H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





4つ歳上の従姉とちょっと変な空気になってエロ体験

150601c.jpg

流石に母親とかは対象外だが、従姉となると身近な異性だ。
沙弥は俺より4つ歳上の22歳、顔は可愛いってよりキレイ系。

俺は18になると即行で免許を取った。
昔から車が好きでこの日を待っていた!!って感じだ。
行く先は県内外あちこち、一人でも行くし友達ともドライブしまくった。
今ではしないけど、朝ガソリン満タンにして帰る頃には空になる位走った。

従姉は当時22歳の大学四年生、俺は新入学の一年生で同じ大学に通う生徒だった。
キャンパスは広いしサークルも違うから滅多には会わない。
それでもたまにすれ違いもするし、挨拶もする。
俺なんかより頭も良いので参考書のアドバイスなんかも受けていた。

雨が酷い日はお互い時間が合えば送ったりもしていた。
残念な事に車が全てだった当時の俺は彼女すら居なかった(笑)
よく車内ではもっと広く遊べと心配?されたりもしていた。

梅雨だったのか台風だったのかとにかく暴風雨って日があった。
俺はサークル棟の中から外を眺めながらボケッとしていた。


コンコン

ノックの後に沙弥が顔を覗かせた。
「あきら君いますか~?」
最初は先輩達にやたらと大人ッポイ彼女がいるな、と思われたらしいが
この頃はたまに顔を出す従姉って認識されていた。

「ちょっと良い?」

案の定というか送ってもらえないか…というお願いだった。

「い~よ別に、でももう出るの?」
まだ帰るには早いな~と考えて聞いた。
「あきらに合わせるよ、でさ~…お願いがあるんだけどアタシの友達も良いかな?」

沙弥の友達も乗せて欲しいとお願いされた。
その人もまだサークルにいるからまだ大丈夫との事だ。

「どこまで?」
「○○までなんだけど…」

近くは無いな~と思いつつOKした。

「へ~!!彼女いないんだ?」
人見知りしないというか、沙弥の友達はよく喋った。
「二人を最初に見た時は沙弥の彼氏かと思った~」
気をつかってか話し掛けてくれるのは嬉しいが、一応初心者の俺には土砂降りの中、
しかも知らない道は緊張するし集中したい、まさか俺に声かけないでとは言えないので困っていた。

「女の子馴れしてないんだね!」
確かに男子校から来てるから馴れてはいないけど、今回はちょっと違う。

「ハハハ…」
と笑って誤魔化すしかない。
「じゃあ、今まで彼女いたこと無いの?」
「ハァ、そうですね」
「じゃあまだ色々経験してないんだね~」
下ネタですか?ってのも出てきた。

「やめなよ~ミカ、あたしの従弟をからかわないでよね~!」
「何言ってんの~!せっかく大学生なんだから遊ばないと~」
「アタシが色々教えてあげようか~ww?」
ミカさんは俺が困ってる顔が楽しいらしかった。
女馴れしてない年下の一年生だし、からかうのが楽しいみたいだ…

ミカさんの家に着くとお茶を出すからと強引に上げられた。
正直散々喋ったし、天気は悪すぎるし帰りたかったが先輩に逆らうのはイカンと思っていたので
上がることになった。

ミカさんの家にはお母さんだけがいて、お茶を出してくれた。
俺は初めての知らない女性の部屋に緊張しまくりで正座して座っていた。

「ゴメンね~遅くなったね…」
ミカさんが部屋を出た時にコソコソと沙弥が言っていた。

「大丈夫…だけど帰り道大丈夫かな~?」
暗いし土砂降りだし、さらには知らない道が心配だった。

「沙弥が色々教えてあげたら~?」
相変わらず酔っぱらいみたいな下ネタ全開のミカさんは暴走気味だ。

沙弥がトイレを借りに行ってる時には俺の手を取り緊張でかいてる手の汗を笑われた。
「これ、アタシのピッチの番号だから、良かったら暇な時にかけてよ!沙弥には内緒ね」

良からぬ期待を持ちつつも二人で会う事は無いだろうなって思った。

「うるさくて大変だったでしょ?」
帰りの車で沙弥は心配そうに聞いてきた。
「面白い人だったよ、大丈夫」
既に道に迷いつつ俺は答えた。
「ミカも悪気は無いんだけど、下ネタは引いたでしょ?」
アハハ~と笑うしか無い。

「あのさ~、ピッチの番号渡されたんだけど…」
黙ってても良かったが、後から沙弥にバラされるのも嫌でその紙を見せた。
「そうなの?しょうがないな~、まぁ暇なら今度かけてみたら?」
特に気にはしてないみたいだった。

「解ら~ん!」
俺は完全に迷った。
薄気味悪い道路で周りに民家も少なくなった。
絶対こんな所は通ってないし見覚えの無い地名が電柱に貼ってある。

当然沙弥も解らない。
コンビニも無いから聞く事も出来ないっていうか、こんな所にコンビニ建てても半年で無くなるだろう。

一休みしよう!と俺は自販機のそばに車を停めた。
最後は適当な民家に道を聞くか、と考えつつ沙弥に飲み物は何が良いかと聞いていた。

「アタシが買ってくるよ!」
「雨だし俺が行くよ」
「大丈夫」
「大丈夫じゃないよ、俺が行く」

何が良いのか聞いて行くつもりだったのに沙弥がパッとドアを開けると自販機に駆け寄った。
あっという間に出たから止める間もない。

「ちょっと待ってよ!」
俺も車内で待つ気にならずに結局後に続いた。

「な~んであきらも来るのよ!」
既にずぶ濡れの沙弥が俺を見て笑った。
「しょうがないじゃん!まさか自分だけ濡れない訳にも行かないし」
「も~!コーヒーで良いよね?」
「何でも良いから早く!」

小銭を出すのに手間取り、結局二人して川にでも落ちたの?って位にずぶ濡れだ。

車内灯を点けてお互いの顔を見た。
「アハハハ!!あきらすごい顔!」
「よく言うよ!沙弥ちゃんだってヤマンバみたいに髪型グチャグチャだよ!」
「婆じゃない!」
「つめて~」

タオルなんて無いし沙弥はハンカチで、俺はティッシュで顔や頭を拭いた。

「あきら顔にティッシュ付いてるよ」
俺を見て大笑いだ。
俺も言われっぱなしが悔しくて反撃した。
「自分こそ!ブラジャー透けまくりですけど!」
沙弥の胸元を指差した。
薄暗いし実際はそんなにハッキリ見えてた訳じゃ無かったが勢いってやつだ。

ハッとした顔をして胸元を確認していた。
「スケベ!!」
一瞬車内が沈黙し、調子に乗りすぎて失敗したと焦った。

「あ~!ミカに色々言われて見てみたくなったんでしょ?」
ちょっと胸元を隠しながら沙弥が笑いながらこっちを見た。

そんな事ないよ!と言おうとしたがちょっと答えに詰まった。

「あ~っ!ヤッパリ」
それを肯定と取ったかニンマリと笑った。

「違う!違う違う!」
慌てて否定するがこういう時って逆効果だよね。
「ホラホラ~!怪しい~」

既に胸元から手を退けて俺の慌てた顔を覗き込んだ。

「そんなに見たい?ホラッ」
そう言うとガバっと服を捲り上げた。

ソコには白と黒のストライプのブラがあった。
もちろん一瞬で下げられたけど。

「ヤッパリ見てるじゃん!」
「そりゃ見ちゃうよ、ガバってされたら」

ちょっと変な空気が流れて来たな~ってのは鈍感な俺にもさすがに解る。
沙弥は近付けた顔のまま変な笑顔だ。

「こういう時ってさ、キスするチャンスだと思わない?」
「イヤ~…思ったけど沙弥ちゃん従姉だし」
「ミカが良かった?」
「ナイナイ!」
「へ~?」

尚も顔を引かない沙弥に思いきってちょっとだけ顔を近付けた。
それでも顔を引かず俺を見ている。

そのまま唇を沙弥のに重ねてみた。
逃げないどころか俺の手を取り自分の肩に回させた。

「ね?以外と簡単でしょ、今は良い雰囲気だったでしょ?」
「う、うん多分…」
「この後はどうする?」
「どうするって…どうすれば良い?」
「じゃあ、ミカじゃなくてアタシが教えてあげるよ…でもここじゃ、車狭いしとりあえず移動しよ!」

え~!それって、とは聞かずに俺はとりあえず車を出した。
喉がやたらと乾いて買ったコーヒーはあっという間に無くなったwww

ようやく、本当にようやく店など並ぶ通りに出た。
これからの期待とやっと帰り道が見つかるという喜びで緊張半分期待半分で通りを走った。

「あそこ!」
沙弥が指差した方向にはホテルが見えた。
「本当に良いの?」
からかわれてるだけ?という不安がある。
「うん」

俺は生まれて初めてのラブホの入り口をくぐった。
それぞれの部屋の前に停まった車、まさかその一台に自分がこんなに早くなるとは、
と考えながら空いてる場所へ車を停めた。

一緒に部屋へ入る。
『イラッシャイマセ、トウホテルへヨウコソ…』
機械的なアナウンスに滅茶苦茶驚いた記憶がある。

「あ~あ!もう逃げられないよ」
沙弥はいたずらっ子みたいな顔でこちらを見て笑っていた。


13: 投稿者:あきら 投稿日:2012/04/11 20:20:03

部屋の扉をくぐるまでは勢い。
そこまでは良かったがいざ部屋に入るとこの状況に緊張していた。

誰でも童貞を捨てるときは来るし、多少なりとも緊張するだろう、
しかし普通に相手は彼女や女友達にナンパ、あるいは風俗とかだよね。
従姉だと後々も、変な言い方をすれば何か無い限りどちらかが死ぬまで続く関係だ。
しかも沙弥は決して遠い親戚ではない。

「とりあえず風邪引くから服脱げば?バスローブあるじゃん」
沙弥が指差す方には籠に入ったアかメニティグッズやバスローブが入っている。

「先に着替えるよ!」
グズグズとしてる俺を部屋に残して脱衣室へと消えて行った。

一人残された俺は初めての部屋を見回した。
ベッドの周りには鑑がある…と思っていたのに無かった。
なんての?もっとイヤらしい雰囲気だとばかり思っていたが綺麗でカジュアルな内装に驚いた。
ただテレビのリモコンだけは、まるでカラオケのリモコンの様にごちゃごちゃしている。
スイッチを入れるとニュースをやってる。

「はい、着替えてきたら?」
声を掛けられ振り向くと沙弥がバスローブ…には短すぎる物を羽織っていた。
ピンクのバスローブは薄手の生地で辛うじて下着が見えない程度だ。

「!!」
って感じで驚いた。

「短いよね?」
沙弥が言った。
「そうだね…」
俺はどこを見て良いか解らずに視線を泳がせた。

そそくさと脱衣室へ移動すると沙弥の服が乾かすように並べてある。
そして先程見たブラジャーもあった。

この時点で下半身はギンギンである。
そして予想通り俺のバスローブも短い…

「俺はこのままでも良いかな~」
恥ずかしくて着れない、と思い部屋にいる沙弥に声をかけた。
「え~!風邪引くから着替えなよ、別に恥ずかしくないから」

それでも少し悩んだが結局服を脱ぎ、着替えてみた。
下半身がスースーする…
しかも勃起も収まる気配すらない。

気持ちを鎮めようと鑑に向かい自分の顔を見る。
滅茶苦茶緊張した俺がいる。
落ち着け~落ち着け~、呪文のように心で唱えた。

「いつまで何やってんの?」
気づけば沙弥が入り口から顔を覗かせていた。
「べ、別に」
「早く来なよ、寒くないの?」

先に歩く沙弥のお尻に目が行く、もちろん下着は見えないけどもう少しで見えそう、
と考えるだけで再び下半身が反応を始める。

「お茶飲む?」
いつの間にかお湯を沸かしていた沙弥が聞いてきた。
「あ、飲む」
欲望とヤッパリまずい、という考えが闘っている俺としては考える時間が与えられるのはありがたい。

「お風呂いれるね」
沙弥は一人そそくさとお風呂を準備しに行った。
沙弥は戻るとお茶をいれ、俺に渡した。

「とりあえず服をある程度乾かさないとね、お風呂入ったりしてる内に少しは乾くでしょ」
車移動してる内にある程度上は乾いて来てたし、濡れてるのはジーパンだ。

「このあと、一緒入る?」
沙弥は俺が断るのを知ってるクセに聞いてきた。
「一人で入るよ!恥ずかしい」
「それ、普通アタシのセリフだから!」
「恥ずかしくないの?」
「アタシ?一緒に入るのは…恥ずかしいかな」
「ヤッパリな~!俺をからかってここに…来たんだよね?」
そうだよ、と笑って答えてくれたら俺も笑って引き返せる、だから笑いながらそう返した。
「ま~、一緒のお風呂は恥ずかしいけど、でもエッチは良いよ」
「聞いても良い?」
「何を?」
「ホント~に良いの?」
「ま~…ほら、そういう雰囲気だったし」

沙弥からしたら可愛い従弟に手解きをしてあげたい、と思ったらしい。

俺は風呂へ向かった。
脱衣室の洗面台の鑑には難しい顔をした俺が写る。
「何とかなるか!!」
自分に向かってボソッと納得させるように言ってみた。

体を念入りに、これでもか!って位に洗い浴槽に入った。
沙弥が入れたのか紫色でラベンダー?の香りがするお湯のなかでは俺の悩みとは裏腹に下半身は既に全開!
そんなに長くは入ってないはずだがやたらと時間が長く感じた。

風呂を上がり部屋に戻ると沙弥がベッドから起き上がった。
上とお揃いなのかストライプのパンティが覗いていた。

「あれ?早かったね、もうあがったの?」
「そう?もう上がったよ」
「じゃ、アタシ入るね」

沙弥が部屋を出ると一人残された俺はテレビのリモコンをいじった。
適当にチャンネルを回すとAVも流れていたが見る気も起きなくてニュースを点けた。

観光地がどうとかアナウンサーが喋っている。

改めて部屋を見回すと枕元のスイッチ類、適当に動かすとアッチの電器が点いたりコッチの電器が消えたり、
有線が入ってみたりみなかったり、物珍しくてガチャガチャいじった。
そして小さな入れ物を開けるとゴムが3つとローションの小袋が入っていた。

メニュー表のような冊子には大人のおもちゃやらコスプレ衣装が紹介されていて、
やっと下半身も落ち着いたのに、沙弥がこの衣装を着たら…と想像してしまい再びギンギンに…

とそこへ沙弥が戻って来た。

「なにそれ?」
「色々載ってるカタログ」
「あ~アレね、気になるのあった?」
「アハハ…無いよ」
「え~!何かあるでしょ?」

腹這いになって読んでいた俺は下半身が元気過ぎて起きれない。
とそこへ沙弥が上に覆い被さる様にしてきた。

「見せてよ!」
「あ、うん」

上に乗られるのも嬉しいのだが、ヤッパリ恥ずかしい…
カタログを少し体から離した場所に置いて沙弥がそちらに移動するようにしてみた。
しかしそれを引き戻すと乗ったまま見ている。

「これ?さっき見てたの」
そこにはさっき見てたコスプレ衣装のページだ。
「まぁ、そうかも」
「へ~」

「これを見てどうだった?興奮する?」
「いや~、別にそれでは興奮しないよ~」
「ホント~?」
「別に、写真だし」
「じゃあ、確認!」

そう言うと手を伸ばして下半身に忍ばせて来た。
俺は急だったから思わず腰が逃げたww!

「ダメだよ逃げちゃ!」
「今マズイ!!」
「良いから~動かないの!」

パンツの上から確かめる様に触る。
「硬くなってる…でもこうなるのが普通だから、大丈夫」
そのまま直接中に手を入れて直接触れられた。

「凄い硬いよ!あ、もう先からヌルヌルした物が出てる…触られるのも初めて?」
「うん…ていうか、全部初めて」
「ね、アタシで良いの?」
「ど、どれが?」
「どれがって…最後まで」
「うん、お願いしても大丈夫?」
「良いよ…気持ちよくしてあげるからね…仰向けになって!」

仰向けになると、何度かパンツの中でシゴかれ、そしてパンツを下げられた。
「あきらの大きいよ~!ここが凄~い」
当時は解らなかったがどうやらカリ高ってやつらしかった。

「たくさんヌルヌルしたの出てくるよ…気持ち良い?」
指先で先端をなで回された。
何とも言えない気持ちよさで、オナニーでは感じた事のない快感だった。

「舐めるよ」
そう言うと沙弥は口に含むと音を立てながらくわえた。
「沙弥ちゃん、それ気持ち良い!」
沙弥は頭を上下させ、舌で亀頭を刺激しながら、そして舌先で脇を舐め上げた。

初めての感覚を味わった。
クチャックチャッと音がたち、沙弥の口の温かさとヌルヌルと這う舌で竿がビクビクと反応している。

「沙弥ちゃん…ヤバくなる」
俺の言葉に沙弥は一旦口を止めた。

「あきら…アタシのも舐めれる?」
「うん…」
「アタシも…濡れてるか笑わないでね…」

沙弥は起き上がると下着を脱ぎ捨て自らアソコへ指を這わせていた。

「ホラ…」
沙弥の指には露が光っていた。

「沙弥ちゃんのも舐めたい…」
俺の言葉で沙弥は俺の顔にアソコを向けて跨がった。
いつの間にか沙弥のアソコの回りは濡れていたみたいだ。

「ここを舐めて欲しいの…クリが一番感じるから…」
沙弥は指でその場所を指した。
そして沙弥はユックリ腰を俺の顔に向けて下ろしてきた。

沙弥に言われた場所へ唇を付け、舌でそこを舐め上げた。

「ウゥッ…ウッ…アァ…良いよ…」
舌を動かし、クリを刺激するたびに沙弥は反応し、腰がヒクッと反応していた。


17: 投稿者:あきら ◆Wv.o21UQ7M 投稿日:2012/04/12 19:40:08

当時は何が何だか解らなかった。

とにかくソコがクリらしい…って感じで沙弥の反応する場所をひたすら舐めた。

沙弥の口が止まり、切ない吐息を漏らしていた。

「はあっ…ダメ…腰が動いちゃうの…」
沙弥の腰がユックリと動きだし、目の前で何かを求める様に前後していた。

口を止めた代わりに沙弥は自らの唾液と、俺から出た液で濡れた竿をシゴキ出した。

「あ、あきら…気持ち良い…?」
「沙弥ちゃん…そんなにされたら、出ちゃうよ!」
「良いの…逝って!アタシのお口に出して…」

先程より少し早く竿をシゴキ、再び亀頭をくわえ込んだみたいだ。
舌が亀頭の一部分を通過する度に我慢できない快感が走る。

「さ、沙弥ちゃん…マジで出るから…待って…」
俺は既に我慢の限界、沙弥のアソコを舐める口は止まり、ギュッと目を瞑ると沙弥の体にしがみついた。

「あ、出る…」
その瞬間ドクッドクッと沙弥の口の中へ注いでいた。

吸い取られるような感覚を感じながら俺は果ててしまった。
出終わった後も沙弥の口は止まらずチュッチュッと吸っているみたいだったが
最高に気持ち良いようなくすぐったい感覚に見悶えた。

「ちょっ!ちょっ!ちょっとストップストップ!くすぐったい!!」
沙弥から逃げる様に腰を引いた。

沙弥がこちらを振り向いた。
まだ出した物がその口に含まれている様子だった。
俺は枕元からティッシュを渡そうと手を伸ばした。

すると沙弥は首を振り必要ない…という顔をした瞬間に、ゴクッ…それを飲み干してしまった。

「えぇ!?飲んじゃったの?」
「うん」
「平気なの?」
「大丈夫だよ、あきらの濃いね?」
「そうなの!?」

沙弥はウフフ~と笑いながら俺の目の前へ座り直した。

「まだすぐは無理でしょ?少し休も!」
バスローブは既にはだけて辛うじて肩に掛かっている感じ、沙弥はもう必要ないとばかりに脱ぎ捨てた。

「沙弥ちゃんは気持ち良くなれたの?」
自分だけが満足してしまい聞いてみた。
「も~…バカァ…聞かないで!気持ち良いから…声出たんでしょ!」

それから


18: 投稿者:あきら 投稿日:2012/04/12 20:49:54

それから暫くすると、沙弥が聞いてきた。

「ネェ…最後までしても大丈夫?アタシが最初で良いの?」
「うん、お願い」

ここまで来て止める方が正直難しい。

「じゃあ、横になるね!!」
沙弥は俺のすぐそばで横になった。
「良いの?」
「入れて…」

俺は沙弥の上に覆い被さった。
改めて見ると綺麗な胸だ。
もちろんこの時は他の女性の胸を知らないしそこまでは考えてなかったけど…

元々色白な上に、普段は服のなかに隠れて日に焼けていない乳房が特に白く感じた。
小ぶりな乳首を口に含んでみた。

「優しく…優しく舐めてね…アッ、そうそう…」
徐々に乳首は硬さを増して来た。
もう片方の胸を恐る恐る触れて軽く揉んでみる。

「ウンッ…あきら、我慢しないで好きな時に…入れて…」

既に竿は完全に勃起し、沙弥の体に時々当たっていた。
そして沙弥の体に触れる度に心地よく、早く入れてしまいたかった。

「入れて良いの?」
「うん…じゃあゴム着けようか?」

沙弥は起き上がるとゴムを取りだし俺へと被せた。
なかなか上手く入らなかったがやっと根元近くまで被せられた。

「出来たよ!」

再び沙弥は横になると膝を立てて足を広げた。
俺はそこへ体を割り込ませて沙弥のアソコへと入れようとしたがなかなか上手く入らなかった。
すると沙弥の手が伸びて来て俺を導いた。

「そのまま…入れて大丈夫だよ」

俺はそのまま押し込むとヌルッとした感触と、締め付ける感覚を感じながら奥へと侵入した。

「沙弥ちゃんの中…温かくて気持ち良い…」
「あきらのも…熱いよ…ユックリで良いから好きにして…我慢しないで良いからね」

俺は抜けないようにユックリと腰を前後させた。
沙弥から溢れたものでクチャックチャッと音がする。
沙弥は目を瞑り、眉を寄せていた。
「ウッ…ウッ…アァ…あきらの大きい…」

さっき出したにも関わらず、既に竿は限界だった。

「沙弥ちゃん…出ちゃうかも…」
「良いよ…もっと激しくしても…いっぱい気持ち良くなって…」

俺は欲望のまま奥へ奥へと腰を振った。
その度に沙弥の二つの胸が揺れ、声を出している。

「アンッ…アッ…アッ…アッ…良いよ…あきらの気持ち良いっ!…」
「も、もうダメ!!…出る…出る!!」
その声を聞いた瞬間に俺はドクドクッとあっという間に果ててしまった。

「アッ…あきらの出てる…」
沙弥の中で暫く脈を打ち続け、それが収まると抜き出した。

「逝っちゃった…」
俺が思わず呟くと沙弥は俺の首に手を伸ばして抱き締めてきた。

「おめでとう…って変かな?」
「アハハ、ありがとう」

結局帰りはお互い夜中になった。
沙弥の家に着くと降りる間際に俺を見ながら言った。

「バイバイ!あきら、またね!経験したからって…浮気は無しよ!な~んてね!」

従妹との初体験は入れてからはあっという間に果ててしまった、そんな体験でした。
関連記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する