H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





クリ派な彼女なんで、騎乗位のまま、俺はクリを触ってあげた

151123a.jpg

今から一年半ほど前の3月。
転勤で離ればなれになることが決まった、ある日、彼女と函館にでかけることにした。
離ればなれになっても、ずっと関係を続けたいなってことで…
行きは、青森からフェリーで渡りました。
船内は、観光シーズンでないだけに、ガラガラ。
二人で2階にある展望室に陣取った。
展望室には誰もおらず、彼女と二人っきり。

最初は、手をつないでたけど、いつの間にか彼女の手は、俺の股間を触りはじめ、船内というシチュエーションも手伝って、ギンギン状態に…
そのうち彼女がファスナーを下ろし、チンチンを取り出し、舐め始めた。
俺も我慢出来なくなり、彼女の服の下から手を入れ、オッパイを揉んだり乳首をいじったりした。
そうこうしているうちに彼女がパンツを自ら脱ぎ、「入れようよ」
俺は、「ダメだって」と言いつつ、こんなとこですることは滅多にないことだし、しようと思った次の瞬間、展望室につながる階段を上る音。
他の乗客があがってきて、あえなく途中終了(ホントしたかったなー)。

昼すぎに函館に到着し、チェックインまでの間、函館の街をぶらつく。
普段は、人前では手をつないだり腕を組んだりしないが、旅先ということもあり、堂々と腕を組んでラブラブ状態。(こいつ、こんなに甘えん坊だったんだと改めて実感)
チェックインの時間になり、ホテルへ。
ホテルは、部屋に露天風呂がついている、○○○。
部屋に入るなり、彼女は露天風呂と窓から見える景色に感動。
「○○さん、ありがとう」と目を潤ませてた。
俺も感動してもらって嬉しかったことは嬉しかったけど、さっき船内で途中終了しているため、ムラムラ状態はずっと持続中だったし、パンツの中は我慢汁でいっぱい。
窓の外をのぞき込む彼女のお尻の方からマンコの匂いを嗅ぎ、匂いを堪能。
ほんのり臭いんだけど、チンポに力が入るような匂い。
我慢できなくなり、座布団の上に寝かせ、パンツを脱がして、直に嗅いだ。
もうすでに濡れていて、「ごめん、入れさせて」と言ってIN。
当然、ラブホと違ってゴムもなく、生。
彼女は、なかなかいきにくいタイプなんで、とりあえず、「ごめん、すごく気持ち良くて我慢できない」って言って大量の精子を注ぎ込んだ。
いったあと、「ごめんね、○○の中、すごく気持ちいいから…先にいっちゃった。今日は、何回でもできるから、またあとでいかせてあげるね」ってその場を取り繕った。

その後も30分くらいつながったままでいたが、夕食の時間が迫ってたので、準備をすることに。
30分つながってたチンポを引き抜くと、大量の精子とともに彼女のマンコの甘い匂いが立ち上ってきた。
そのままアソコをおさえながら、部屋の露天風呂へ。
三月でまだまだ肌寒く、すぐに湯船へ。
お湯が熱めだったので、彼女が裸のまま外の景色を眺める。
尻を尽きだしてみてた彼女の後方から、思わずイン。
函館の海と夜景をしながらの立ちバックは最高。
しかし、さすがに3月の北海道。気持ちはいいけど、寒い。
「やめようか?」って言われたけど、こんな経験もうできないと思い、「湯船の中でしよう」って説得。
対面座位に切り替えて、彼女の中で動く。
彼女もいつもと違うせいかすごく感じて締め付けがきつく、またしても先にいってしまった。「ごめん…」

二人して浴衣に褞袍(どてら)を着て、夕食へ。
カニ食べ放題。彼女、タラバ蟹を頬張る。
しかも、一番太い脚の肉。
思わず、あとで俺のも食べてねってお願い。
部屋に戻って、さっそく彼女の彼のタラバ蟹(笑)を食べさす。
しばらく、食べてもらってたら彼女の動きが急に止まった。
朝早かったし遊び疲れてそのまま寝てた(汗)。
もっとエッチしたかったけど、朝までこのままでもいいかなとか思い、そのまま就寝。
ちなみに本物のタラバ蟹と俺のタラバ蟹を頬張ってる写真を撮り、今でも俺の宝物にしてます。
その写真だけで、3回はいけます(笑)。

次の日、目が覚めると彼女が俺の上に乗ってた。
「昨日は、寝ちゃってごめんね」といい、普段、滅多にしてくれない騎乗位でしてくれた。
どっちかというとクリ派な彼女なんで、騎乗位のまま、俺はクリを触ってあげた。
ほどなくして、同時にいった。
もちろん、彼女の中で…

最近、新しい彼女が出来て、数回してみたけど、やっぱりあいつの感触が忘れられない。
俺のサイズにピッタリな○○。
他のやつに染まる前に戻ってきて欲しい。
関連記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する