外からは洗濯干しだけど下半身はマンコとアナルに太いバイブを入れパンツで固定した状態でした。

下を歩いてる人を眺め興奮して、マンコからやらしい汁を垂れ流し声を我慢しながら洗濯干してたけど、快感が高まってくるとベランダに四つん這いになりアナルバイブを出し入れしてオナ。

それから私は一回逝って次に仰向けになり胸を出し乳首をつまんでコリコリ、マンコのバイブを出し入れして2度目の絶頂を迎えようとした時に、ふと隣りを見たら隣りに住むオジサンが身を乗り出し覗きこんでました。

普通は身を隠すとこだけど気持ち良くなり過ぎて手が止まらず逝ってしまいました。

それから隣りを見たらオジサンはいなくなってて、とりあえず部屋に入り疲れたから一眠り。

次の日、前日の事を反省、近所中に知られたかもという不安ありだけど、とりあえずオジサンに見つからないよう買い物に行きマンションに帰り着いてエレベーターに乗り込もうとした時、あのオジサンが入ってきました。

オジサンは私に一言、まだ誰にも言ってないから。

それから私たちはオジサンの部屋に入りドアにカギを閉めると私をドアに押しつけディープキス、胸だけ服から出して胸にしゃぶりついたりした後、強制で私はオジサンの前にしゃがみ込みパイズリフェラで精液をゴックン。

私をドアに手をつかせスカートをまくりパンツを膝まで下ろしマンコに挿入して腰を動かしながら私のアナルに指を入れてきた。

やっぱりマンコにチンポ挿入されると気持ち良くって声が出てくるけどオジサンに外にバレるから声出すなと言われ声を押し殺してました。

オジサンは逝きそうになるとマンコから抜いてアナル(旦那にはアナル挿入できるのは秘密)に挿入、ゆっくり腰を動かし始め、そのままアナル内で射精。

オジサンは玄関に仰向けになり私に掃除フェラを命令。

私はオジサンの萎えたチンポを丁寧にフェラしました。

それから私にオナを強要。

私はドアに寄りかかりオジサンの指示通りにマンコを見せつけながらオナしました。

私は気持ち良くなり立てなくなって座りオナしました。

場所を居間に変え結局オナで5回逝き、オナを続けてるとチャイムが鳴りオジサンが対応。

オジサンが3人に増え他の2人にねっとりと責められオナで逝きまくりの私は凄く感じさらに数回、絶頂を迎えた頃には私がオジサン達のチンポをおねだりして挿入してもらい勢いはないけど、とても気持ち良かった。

夕方頃には解放され私は部屋に戻り疲れたけどシャワーを浴び身体をキレイにしてから晩御飯の用意。

旦那帰ってきてから私は体調不良と言い寝ました。

それから暇さえあればオジサンの相手をさせられています。

カテゴリ:H体験談【人妻・熟女】H体験談【寝取られ・不倫・浮気】
【 2007/02/20 03:34 】 未分類 |

友達の彼女のクソエロい子と浮気した話

俺の親友の彼女は、めっちゃ可愛い。

気立てもいいし、スタイルもいい。

俺たちのエロ話にも話を合わせてくるし、親友とのセックスの内容も恥ずかしがらずに教えてくれる。

「○○はお尻に入れるの好きだから」

とか「お尻も満更でもない」

とか「お漏らししちゃう時ある」

とか「こないだハメ撮りしちゃった」

とか「○○の前で一人エッチさせられるとか」

はっきり言って羨ましすぎる。

こんないい女とこんな事できるなんて、ある意味嫉妬心もありました。

「今度俺にも一回ヤラせてよ」

って言うと「彼氏と別れたらね。

浮気はしない主義なんだ」

って。

親友には申し訳ないんだけど、別れないかなって祈ってた。

でも親友と彼女が婚約したというの聞かされてドン底に落ちました。

でも、結婚する前に俺の気持ちだけは伝えておこうと思いました。

これは彼女への気持ちに終止符を打つためでした。

親友には内緒で彼女を呼び出し、「親友の彼女とはわかってるけど、好きでした」

「幸せになってください」

と伝えました。

「そうだったんだ。

今まで結構傷付けるような事言ったよね」

「私とエッチしたいというのは本気だったの?」

って聞かれて「冗談ぽく言ってたけど、本心だった」

っと答えました「ごめんね。

気づかなくて」

「私はもう結婚決まっちゃってるし、誰にも言わないって約束できるんだったら…一回だけならいいよ」

って言ってくれたんです。

思い立ったら吉日、気が変わらないうちにと思って、俺の車に乗せてラブホへ直行しました。

彼女の身体はスレンダーなんだけど、意外と胸は大きい。

Eカップだそうで、乳輪も小さく、整形で作った胸みたいでした。

アンダーヘアーは剃られていてパイパン。

以前にそんな話を聞いた事があるが、エロ話は本当だったんだと。

そして二人でお風呂に入って、彼女は俺の身体の隅々まで洗ってくれました。

彼女はちょっと触るだけで、声が出る。

異常なまでに声がデカい。

というよりは異常なほどの感度のよさです。

俺の頭の中は、親友がやってきた事を全て体感する事でした。

「おしっこするとこ見せてよ」

「○○と同じ事言うのね」

「○○がしてきた事を全部したい」

「分かった。

でもちょっとしか出ないかも」

って言って、M字開脚してするとこを見せてもらった。

「次は俺を飲んでくれ」

「それはした事ないよ」

って言い返してきたんだけど、顔におしっこをかけてやった。

「わぁこういうのって意外と興奮するね」

って言いながら俺の尿を飲ませた。

「なんでもしてくれんだね」

って言うと「そうだね」

って笑ってくれました。

「うんこするとこもみせてくれたりするの?」

って聞くと「それはした事ないなぁ」

俺は別に見たいわけではなかったけど、親友さえみた事のないもの見たかった。

「見せてくれっていったら?」

と言うと「そんなの見たいの?」

って言われて「見てみたい」

と言うと「出るかなぁ」

って「思いっきり気張ってみてよ」

って言って、洗面器をお尻の下に入れて観察。

肛門が気張る度に富士山のようになって、少量だがうんこが出てきた。

彼女から「くさくない?」

って聞かれて「うんこはみんな同じ匂いだよ」

って言いました。

そしてもう一度シャワーをあびて、ベットへ…。

「まずオナニーしてよ」

って言うと無言で触り始めて、ブリッジみたいにのけぞって逝ってしまった。

「すごい逝き方するんだね」

「めちゃくちゃそそるぞ」

って言って備え付けのデンマをあてがうと面白いように逝きまくる。

そしてあえなくお漏らし。

部屋の中で売っていたおもちゃを一つ買って、入れようとすると、「それもした事ない」

「え」

と俺。

これは意外だった。

おもちゃを挿入し、デンマとダブル攻撃。

全身を痙攣させながら、逝きまくる。

そしてあえなく、失神。

次はホテルにあるガウンについているヒモで後ろ手にしばり、今度はバックからおもちゃを挿入して彼女は涎を垂らしながら、逝きまくる。

そしてまた失神。

俺は携帯でその様子を動画で撮影。

そして念願だった彼女のアナル。

おもちゃを挿入。

アナルでも喘ぎまくる。

そしてまた失神。

アナルにおもちゃを挿したまま、俺はバックから挿入。

彼女は白目を剥いたまま俺に突かれている。

そして、次は俺のをアナルにいれ、アナルで中出しをキメた。

そして一時中断。

休憩を取る事にした。

彼女はフラフラだったけど、「こんなエッチ癖になっちゃうかも」

っと言ってたので、「○○より気持ちよかった?」

って聞いたら「全然良いよぉ」

って。

俺はなんか勝利者みたいな気分なって、それから8時間もイジメ続けた。

ホテルから出る時は、彼女は一人では歩けない状態だったので支えながらホテルを後にした。

その後、親友と彼女の縁談は進みました。

結婚後も彼女との関係は続きました。

そして、現在彼女のお腹の中には子供がいます。

どちらの子供かは分かりません。

俺と親友は同じ0型なので血液型ではわかりません。

彼女は未だにパイパンなので産婦人科だけは恥ずかしいと言っています。

カテゴリ:H体験談【友だち】H体験談【寝取られ・不倫・浮気】
【 2007/02/16 03:33 】 未分類 |

友達の女に興奮した体験談

半年前の話ですが、友達が彼女の引越しを手伝うので一緒に手伝って欲しいとの事。

暇だったし、まあいいかと自分の車を出したんです。

ちなみに友達は車が無いんです。

一人暮らしだったようで荷物は少なくダンボールが4つぐらいとその他、布団やら食器やら・・・そして4~5段引き出しタイプの透明ケースがあり、中は広告などで見えない状態。

引き出しはガムテープで止めてありました。

特に気にもせず、引越し先へ・・・荷物を運び入れようとしたときに、『あれ~』鍵が無い?なんと、無くしてしまった様で、不動産屋に連絡しましたがあいにく時間外になっていて連絡とれず。

明日にならないと鍵が手に入らないために今日は彼女は彼氏の家に泊まることに。

明日の朝に、現地集合と言うことでその日は家に帰りました。

そう、ほとんどの荷物は車の中に入れっぱなしだったんです。

僕の中で、ハッと気づいたんです。

もしかして・・・あの透明のケースには何か恥ずかしいものが入っているのでわ。

家について車の荷台へ・・・ガムテープ部分をはずしそっと見てみると女子下着特有のレース系の柄が見えました。

心臓がバクバクしました。

今もまたしています。

やっぱりビンゴでした。

こんなチャンスは二度とないと思い、下着の引き出しごと部屋に持ち込みました。

ここからは、自分だけの世界です。

当然のことをしました。

あそこ部分の色の確認。

少し黄ばみも・・・でも比較的きれいに洗っているようで毛玉がありました。

Tバックやらスケスケやらエロいパンティー盛りだくさん。

そして、履きました。

匂いも嗅ぎました。

ちなみにその彼女は身長155~6cmぐらいで細身です。

まあかわいいです。

確か21歳とか・・・。

全ての、ブラ、パンティーを写真に撮りました。

後で、オナネタにする為です。

そして、エスカレートしてしまいダンボールの方もチェックしてみると・・・目が点・・・興奮は最高潮へ。

なんと未洗濯物がカゴにぎっしり。

2日分ぐらいでしょうか。

これはすごいと、また部屋へダッシュ。

未洗濯物のシミはすごいです。

まだ少し湿り気があり、ねっとりとした異物も少し付いていました。

すぐさま、オナニーへ。

ちょっとくさかったけどそれがまた興奮しました。

5分ぐらいで出ました。

迷ったんですがパンティーに出しました。

どうせ汚れているなら分からないだろうと思い。

いい日をありがとう。

そして、次の日荷物を部屋に運び入れ終了しました。

その彼女の顔を見ながらあんな匂いなんだと思うと、ずーっと半立ちでした。

友達とも、なにか共有したような気分になりました。

カテゴリ:H体験談[学生]H体験談【友だち】
【 2007/02/08 03:33 】 未分類 |