H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





年下の男とのセックスに興奮して不倫Hがやめられないの。。。

こないだ会社で温泉に泊まりに行った時のこと。

ホテルの中にある店で二次会をしていてロビーにあるトイレに行って戻ると店を出た所に、バイトのA君がフラフラしながら泣いていた。

「どうしたの?」

と聞くと、仕事に対しての自分の情けなさを言ってきたので「大丈夫だよ」

と励ますと、私の肩で泣き始めた。

「すみません、Tさん。

オレ、Tさんのこと好きかも」

私は30代後半。

バツイチでつきあっている彼氏あり。

A君は20代半ばの妻子持ち。

けっこうカッコイイ。

酔っぱらいの戯言と流した私は、ちょうど入れた歌のイントロが店の中から聞こえてきたので、「大丈夫だよ!じゃあ」

と去った。

その後、部屋で三次会をすることになりみんな酔っぱらって訳がわからない状態になり始めた時、色んなお酒を飲んでいたので、グラスが足りずマージャン部屋としてとっていた誰も泊まらない部屋から私がグラスを持ってくることに。

「えーっと、グラス、グラス…」

と冷蔵庫の上を見ているといつのまにかA君がいて、洗面所の中からドアを半開きにして私に手招きをしている。

多少、酔っていた私は「なんでそこにいるの?あ、洗面所のコップ持っていこうとしてる?」

と思い、洗面所のA君の方に行った。

「それ、コップじゃん!」

と中に入ると、A君はドアを閉め「オレ、告白しちゃいますとぉ、Tさんのこと好きです」

「わかった、わかった」

(あんた何言ってんの?奥さんいるでしょ?)「Tさん、好きなんですよぉ、…好き…」

いきなりA君の顔が近づいてきて、キス。

(ありゃー、やっちまったかー、A君)と思っていると舌を入れてきて。

思わず反応して、舌を吸いながら私も舌をからませているとスッと顔を離して、私の耳元で「けっこう、うまいでしょ?」

ささやくA君。

この言葉にちょっとクラッときた。

でも私の反応を確かめることもなく、またキスを始めるA君。

左手で私の頭を引き寄せながらもう片方の手は、服の上から胸をつかんできて、でも、力が強くて時間的にも短かったので胸を触られるのが好きな私としては(んー、やっぱまだ若いのねぇ)とか思っていた。

拒否しようと思えば出来たのかもしれないけど何となくされるがままになっていた。

すると、A君の右手が背中に回ってウエストの隙間から手を差し込んできた。

「ダメっ!」

(うわっ!)「どうして?」

「絶対、ダメ!」

(あなた、奥さんいるでしょーが!)「いいから」

そんな押し問答をしながらも、A君はずっとキスを続ける。

私もダメって言ってる割には、そのキスには応えている。

もう一度A君の手が伸びてきた。

「ダメだってば」

「T、いいから。

本当はしたいんだろ」

急に言葉づかいが変わって、私のこと、さんづけじゃなく呼ぶA君。

「T、自分のこと超Sとか言っているけど、Mなんだよ。

Mなんだろ、本当は。

わかってんだぞ」

普段、会社でしているおバカな会話をこの人は覚えているんだ、と、ちょっとおかしくもあり、びっくりもした。

無言で頭を左右に振って否定しながら(なんでA君にそんなこと言われなきゃならないのよ?違うから)と心の中で思っている自分に対して、やっぱSだと再確認。

酔っているけど冷めた自分もいる、不思議な感覚のままA君とキスしていた。

今度は、A君の手が脇腹から服の中に伸びてきた。

胸の方に上がってくる。

さっきとは違い、やさしくブラの上から手を押し当ててきた。

「やわらかい…」

キスをやめることなく胸を揉むA君。

キスに応える私。

すると、いきなりブラの中に手が入り込んで、ブラのカップから左のおっぱいを出されてしまった。

その時にA君の手のひらが乳首にも触れてしまって「ほら…。

ここ。

なんでこんなになっているの?」

黙って、首を左右に振る私。

少し硬くなった乳首を指先でクリクリしながら「T。

ここ、どうしたの?感じてるんでしょう?」

A君は手のひらをピーンと開いて、手のひらの中央で触るか触らないかの微妙なタッチで、乳首を回し始めた。

自分でもどんどん乳首が立ってくるのがわかって恥ずかしかった。

そしておっぱい全体をギュウッとつかんでくる。

一応Fカップあるので、つかみごたえはあるはず…とか変な所で変なことを考えている自分がいた。

そしてキスの合間にA君が「手におさまんないよ」

「柔らかいのに、ここ(乳首)だけビンビンだよ」

とか言われ、ちょっと感じている自分に(もしかして私、言葉攻めに弱いのかな?)と自己解析したりしてた。

そんなことを考えていると、カチャカチャ音がしている。

「ほら。

ここつかんで」

耳元で言われて、A君の手が私の左手を導く。

タオル掛けをつかんだ。

と思った。

「?」

だいぶ酔いがまわってきていた私は自力で立てない状態の私を、A君が何かつかまるものを探してくれたんだと思っていた。

最初、タオル掛けかなんかだと思ったけどそんな低い位置にある訳もないし、第一、太すぎる。

一瞬、何かわからなかったけれどすぐにそれがA君のあそこだって気づいた。

カキンコキンになったA君のあそこ。

あわてて手を離した。

「なんで離すの?ちゃんと握って」

かぶりを振る私。

「いいから、ほら、触って」

「グラスまだーぁ?」

部屋のドアから聞こえてきた同僚の声に、超あわてるA君。

「あ、今いく~」

私は急いで返事をして、洗面所のドアをA君が見えないように必要最小限だけ開けて出て、A君を洗面所に残し、奥の冷蔵庫の上からグラスを4個持って部屋を出た。

「A君ったらさ、洗面所のコップ持っていこうとすんのよ」

とか言いながら。

翌日、A君と会話すると、なーんにも覚えていないご様子。

二次会の途中から記憶がないらしい。

記憶がない中で、あんな風に言ってきたりしてきたりするなんて、この次の飲み会で、ちょっといたずらしちゃってもいいのかな?気持ちよくしてあげるくらいなら…いいよね?…口で。

古い話ですみません。

370です。

A君は384さんのおっしゃる通り、覚えていました。

んで、覚えていないフリをしていたのが悔しくてちょっとお仕置きをしておきました。

スレ違いスマソ温泉旅行ではないけど、書いちゃいますね。

NGだったら遠慮なく指摘してください。

やっぱりA君は覚えていた…。

職場の飲み会。

最初からA君に悪戯する気満々の私。

A君とは帰る方向が同じだけど、他にも同じ方向の人が何人かいるので2人きりで帰る作戦を考えていた。

1次会、席は斜め前。

フツーに飲む。

モーションはかけない。

1次会終了。

今、考えると、私はもたもたしていたのにとっくに出ていてもおかしくないA君が私の後ろに着いて出てきた。

「Tさんは?次行きます?」

「ん?んー…」

「僕、今日五千円しか持っていないから…」

「大丈夫!私についてきな!」

「はい!(←私にはしっぽ振ってワン!って吠えたように聞こえた)」

よし、作戦実行だ。

以前、歩いて帰れるのか?談義をしたことがあったので「今日は、歩いて帰るよ!」

と提案する。

こうしておけば、他の人に誘われても断れるし。

歩いて帰ろうなんておバカなことしようとするのうちらくらいしかいないし。

628さん、ありがとうございます。

2次会、またまた席は斜め前。

私の頼んだカクテルがきつそうだ、と隣の男性が味見をしてきた。

すると、A君とは反対方向の男性が「どれ?」

と全部飲み干す。

わざとに「いや~、ひど~い!まだ飲んでないのにぃ~」

と大げさにブリッ子。

“ちょっと酔っ払い”を演出。

でも、その後カクテルとワインをしこたま飲んで本当に酔っ払う。

2次会が終わる時、予想通り、同じ方向の男性が私に「T(←呼び捨てかよっ)、ほら、帰るよ!」

と言ってきた。

私が返事しようと、でも酔っ払っているので、まず息を吸っていると「今日、歩いて帰るって約束したんですよね?」

とA君。

嬉しい想定外の反応。

2次会から3次会に歩いて行く時、ちょっとふらつき気味の私の横を当然のように歩くA君。

そして私に一言。

「僕的には、Tさんがいい感じに酔っ払っているのが嬉しいっすね」

やばい。

ヤツもやる気だ。

負けらんない。

帰って来い、私の平静。

でも、3次会はほとんど覚えていない。

ふと気がつくと目の前に、(おそらく私が)半分食べかけたそばがある始末。

3次会が終わり、靴を履くとき、芝居じゃなくよろける。

「うぁ!」

とっさに支えてくれるA君。

「おいおい、大丈夫か?」

半ばあきれ気味の上司。

店を出て最後の関門。

お酒を飲めない同僚が「乗っていくかい?」

「いや、歩いて行きますんで大丈夫です」

即答のA君。

「お疲れ様~」

と歩き出したけれど、寒い。

かなり寒い。

20mくらい歩いたところでA君が急に「寒いっすね!やっぱりダメですよ、タクシーで帰りましょう」

と提案。

「えー?歩いて帰るんでしょ?」

と言ってみる。

「ダメです、死んじゃいますって、ほら、乗って!」

強引に私をタクシーに押し込むA君。

家の位置的に、私が後に乗るんだけどなぁ…。

ま、いっか。

酔っていると思われているし、実際酔っているし。

たぶん、お互いの頭の中は、考えていること同じだったと思う。

私の後からA君が乗り込んでくる。

密着。

「ん~」

と眠たいフリをしてA君の肩にもたれかかる。

A君は運ちゃんに私の家の近くを告げ、タクシーが走り出す。

と、私の左手をA君が握ってきた。

ちょっとだけ握り返す。

交差点を曲がる時、遠心力で崩れそうになり、一瞬、A君に抱きつく形に。

でも、すぐ「ん~」

と元の体勢戻る。

すると、A君は私の左手を握ったまま、もたれかかっている私の頭にキスした。

(と思う)タクシーが私の家の前で止まったので、起きたフリをしながら財布を突き出すと、A君は「いいから、いいから、はい、降りて!」

降りるとフラッフラな私がいた。

意識はあるつもりなんだけどね。

「大丈夫?カギは?」

「ん。

んとね、(ゴソゴソ)あった!」

カギを開けてドアを開ける。

A君はどう出るんだろ?「はい、靴ぬいで。

とりあえずオレの使命は、ベッドまで連れて行くことだから」

お?A君、玄関だけじゃなく、部屋まで入ってくる気なのね?と思っている間に私を後ろから抱きかかえるように押し進める。

「ちょっ、待って。

ねーねー、きれいでしょ?」

と玄関に置いてあるファイバーツリーを点灯。

「お~、きれい、きれい」

真っ暗い中に次々と色を変えて光がゆれる。

んで、言ってみる。

「ねぇ、おやすみのチュー」

目を閉じて、自分の右のほっぺたをツンツンしながら。

さて、A君はなんとする?「そこでいいの?」

くーっ、そうくるか。

若いのになかなかやるね。

「いいから、ほら、寝るよ、ベッドどこ?」

「こっち~」

と、私が寝室のドアを開けるとA君はベッドのそばまで私を押して、布団をめくり「はい、寝るんだよ~」

と私を寝かしつける。

で、どうやってA君がベッドに入ってきたのかよく覚えていないんだけど、気がついたら一緒にベッドの中。

そして、たぶんキスしたのかなぁ?ほんと、覚えてない。

部分的に記憶が欠落してる。

でも、この先はけっこう記憶にある。

「こんな誘うような格好してきて」

「ん?誘ってなんかないもん」

「だって、ノーブラって時点でダメでしょ」

私の格好はスエードのタンクトップに肩が出るニット。

で、ノーブラ。

でも、1次会の途中以外は上にジャケットを羽織っていたし、乳首がわからないようなニット。

でも、ノーブラって気づいてたんだ、A君。

ふーん…そっか。

「だって、…ほら、…乳首、…立ってるよ…」

私の上に覆い被さって、ニットとタンクトップをずりあげておっぱいを揉んで乳首にキスしてくる。

でも、すぐにやめるA君。

で、私の耳に顔を寄せて「ほら、こんなになっちゃった。

どうしてくれるの?静めてよ」

「あの時だって…。

覚えているでしょ?」

なにー?なんですとー?記憶あんのかい、A君や。

ずるいよー。

悔しくて、いじめようとする気持ちがムクムク。

下に移動してトランクスの間から顔を出しているA君を触る。

いそいそとトランクスを脱ぐA君。

いいの~?そんなことしちゃって。

いくよ。

A君のものに軽く手を添え、すぼめた状態の口にA君の亀頭をあて、形状に合わせて少し圧迫しながら、いきなり一気に奥まで飲み込んだ。

「あ、あっ、あっ、あ、、あっ」

A君がかわいい声をあげた。

そーお?気持ちいい?一度口を離して、舌のど真ん中に先端部分を押し付けて舌の肉全体で舐め上げてみる。

「あっ、あっ、うますぎる…、あ!」

そりゃ言い過ぎでしょ。

まだまだ、これからなのに。

A君の先っちょを、とがらせた私の舌で、チロチロチロ…とくすぐる。

触れている面積をちょっとだけ増やしてゆっくりめに舐めてあげる。

「あっ、ダメだって!あ!」

ダメだったらやめちゃうよ~、と普通のいじめ方だったらするかも。

でも、続ける。

あそこのくびれの所に、私の唇がくるように口をはめて少し圧迫。

広くした口の中では、先っちょを舌や舌の裏で、軽く、そして強く…と変化をつけながらレロレロ。

A君はかわいい声をあげつづける。

ふふふ。

私、舌、すんごく長いんだよね。

今度は手も使う。

口を離して、A君のそこを眺めてからA君の顔を見る。

でも、部屋が暗くてよくわからんかった(笑)大事に大事にそぉ~っと握るとA君が「んんん~っ」

とため息。

親指の第一関節と人差し指の第二関節の骨の所だけで軽くさする。

手を上下させながら徐々に人差し指を巻きつけていく。

そして中指を増やして3本で、中の硬さを楽しむようにマッサージ。

薬指、小指と増やしていって、最後には指全部。

そして更に、手のひらの親指側と小指側の丘も使って包み込む。

その状態で上下させながら、先端部分をベロ~ン!となめてみる。

「っ!」

ビクンッてするA君。

先っちょは口でベロベロ舐めまわして、手は少しずつスピードアップ。

圧を強くしたり、弱くしたり、ただ単に上下させずにたまに突然、ぐるん、って手首を回してみたり。

A君の息が荒くなってきた。

いや、さっきから荒いんだけど。

そこで、指はまた、親指と人差し指だけに戻して今まで手全体がしていたお仕事を、口にバトンタッチ。

顔全体をリズミカルにピストン運動させて、でも、手はそのリズムとは全然違う早いスピードで激しく動かす。

「ダメ!ダメ!出ちゃう!待って!」

力ずくでA君が私を引き上げる。

はぁはぁ言いながら、私に「T、さすが上手い」

おいおい、さすがってどーゆー意味よ?バツイチのおばさんだから?と考えているうちに、A君の手が伸びてきて、私の背中の方から腰に手をさしこんできた。

「ダメっ!」

今度は私が言う。

「どうして?そんなこと思っていないクセに」

「ううん、思ってるよ。

ダメなの」

T君に諭すようにキスする。

「…じゃあさ、何でさっきタクシーの中で甘えてきたの?」

「甘えてなんかいないよ?」

(←しらばっくれる)「甘えてたでしょ?」

そう言いながら、また手を差し込んでくる。

「ダメ!」

「ダメじゃない!」

「生理だからダメなの…」

(←ホント。

でも、もうほとんど終わりかけ)「じゃあ、ちょうどいいじゃん」

(←中出しする気満々かよっっ!)そりゃ、私も思ってたさ。

飲み会の日が妊娠の心配がない日だからA君に悪戯するには、万が一のことがあっても都合がいいなって。

生理中の女の人とするのを嫌がる人もいるから…と思っていたけど、A君の言葉を聞いて、もう、酔いも手伝って、私の中でGOサインが出た。

どうやって脱いだか、あんま覚えていない。

布団をめくって、寝ているA君の上にまたがる。

でも、まだ立ち膝状態。

「ねぇ、覚えてたんだね」

「覚えているよ。

言ったでしょ?オレ、お酒強いよって」

「覚えていないんだと思ってた」

あそこが私に触れるか触れないかまで腰を落としてみる。

「…あ、…覚えているよ…」

「ずるいね、覚えていないフリなんてして」

もう、ベチャベチャになっている私のあそこは、簡単にA君の先端を捕えた。

「あああ、T、オレ、久しぶりなんだよ?全然してない」

(え?その若さで?)A君は続ける。

「いつからしてないと思う?もう、…」

(ありゃ、奥さんとセックスレス?)A君が欲しがっている、って思っただけでますます濡れた。

「覚えていないって言ったクセに…」

そう言いながら私はゆっくり、ゆっくり、ズズズッとA君を迎え入れた。

「あああっ!ああ~!…あぁぁ…」

A君が喜んでくれる。

私も気持ちいい。

前後にゆっくり腰を動かす。

前に動かす時だけ、私の中をキュッとせまくしてA君のあそこを引っ張り上げるように…。

ゆっくり、ゆっくり。

何度も、何度も、私の中でこすりあげてあげる。

A君が右手を伸ばしてきて、手のひらを上に“頂戴”の形でそろえた指の部分だけが、微妙に私の左の乳首に触れるようにしてきた。

私の揺れに合わせて、A君の指に乳首をこすられる。

「あ…ん…」

声を出さないようにしていたのに、思わず声がでた。

A君は手の形を変えずに、ビンビンの私の乳首のコロコロした感触を味わっているようだった。

ちょっと悔しい。

かがみこんでA君にキスをする。

そして耳元で「ねぇ…、気持ちいいの…」

ってささやく。

ささやいたすぐ後に、中を何回かキュッ、キュッ、と締めて…。

すぐ上半身を起こして、A君の手をとって、指をからませて両手で下から支えてもらった状態で、さっきよりも速く動く。

「あっ、あっ、オレも…、気持ちいいよ…」

握り合う手の力が、二人とも強くなる。

ますます速く動いちゃう、私の腰。

「あっ!ダメ!待って!出ちゃう!」

A君が私にお願いしてくる。

ふふ、かわいい。

でも、許してあげない。

ほら、出して。

そう言わんばかりに腰を激しく前後させてから急にゆっくり目のリズムに変えて、A君が昇っていくスピードを私がコントロールする。

「ダメ、出ちゃう!ああ!あぁ!」

そんな風に叫ばれたら、出させてあげなきゃって気になるでしょうが。

きっと、まだ出したくないんだろうな、と思いながらも私自身も感じてきちゃって、かなりあそこはグチャグチャ。

自分の内側全体で、A君のものを感じながら、こすり上げる。

「あっ!出るっ!出るっ!あっっ、あっ!」

A君は出たっぽかったけど、微妙に私の方がイクのが遅くてA君がビクン、ビクンって動いているのに、前後に何回か動く私。

でも、酔っているから、逝ったって感覚はよく覚えていない。

すると、A君がちょっとすね始めた。

「ひどい…。

ひどすぎる。

それはなしでしょ?」

「ん?」

(ひどいの?)「あのさぁ~、T、ものには順序ってものがあるでしょ?」

「順序?」

(順序なの?順序は間違ってないと思ってるけど…笑)「だから~ぁ、オレは気持ちいいわけよ。

せっかく気持ちいいからもっとTの中で気持ちいいのを味わっていたいのにさ~」

「だって…、気持ちよかったんだもん、A君」

「それは、オレもですよ?でも…」

ため息をつくA君。

きっとA君はいつも、自分のペースでフィニッシュしてたのね。

と思っていると、A君が「あの、たぶん、すごくたくさん出たから、拭かないと大変なことに」

とあたふたし始めた。

気持ちよがったり、すねたり、あたふたしたり、かわいい!ティッシュで後始末をしていると「T、すごく腰、動いていたね」

とT君が言ってきた。

「あんなに腰、振って、いやらしい…」

「だって、動いちゃうんだもん。

A君の気持ちよくて」

言っているうちに、また興奮してきて、2回戦突入。

でも、信じられないかもしれないけど、2回戦の記憶なし。

次に意識があった時、服を着始めているA君がいた。

「もう帰っちゃうの?」

「もう、って…、3時ですよ」

「まだ3時じゃん」

「オレ的には、十分ヤバイ時間なんですけど…」

「え~?」

服を着ているA君の後ろからそっと抱きついてみる。

「もう…。

だめ。

またしたくなった」

A君が私を押し倒してきた。

ふふ、そうこなくっちゃ♪せっかく履いていたジーンズをまた脱ぐA君。

もどかしそうに脱いでいるから手伝ってあげる。

もう、あそこが立っちゃっているから、脱がせづらい。

脱がせて、また、私が上。

「ってか、なんでオレは下なの?オレ、上の方がいいのに…」

そうですか。

じゃ、それはまた今度。

(←えっ?)「あのさ、3回って…。

もう、お互い、若くないんだから」

「そうだね、でもA君のここ(笑)…」

そう言いながら、腰を動かす。

気持ちいい。

A君の、気持ちいい。

気持ちいいことしか覚えていなくて、どんな風にしたのか記憶にない。

でも、また逝った。

A君は私を抱きしめながら「今、好きな人は?って聞かれたら、1番は娘だけどぉ、次は?って聞かれたら…、オレはTだから」

そりゃ、一時的にそう思っているだけだよ、A君。

「Tは?オレのこと好き?」

「ねぇ、浮気ってどこから?」

(←質問に無視)「それは…、エッチじゃないでしょ?気持ちじゃない?だから、オレは…ずっと前から浮気していることになる」

「そっかぁ。

まぁ、気持ちだよねぇ」

「T、好きだよ。

Tは?どうなの?」

「ん?好きだよ」

ということで、これからA君とは不倫関係が続きそうです。

カテゴリ:H体験談【職場・バイト】H体験談【寝取られ・不倫・浮気】
関連記事
【 2016/04/04 00:03 】 未分類 |


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する