H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





蒸し暑い夜に妻とした汗だく濃厚セックスの思い出

午後十時三分七月二十五日土曜日暑い一日だった。

それでも午後十時ともなると、田んぼに囲まれた田舎の家は、涼しい風が窓から部屋に舞い込んでくる。

寝室は、街灯で薄明かりとなっている。

その薄明かりの中に熟した女の色艶い三十八歳の肢体が浮ぶ。

薄く透けて見える夏の浴衣姿で横たわる妻の寝姿に、僕の欲情が芽生えた。

「ねぇ、したい…!」

「またぁ…?、今夜はおとなしく寝たら…」

「でも、おさまらないよ…」

「………」

さりげなく妻の躯により添うと、妻は抵抗もなくじっとしている。

今夜も受け入れる用意が出来ているようだ。

僕は、妻の浴衣の裾を拡げ、太腿を擦りながら、パンティの上から膨らみの丘を愛撫し続けた。

妻は次第に腰を慎ましやかに捩ってくる。

妻が感じはじめたと知った僕は、パンティの中に手を忍び込ませた。

恥丘の上に手をのせ、揉みながら陰毛を手繰り分けて指を更に下げていくと、そこはもう、濡れていた。

妻はもどかしさを感じたのか次第に太腿を絞り込み捩っている。

パンティを刷り下げた。

妻のきめの細やかな弾けるような豊かな躯を横臥に抱きかかえ、固い肉棒を妻の太腿に挟ませ、妻の陰部を擦り続けた。

妻の陰部が更に潤みはじめた。

肉棒の滑りが良くなり、快感が巡ってくる。

「ねぇ、今夜は上にのって?…」

「いやぁ…、恥ずかしい…」

「大丈夫だよ、夫婦だもの…」

「イヤよ…、」

「でも…、」

「まあ、いやね………。

じゃぁ、今夜だけよ…、真理子もいないし、いつもはしないよ…」

「うん…、」

妻の躯を僕の上に乗るように仕向けた。

妻は拒まずに足を腹の上に乗せ、絡ませて乗ってきた。

いつもの妻は、正常位以外はその求めに応じてこない。

しかし今夜は違っていた。

おそらく、真理子が夏休みで妻の実家に泊まりに行っていて、今夜は二人だけの夜だったことから、こどものいない開放感に充ち、夫の誘いを待っていたように思われた。

それは妻が「いつもはしないよ…」

と云った言葉でそれを感じたのだった。

午後十時二十分妻がまたがってきた。

妻のからだが僕に乗っかかって騎乗位の態勢に入る。

だが妻はまだ僕のモノを入れてはいない。

固い肉棒を自分の肉襞に擦りつけている。

肉棒が擦られている部分は妻のクリトリス辺りだ。

いつもの妻は、羞恥心が強く、潔癖で、性行為にのめり込めない淡泊さ、性の快感も感じないからだだと思っていた妻が、今夜の変わり様に驚いた。

女はその時の雰囲気…、優しい思いやり…、性欲への緩やかな誘い込み…で変わるものだと感じた。

これまで妻は不感症とか、冷感症などではないかと思っていたが、それは普段の僕が妻へのセックスへの誘い込み、愛撫での誘い込みが足りなかったのでは…と反省もした。

午後十時二十五分陰茎が跨がった妻の手によって垂直に立てられた。

「今夜はすごく固いね…」

妻が囁いた。

掌の暖かみが肉棒に伝わってくる。

妻が腰を浮かし膝を折り曲げ腰を沈めてきた。

太腿に妻の温かい太ももの感触が伝わっくる。

固くそびえ立った陰茎が割れ目に触れた。

そこは凄く濡れている。

薄目を開けて妻の表情を伺った。

瞼は閉じていたが整った顔立ちが緩んでいる…。

唇が半開きになって吐息が漏れている…。

先端の笠がヌルリとした感触に覆われた。

割れ目の外側の厚い肉壁が絡みついてきた。

妻の指が陰茎から離れ腰がゆっくりと沈んでいく。

妻が腰を振った。

割れ目から外れることがないと思ったようだ。

厚い肉壁が笠を圧迫してくる。

内側の薄い肉壁がぷるぷると震えている。

妻のお尻が僕の太腿にくっついた。

午後十時三十五分騎乗位で完全につながった。

妻がゆっくりと抜き差しはじめた。

息遣いが荒くなる。

乳房が上下に波打つ。

下腹の肉がうねっている。

腰の動きが激しくなった。

快感が全身に巡ってくるのを僕は舌噛んで堪えた。

快楽に任せて妻を勢いよく揺さぶってしまいそうだった。

「あぁ…!、あなた…!」

妻が上づった声を上げてきた。

「すごい…、あぁ、僕、いきそうだ…」

僕は呻いた。

僕は腰を強く突き上げた。

屹立している陰茎の先端が、割れ目の奥の肉の壁にぶつかった。

奥の壁が別々に震えたかと思ったら、今度は束になってうねったりしている。

外側の厚い肉壁は膨張していて、締め付ける力も強まっている。

「あぁ、わたし…、すごく感じる…」

「おぉ、すごい…。

このようにして欲しかったよ…」

「わたし…、今夜…、体が火照って眠れなかったの…。

今日は一日中あなたが帰ってくるのをずっと待っていたのよ…。



「どうして…?」

「それはね、今朝…、起きる前にあなたと交わったからよ…。

それが中途半端に終わったからょ…」

「そうだったのか…それはごめん…」

「わたし、セックスに目覚めてきたんだゎ…」

「それはうれしいね…」

「そう…?」

「君はセックスがイヤだと思い、してみたいことも我慢していたんだよ…」

「どんなこと…?」

妻が腰を前後に動かしながら聞いてきた。

午後十時四十分薄明かりに妻の乱れる姿態を下から眺望する陰毛の茂み同士が擦れ合う。

肉襞が捩れ、そこからクチャクチャと云う粘っこい音がでる。

僕は両手を上げ乳房を揉みはじめた。

乳輪を荒々しく撫でると尖った乳首を掴んでみた。

腰を突き上げる。

騎乗位で交わっている妻の躯が浮き上がった。

僕は、もう一度、勢いよく腰を突き上げた。

妻の上体が激しく揺れた。

妻が苦しげな呻き声を上げた。

妻は「ウ!…」

とかすかに声を洩らしたようだった。

僕は下から妻のくびれた彼女の胴を両手で掴み、連続して下から突き上げ激しく上へ送り込んだ。

妻の口から喘ぎ声をださまいとする激しい吐息が喘ぎ声となって洩れてきた。

化粧のとれた顔をくしゃくしゃにして仰け反っている。

悲鳴にも似たなかに「もうダメ…、すませて!…」

と呻いた。

だが僕は妻の胴を掴んだ手を離さないし動きも止めない。

一層激しく下から突き上げ、抽送を送り続けた。

ついに妻は全身を震わせ、僕の上に倒れ込んできた。

しっかりと僕に抱きつき、息絶え絶えの声を発し、やがて動かなくなった。

午後十時四十五分僕の胸に倒れ込んでいる妻を抱きしめ、繋いだまま、ゆっくりと腰を突きあげた。

妻は動こうともしない。

ゆっくりと腰を突き上げ抽送を繰り返す。

何回もやっている内に妻は意識を取り戻したようだ。

微かに腰を捩ってきた。

次第に回復してきたのだと思った。

両手を伸ばし妻の肩に手を当て妻の体を起こしにかかった。

妻は気怠さの中にも体を起こしかけた。

再び騎乗位に戻った。

妻の額に汗が浮かび長い髪がくっついている。

唇が半開きになっている。

妻が手を離し、前屈みになって胸板に両手を付けた。

腰を前後に動かしはじめた。

円錐形の美しい形をした乳房が捩れながら揺れる。

妻の喉の奥でうっと呻くような声がした。

絶頂に向かっている。

騎乗位で交わっている妻の表情が苦しげに歪むのが見えてとれた。

午後十時四十八分妻の腰の動きの激しさが増した。

乳房を突き出すようにのけ反った。

「あっ…!、もうダメ…」

妻が呻くように声を放った。

もう少しだ。

僕は腰を突き上げた。

妻の眉間に縦皺がよっている。

顔は汗で滲んでいる。

割れ目の外側の肉襞が捲れ返った。

内側の薄い肉襞が波打った。

先端の笠が膨張した。

腰を突き上げるたびに割れ目の奥の肉の壁に笠がぶつかる。

そのたびに妻の口元から、ううっ…、といううわづった喘ぎ声が漏れ出てくる。

その時、妻が太腿を硬直させた。

全身が緊張した。

半開きの薄い唇から「あぁっ…!、う、うっ…!」

と細い声を放った。

荒い息遣いだけが寝室に響いた。

何度も妻は痙攣して倒れかかった。

そのつど、新しい快楽に突き起こされて仰け反り、揺れ動いて髪を乱した。

ついに妻は全身を震わせ、再び僕の上に倒れ込んできた。

またしてもしっかりと僕に抱きつき、息絶え絶えの声を発し、やがて動かなくなった。

再びイッタようだ。

硬直していた妻の太腿から力がゆっくりと抜けていった。

僕の胸に倒れ込んでいる妻を抱きしめ、繋いだまま、ゆっくりと妻のからだを横に倒し、そして仰向けにさせ、僕はその上にのった。

いわゆる正常位になった。

妻は動こうともしない。

ゆっくりと腰を突き抽送を繰り返す。

何回もやっている内に妻はまたも意識を取り戻したようだ。

微かに腰を捩ってきた。

次第に回復してきたのだと思った。

抽送を繰り返す僕ももう限界だった。

絶頂の兆しだ。

今夜、帰宅する前の午後八時には人妻の涼子に白い液を放っているのに、今、再び、兆しが強まってきた。

もう我慢できない。

僕も力を振り絞って、白い液を妻の奥に放った。

妻を優しく抱き締め軽いキスをした。

今し方までの熱気に満ちた空気が、穏やかで満ち足りたものに代わっていた。

妻が気怠そうに体を動かした。

割れ目の外側の肉襞が一瞬緩んだ後、僅かに僕の幹を絞り込んだ。

妻のそこが数秒おきに収縮を繰り返しうごめいていた。

妻の躰も、大きな吐息の中に、暫く仰臥の放心状態にあった。

午後十時五十五分放心状態だった妻が快楽の彷徨いから覚めた。

「今夜の敏美、凄かったよ…」

「イヤぁ…」

恥ずかしそうに妻は微笑みを浮かべていた。

「僕もうれしかった…」

妻に心から感謝し賞賛の意を伝えた。

僕は、妻との交わりに満足し、薄闇の天井をぼんやりと見つめていた。

不倫相手の涼子と肌を合わせた後の満足感より、今夜、妻と味わった満足感がより精神的にも充実感があった。

それは何故なんだろう。

戸惑いめいたもので胸がいっぱいだった。

薄闇の中に、先ほどの快楽に顔を歪ませていた妻の表情や、愉悦に喉を鳴らした妻の姿が脳裏に浮かんだ。

妻との充実感は、性的に淡泊だと思っていた妻の、悦びに震えている姿を見たからだ。

彼女がからだをくねらせ、上体を除け反らせていることが嬉しかったのだ。

僕は、自分の充実感の源が、肉の交わりの悦びを剥き出しにした妻の姿にあったのだと気づいた。

午後十一時暑かった夏の日も涼しい風が部屋に流れ込み、庭にある池の水の音が安らぎを感じさせてくれた。

両方の太腿を、ナイテイの裾からさらけ出して横たわっいる妻の寝姿を横目に、放心状態にあった妻の体を仰向けにし、妻のあそこをそっと見詰めた。

妻は大の字に股を拡げている。

たった今さきまで、僕の固い肉棒を受け入れてくれた妻のあそこが僕の精液を垂らしつつ、徐々に萎んでいく。

妻は精神的に安心感、充実感を漂わせ、軽い吐息を続けている。

僕は涼子と浮気して帰った後だけに、後ろめたい気持ちもあってか、妻への愛しさをいっそう感じていた。

やはり一番愛しているのは、涼子ではなく妻である…と思いながら、僕は素晴らしい充実感に溢れていた。

先日に続いて恥じらいなく尽くしてくれたこの妻、羞恥もなく乱れた妻の姿態に、この上もない充実感と愛しさを味わった。

約一時間、最高のセックスを味わった土曜日、真夏の夜だった。

カテゴリ:H体験談【恋人夫婦】H体験【思い出のH】

関連記事
【 2016/02/19 08:03 】 未分類 |


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する