H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





僕は中出し願望者ですが、実際に誰かとSEXしたり中出しすることはなく、HP見て妄想の中で興奮するのみだと思ってました。

ところが先日、偶然体験したことを報告させていただきます。
僕には何人かのメル友がいますが、彼女(27歳)もその一人です。
21歳で出来婚。旦那は暴力夫で愛人宅から帰ってこない。
旦那の借金の保証人になっていて離婚もできない。
生活費も貰えず子供のために働いている。
職場の上司と不倫関係にあり、彼に支えてもらっているので生きて行ける。
ところが彼の奥さんが出産したのと同時期に、彼の子供を堕ろした。
・・・と不幸な歴史を背負って頑張っている女性です。

僕も家内に浮気されたことなどを告白し、お互いに励まし合ってきました。
彼女には大事な人がいるので、会うことはなく、メールだけの関係で終わるものだとばかり思っていたのですが・・・。
2週間ほど連絡をとっていなかったある日、出会い系の掲示板に彼女のハンドルネームを見つけました。
しかも援助交際を匂わせる文面で。
すぐにメールを入れると彼と喧嘩して自棄になっていました。
僕「知らない人と会うなんて危険だ!会うなら僕と会ってください!」
彼女「すぐ来て。わがままなのは分かってる。」
彼女「誰かが傍にいてくれないととても辛いの」
というメールのヤリトリをして、仕事をサボり20キロ離れた彼女の町へ。
始めて会う彼女。美人タイプではないけどかわいい系。

車に乗せてドライブしながら話をしました。
明るく振る舞っていたけど苦労が滲み出てるよ。守ってあげたい。
お互いに心の傷を舐め合っていたら、Hして癒し合おうということになった。
ラブホにチェックイン。
ベッドで思いっきり抱き締め合いました。
僕「僕でいいの?」
彼女「あなたなら気が許せるよ。嫌いじゃない。抱いて。」
熱くて長~いキスをしました。
そしてペッティング。
秘部に指を入れると経産婦とは思えない狭さ。
そしてザラザラの数の子天井。
乳首を吸いながら指を動かすと、聞いたことも無いくらい大きな声を出して悶える彼女。
彼を忘れたくて思い切り乱れてみたかったらしい。
フェラチオも積極的にしてくれました。
そして正常位で挿入。
ゴムを着けるとかぶれるということで、生挿入でした。
入れる時は彼女が僕のちんちんをつかんで秘部に導いてくれました。
なんという膣の狭さ!そして気持ちの良さ!
そしてたまらなく色っぽい彼女の喘ぎ声に敢え無く発射寸前に!
ピストン運動のスピードを抑え、繋がったまま抱擁。
そして対面座位に移行。
ディープキスをしたまま腰を振る彼女。
たまらず堤防決壊の時が。
「中に出しちゃっていいの?」
「え?中はだめ!」
急いで抜きましたが、体勢に無理があり、初弾は彼女の子宮に被弾。
第二弾は至近弾となりました。残りは外へ。
少々ばつが悪かったのですが、彼女がまだイッていないのでそのまま指マンに突入。
掻き出しながら愛撫しました。

その後時間いっぱいまでベッドでイチャイチャし、最後にもう一度彼女が僕のちんちんをしごき立て、2回目を要求してきました。
今度は正常位で外出し。またもや早すぎる昇天となりました。
膣内の気持ち良さと喘ぎ声の色っぽさに、負けを認めざるをえません。
彼女を送り、その日は別れました。
彼女を傷つけたくなかったので妊娠が心配でしたが生理は来たようです。
その後彼女は彼と別れました。
僕とはメールのみの関係に戻りましたが、お互いに寂しくなったらまた会おうという約束をしています。
長くて稚拙な文章ですいませんでした。
ありがとうございました。
関連記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する