H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





隣の家に住んでる同い年の女の子と69したエッチ体験

151021a.jpg

小学校の時の話でもいいかな?

隣の家に住んでるレイナとは同じ歳。
物心付いた頃から一緒に遊んでいる仲で、保育園から小学校までずっと一緒だった。
保育園の頃は、ガキながらに結婚の約束なんかして、お互いの両親とも「二人を結婚させよう!」なんて冗談で話す
ような、ガキの頃によくある仲だった。


小五の時に、レイナの部屋で夏休みの宿題を見せてもらって、いろいろ話してるうちにHな気分が盛り上がってきて、
お互いのマソコとチソコを見せ合った。

二人とも発育が良い方だったので、俺は仮性包茎とはいえ勃起すると亀頭が露出するくらいになってたし、レイナは
うっすらと恥毛が生え始めていて、割れ目の間に小陰唇がはみ出ていた。
お互いにどうしていいのかわからないけど、好奇心は旺盛で、レイナは顔を紅潮させながらチソポをつまんだり握ったり
擦ったりして凝視してた。
俺は、幼い頃には何度も見たレイナのマソコが、随分と変わっている事に驚いて、割れ目を開いて小陰唇をめくったり
クリが隠れているサヤを触ったりしながら必死に観察してた。
少ししてチソポが痛いくらい硬くなって、俺の心臓がバクバクし始めたあたりから、マソコを舐めたい感情が抑えられなくな
って、レイナに「舐めたい」と言うと、すんなり舐めさせてくれ、レイナもチソポを舐め始めた。
知らず知らずのうちに69になっていたが、俺はあっさりレイナの口の中に逝った。
死ぬんじゃないかと思うほど気持ちよくて「うわー!」って絶叫してしまった上に、脚を突っ張らせたせいでレイナの頭を
腿で蹴ってしまった。
レイナもかなり気持ち良かったらしく、以後互いの両親がいないときにどちらかの部屋でしょっちゅう69をしていた。

オナニーよりもフェラが先だったのはちょっとした自慢なんだけど、これを他人に話したのは大学生になってから。
でも、小学校を卒業する前に親バレ(かなり悲惨だった)があって、この関係が終わる。
レイナとセクースまではしていない。

503 名前: なまえを挿れて。  Mail: sage 投稿日: 2009/05/14(木) 23:59:30 ID: guiHYfA40
>>501
親バレの話もよろしく

509 名前: なまえを挿れて。 Mail: 投稿日: 2009/06/02(火) 14:17:08 ID: 7U/TSdzC0
>>503
超遅レスでスマソ。

親バレは、レイナの弟にバレてレイナの両親の知るところとなった。
俺もレイナもそれぞれの親に別々にこっぴどく叱られて、今後絶対にレイナと二人だけで会ってはいけないと約束させられた。
そのあとすぐに中学に入学しクラスも別々になって、自然とお互いを避けるようになってしまい、大学に進学して家を出るまで
の6年間は隣同士だったけど、一度も言葉を交わした事はなかった。
当時は悪い事をしているというよりも、親には言えない秘密の遊びをしているだけの感覚だった。
親のあまりの怒りように、驚いたのはこっちの方だった。
しばらくは、親の前で他の女の子とも話ができないくらいのショック(親に誤解されるのを恐れて)を受けていた。
我が家ではこの話はアンタッチャブルで今に至ってる。
関連記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する