H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





僕はこの国民的スーパーアイドルの大量に溢れ出したマン汁を味わい続けました

まさか憧れてるアイドルにこんな事が出来るなんて最高です。
テレビで見ている彼女がこんなスケベで、こんなに敏感で、こんな味をしてるなんて思いませんでした。

僕はすでにビンビンになっていました。
もし自分の彼女だったら、さっさとフェラをしてもらうんですが、このアイドルにそんな事をたのめるのか?と迷っていました。
そして何となく彼女の目線にアソコが見えるようにアピールしました。
自慢じゃないですけど、僕は勃起すると20センチを超えます。
これには彼女もびっくりしたみたいで、「えっ、何これ?すごくない?」と興味をもってくれました。

そして彼女から僕のアソコに手を伸ばしてくれて、手コキみたいにしてくれました。
これには感動でした!
でも、人間欲が出るもんで、なんとかフェラをさせたいって思ってしまい、徐々に移動して、なるべく顔の近くにアソコを持って行きました。

するとなんと!彼女から僕のアソコの先をペロッと舐めはじめました!
あの可愛い舌で、僕の汚い我慢汁で溢れたアソコを舐めはじめました!
そして本格的にしゃぶりはじめて、しかもかなり興奮してしゃぶってくれていました!

僕は変な体勢で舐められていたので、ゆっくり体勢を変えようとしました。
するとあのアイドルが、僕のアソコを口で追っかけるような感じになりました!それだけで大興奮です!
そして僕がベッドの上に立上がると、彼女も座った状態で起き上がったので、僕はアソコを突出しました!
彼女は抵抗なくまたしゃぶりはじめて、しかも手を使わないで口だけでしゃぶっていました。

あのスーパーアイドルが僕の前に跪いて、一生懸命頭を振ってるんです!
この時は尋常じゃ無い興奮で、生涯はじめてのスピードで射精感が襲ってきました!
僕はヤバいと思って、違う事を考えて我慢しまくっていたんですが、そんなのは全く通用しませんでした。
でも、彼女にイキそうだって言うなんて恥ずかしくて出来ません!

そうこうしてるうちに、もうイク寸前になってしまって、しょうがなく彼女の口の中にたっぷり射精してしまいました!
彼女はすごく苦しそうな顔をして、ちょっとこっちを睨みました。

その時・・・僕の中で何か高い壁を乗り越えてしまったような感覚になりました・・・

もうどうでもいいや・・・好き放題やってやる!どうせ今日だけなんだから!

と思ってしまいました!
興奮状態に入ってしまった僕は、彼女が「もう!勝手に出さないでよ!」と怒りながら精子を吐き出そうとしてるところに、もう一度アソコを勝手に突っ込みました!
もちろん彼女は抵抗しました!
でも僕はそんなの気にしませんでした!

しばらく彼女は暴れていましたけど、元々Mが強いのか、しばらくすると自分で頭を振りはじめました!
いつの間にか僕の精子も飲み込んでいました!
僕は射精しても勃起したままなんてはじめてでした!

僕はもうぶち込みたくなったので、無言で彼女から抜いて、彼女をベッドに押し倒しました。
彼女は「入れるの?」と聞いてきたので、無視してアソコに棒を当てがうと、「ちょっと生なんてダメに決まってるでしょ?ゴムして!早く!」と怒っていました。
でも僕には関係ありません!その時は社長に怒られるかもしれないって思いましたけど、そんなのどうでもよかったです。
だから無視して勝手に突っ込みました!

彼女はすごい暴れました!
「ふざけないでよ!もう終わり終わり!帰るから!」
僕は興奮し過ぎて記憶がありませんでした!

でも気がついたらしっかり奥まで入っていました。
彼女の顔は怒っていましたけど、時折奥に当たると眉をしかめて快感を我慢していました!
ここまで来たら犯してるも同然でした。
僕は完全に主導権を握って、「嫌がってる割には締め付けてるじゃないですか?ビチャビチャに濡らして」と言うと、「ふっ、ざけないで、ハァハァ、ゆるさなっ、ハァハァ、もう止めないと、ハァハァ、知らないっ、あんっ、ハァハァ」と怒りながら快感を殺していました

僕は彼女に無理矢理突っ込みました。
もうどうなってもいいから犯してやる!としか考えていませんでした。
彼女は必死でベッドの上の方に逃げようとしていましたけど、すぐに腰をガッチリ押さえてピストン運動をしました!
ピストンをはじめると、敏感な彼女は力が入らなくなってしまったみたいで、抵抗のセリフも出てきませんでした。
僕はスーパーアイドルのマ○コと生でつながってると思うと、すぐにでも発射してしまいそうでした。

彼女はいつの間にかガッツリ感じはじめていて、逃げもしないでシーツを握りしめていました。
そして奥の方を重点的に突きまくっていると、「ダメダメ、いやああああ、それダメ、いやあああああ、イク、イク、イク」と言って、あっさりイッてしまいました。
僕は痙攣している彼女に「さっきは止めろって言ってなかった?何勝手にイッてんの?」と嫌みったらしく聞きました。
彼女は横を向いたまま無視して震えていました。

僕はそのまま正常位でしばらく突きまくりました。
彼女は2回イキました。
その頃には二人ともしっかり抱き合ってピストンしていました。
彼女も抵抗する様子は無くなっていました。

今度は彼女を上にして、お尻をこっちに向けさせて腰を振らせました。
最高の景色でした。
何千何万のファンがいる彼女は、肛門を丸出しにして自分から腰を振りまくっていました。
そして僕はその可愛い肛門に指まで突っ込んでやると、それが良かったのか、すぐにイッてしまいました。

彼女はイッた後も激しく腰をグラインドさせていて、僕は射精感が高まってきてしまい、止めようとしたけど間に合わなくて、こっそり中に出してしまいました。
さすがにやばいと思いましたが、彼女がアゴをガクガクいわせて感じまくって、全然気付いていなかったので、そのまま抜かずにピストンを続けました!
さすがにこれだけのイイ女だと、全然息子が衰えません!

そして最高だったのは窓際に手を突かせての立ちバックでした!
僕は窓の外を眺めながら、歩いている人を見て、「あの中にお前のファンいるんじゃねーの?皆知らねーだろーな?こんな変態でただのスケベな女だってこと!」と言いました。
彼女は言われる事が嬉しくなってきて、「いやああ、言わないで、あああん、はぁあああ、そんなの言われると、はぁああ、また、イッちゃう、イク、イク、見てえええ、イクのおおおおお、イクとこ見てええええええええ」と叫びながらイッてしまいました。

彼女の「隠れ巨乳」は立ちバックでたっぷんたっぷん揺れているのが、鏡に写っていました。
ファンの人は服の上から想像するのが精一杯でしょうけど、僕は思う存分その巨乳を揺らし、好きな時にその巨乳を揉みまくりました!
彼女も立ちバックが好きみたいで、アソコから大量のマン汁が溢れていて、牛乳みたいなマン汁が床にポタポタと垂れていました。
もう彼女は何回イッたのか分りません。
こんなにセックスが好きだとは思いませんでした。

そして最後は正常位戻り、失神寸前のスーパーアイドルの商売道具の顔に思いっきり汚い精子を発射してやりました!
そしてすぐに口に突っ込み、掃除をさせました。
やっと一旦落着く事が出来て、ぐったりしている彼女を見てみると凄い光景でした・・・

だらしなく股を広げてピクピク痙攣しているアイドルの股からはこっそり中出しした精子が垂れて、あの綺麗な顔にはベットリともう一発の精子が垂れていて、口元からは掃除した残りの精子が溢れていました。

こんな姿はあの元気なCMからは想像出来ませんでした・・・

そう思っていると、息子が全然小さくならなくて、逆に復活していまい、我慢出来ずにまた生で突っ込んでしまいました!
彼女はびっくりしていましたけど、すぐに感じはじめて、精子まみれの顔でガンガン叫んでいました。

僕はその日初めて、連続で5回もしてしまいました!
終わった後はアソコが痛くて痛くてキツかったです。
彼女はすごく満足してくれたみたいで、無理矢理生でした事は怒っていませんでした。
僕も冷静になると後悔していたので、少し安心しました。

その後、少し雑談をしていました。
彼女は意外と簡単にゴシップを教えてくれたり、自分の過去の男性経験を話てくれました。
「ジャ○ーズの○○君は自分勝手で全然エッチが下手!」とか「○○○(某日本代表大手企業)の大株主の○○はエッチが気持ち悪い!」とか、色々言っていました。
彼女に「本気で今日が一番気持ち良かったかも!」って言われたのが一番嬉しかったです。

そして彼女が着替えて部屋を出る直前、ふと気が付くと来た時の彼女に戻っていて、いつの間にか一般人と芸能人の距離に戻っていました・・・
僕は急に泣きそうになる位の淋しさを感じてしまいましたけど、彼女は挨拶もしないで部屋を出て行ってしまいました。

彼女と過ごした時間は5時間位でした・・・しばらくは忘れる事は出来なくて、もう一度お誘いが来る事を祈っている毎日です。

今でも毎日何回も彼女の色んなCMを見るので、あの時の事を思い出します・・・
関連記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する