H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





私にとって最悪の記念日となった公園でのSEX

18歳の女子大生です。

私は18年生きてきて、今までしたSEXの中で一番最低なHは、半年付き合っている今の彼氏とのエッチです。

その最低のセックスをした日とは彼氏と飲みに行った時の事です。

その日は付き合ってからちょうど半年記念日とゆーこともあって、ついついお互い飲み過ぎてしまいました。

お店を出てホテルに行こうとしたら、彼氏が「やべー金がねー」と言いわたしもサイフを見てみるととてもホテルに行けるようなお金はありませんでした。

そしてしょーがないから帰ろうって話になり、彼氏がわたしの家まで送ってくれました。

二人で歩いてると急に彼が「せっかく記念日なのにHなしはいやだ」って言いだして私も飲み過ぎてテンションがあがってるせいか「わたしもしたい」って言いました。

しかしお金もないしお互い実家暮らしのためHする場所がないので彼が「ここでしよっ!」って公園の前に。

野外でのエッチ経験は前に一度あるのでわたしも抵抗なく公園にはいりました。

ベンチに座りすぐお互いHモードにはいりキスしはじめました。

わたしはその日上にPコートをきて下はショートパンツだったので、外でするにはやりずらかったのですが彼氏は何も言わず、いきなりじかにおっぱいを触ってきてました。

その間もずっとキスはしていて、お互い「ハァ、ハァ」と息遣いがあらくなってきました。

彼氏は急に私の服の中から手をだすと両手でショートパンツを脱がそうとしてきたのです。

この公園は明かりがけっこうあって、夜の公園にしては明かるいので私はさすがにここでふつーに脱ぐのには抵抗があり、彼氏に「ちょっ、ここはやばいからもっと公園の奥行こ」と言ったのですが彼氏は「ダイジョブこんな時間に誰も来ないよ」と言ってあっさりショートパンツをぬがされてしまいました。

そのまま彼氏の愛撫はつづき、じかに私のあそこをさわっていました。

私はキスしただけでもぬれてしまうほどぬれやすいのでその時にはクロッチにもシミが出来てもう愛液でグチョグチョになっていました。

私はもー恥すら忘れるくらい感じていて「ンッ、アイヤッ」とすぐちかくに民家があるにもかかわらず声をふつーにだしていました。

その頃にはもういつでもいれらるくらい濡れていたので、彼氏に「イれて」と言ったら彼が私をもちあげてお互い向かい合い対面座位で挿入する事に。

ゆっくりと「ズチュ、ブチュ」といやらしい音をたてながら彼のをあそこにいれました。

そのまま私は上下に激しく動き「アッアッアッ」と感じていました。

私のその時の格好は上はまだ多少はだけてるだけなのですが下はショートパンツは完全に脱いでいて、ショーツも片足にひかっかってるだけでほとんど裸でした。

その格好で声をだしながら感じていた、その時いきなり懐中電灯で照らされてびっくりすると「おまえら何やってる」と言われました。

そこに立っていたのは二人の警官で、だれかに通報されてしまったのです。

警官が来たときはカレも私もイク直前だったので二人とも「ハァ、ハァ」息がみだれていて、意識もじゃっかんもーろーとしていてパンツをはくのも忘れていました。

警官の「早く服をきろ」と言うことばで「ハッ」と我に気付き急いで服をきました。

私はかなりはずかしくて「すみませんでした」と言いながら彼氏の手をひきダッシュでその場から逃げました。

警察の方も注意だけで済ましてくれて、本当に助かりましたwこれで交番まで連行されて、ややこしい事になったかもしれないと思うと本当に危機一髪というか、最低な思い出です。

それからは絶対外でのHはどんな状況でも断るようにしています。

もうこりごりですwカテゴリ:H体験談【JD】H体験談【野外・SM】





関連記事
【 2016/02/18 20:03 】 未分類 |


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する