H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





惚れた女の子が学校でオナニーをしているのを見て

今日で丁度30になるオッサンです。

15年近く前の話ですね。

私は中2の時から好きだった女の子がいました。

3年になってすぐのある日の事です。

放課後、一旦家に帰ったのですが、学校に家の鍵を忘れてきてしまったので学校に戻りました。

そして教室に入ろうとした時、なにか不審な気配がしたので、恐る恐る覗いてみると、その好きな子が何か怪しい事をしているのが見えました。

しかも俺の席で。

しばらくじーっと見ていると、やはり何かがおかしい。

彼女は何をしているのだろう………と思った私は、別の角度から見てみる事にした。

教室の入り口のドアーは2ヶ所。

今まで見ていたのは後ろから。

だから前から見てみる事にした。

やはり彼女がおかしいと思ったのは気のせいではなかった。

彼女は俺の席に座って、彼女の制服のスカートの中で手を動かしている。

何故かは知らないけど、じーっと見ている時は、とてもドキドキした。

2分も経たないうちに彼女は、急にピクンと痙攣みたいな感じの動きになった。

息もとても荒いようにみえる。

そして5秒もしないうちに俺は気づいた。

自分の股間をいじっていて、息も荒くなる、そして急にピクンと動く。

全て思い当たる節がある。

そして私は、こう考えた。

(もしかするとこれがオナニーってやつか?)ちょっと気になったので、今まで見ていませんでしたよ………て感じで教室に入った。

入ると彼女が「あれっ?○○どうかしたの?」

と。

私が「お前さんこそ何してるの。

俺の席になんか座ったりして」

と言い返すと、彼女が「うん、ちょっとね」

もうちょっと攻めようと考えた私は「俺さぁ、鍵取りに来たんだけど、なんかお前、ハアハア言ってるぞ」

すると彼女は「誰にも言わないでね」

という事で正直に白状した。

「私ね、今○○が好きなの。

でも、私そういう事言う勇気とかないし、フラれたりすると多分再起不能状態になると思うからずっと黙ってたの。

でも、やっぱり○○の事好きだから○○の事考えながら、いつも教室で今みたいにオナニーしてたんだよ」

と言われた。

ここで、廊下を誰かが歩いてくる気配を感じたので自然な感じでちょっと誤魔化す。

歩いてきたのは先生だった。

教室内にいる私達を見つけると「おまえら何してるんだ、もう18時だぞさっさと帰れ」

と言われたので、鍵を取って彼女と一緒に帰る事にした。

当時は1人っ子で、両親も仕事で忙しく、その日はたまたま両親ともに夜勤で帰ってこないので、彼女とも話がしたいという事もあったので、急ではあるが、その日は彼女を家に泊める事にした。

彼女は、親に「明日休日だし、友達の家に泊まるから」

と連絡を入れて私の家に来た。

とにかく腹が空いていたのでまずは飯だ。

まさか当時は女の子と2人きりで、家で飯なんて想像した事も無かった。

ご飯は炊いてあったので、おかずを適当に作って彼女と一緒に食べた。

飯は彼女曰くとても美味しくて、嬉しかったらしい。

風呂は一緒に入るわけにもいかず、順番に入った。

(女の子のお風呂って長いのね)着替えは、私のジャージを貸してあげた。

下着は流石に無いので、どうしたかというと、彼女はパンツの代わりにブルマを履いたようだ。

この日は以上に冷え込んで5月だと言うのに夜には雪が舞っていた。

かなり寒かったので一緒に寝る事にした。

まあ早々に寝るわけも無く、長々とお喋りをしていた。

内容は色々ですね。

小学校の時の話や、中学での話をした。

もっと早く書くべきだったが、彼女は中1の夏休みに転校してきた子だ。

結構可愛くて、性格もとてもいい子で、体格もいい。

当時で胸はCはあったみたいだ。

背は私と同じくらいだったから175センチくらいで、クラスの女子の中では1番高かったと思う。

学年でも2番目だった。

ちょっと話が逸れましたが、続けます。

好きだったと学校で言われたので、その事について、話す事になった。

最初にも書いてあります通り、私も彼女の事が好きだったので私も彼女に好きだという事を伝える事にした。

「さっきお前好きって言ってたけど俺も大分前からお前の事好きだったよ」

と私が言うと、「ホント?だったら…」

と彼女が返してきた彼女よりも先に言いたかったのでちょっと止めた。

「なあ、俺と付き合わないか?」

と先に言った。

すると彼女は「うん。

あのね、ちょっとやってほしい事があるんだけど」

と彼女は顔を赤くしてこう言ってきた。

「何してほしいの?」

と聞くと、「私といろいろエッチな事してほしい」

と言ってきた。

まずはキスから始まった。

ゆっくりキスをする。

彼女の柔らかい唇が当たる。

5分くらいずっとキスしてたかな………そして、彼女は「そろそろ舐めて」

と言ってきたのでズボンを脱がしてブルマの上から舐める。

ちょっとオシッコの臭いがしたけど苦ではなかった。

彼女が好きだったから。

だんだん舐めたり撫でたりしていると、あそこが熱くなってきて、ちょっと湿ってきた。

ブルマを脱がしてみると、うっすらと毛が生えていて割れ目も綺麗に見える。

広げてみると、ピンク色で、膜みたいなものがあったのを覚えています。

舐めたり撫でたりし続けるとオシッコとは違った液体が彼女のモノから出てきた。

これが俗に言う潮というのでしょうね。

彼女はここで「私イッちゃった。

私だけじゃズルいから気持ちくしてあげる」

というと押し倒してきた。

まさかこんな展開になるとは思ってもいませんでした。

そして彼女は私のアレを出すと、口に咥えたり、皮を剥いて先をペロペロ舐めたりされました。

2分としないうちに私もイッてしまい、彼女の顔にぶちまけてしまいました。

それから、彼女は「ねえ、ここまできたなら、赤ちゃん出来てもいいからしない?」

と言ってきたので、私も、彼女ならいいかなと思い覚悟を決めてやる事にした。

そして、ついに入れる。

2人とも初めてなのでかなりぎこちなかったけど、痛いかもしれないからという事でゆっくり入れる。

ついに先が入った。

そしてもう少し入ると何かに引っかかる感触があり、それを突き破った瞬間に彼女が「痛っ!」

とびっくりするくらい急に悲鳴をあげた。

それから、全部が入る。

正常位での挿入。

ゆっくり腰を前後に動かす。

段々と動きを早くしていって、すぐに射精してしまった。

中に出してしまいました。

抜くと、彼女のからは結構な量の血と私の精子が垂れてきた。

そしてもう1度風呂に入って、その日は寝ました。

隣に彼女が寝ていて結局はちょっとドキドキして寝れなかったけどなんかとても嬉しかったです。

そして朝、キスして、彼女を家まで送りました。

中出ししてしまったので妊娠しないかとても心配でしたが、妊娠はしなかったので安心しました。

またその後も、彼女は私の席に座って放課後にオナニーしていたようでした。

夏が終わり部活が終わると毎日一緒に帰ったり、普通に学校でもキスとかはしてましたね。

そして彼女とは、高校は別だったものの、付き合い続け、就職が決まり、仕事が安定し始めた27で結婚しました。

当時は群馬県の西の端に住んでいましたが、現在は新潟県のA市に住んでいます。

現在もとても幸せです。

長々とありがとうございました。

カテゴリ:H体験【JS・JC】H体験談[初体験・初エッチ・処女・童貞]
関連記事
【 2016/04/12 08:03 】 未分類 |


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する