H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





美人女子大生3人組と出会ったラッキースケベ体験

夏のお昼過ぎ、他に客もいない露天を独り占めしてのんびりしてたその時、バイクを止める音と若い女性らしい話し声が聞こえてきました。

もしや?と思って見ると、Tシャツにジーンズ姿の女の子が3人、料金支払所へ向かって行くのが見えました。

ああいう活動的な娘は混浴でも平気そう。

いや、しかし俺がいる事で入ってこないかも。

ここは一旦退却しようか。

しかし、後からもう一度戻ってくるのはいかにも裸目当てという感じでむしろ印象が悪いかも...。

色々考えたけど、結局動かないで様子を見る事にした。

そんな心配を他所に、3人は談笑しながら服を脱ぎにかかっている様子。

せめてやってくるまでは気配を鎮めよう。

その甲斐あったのか無用な努力だったのかは分からないが、数分後、ハーフサイズのタオルで胸から下までを隠すようにして全裸の3人が目の前に現れました。

俺を見つけても引きもせず、軽く会釈だけして次々と入浴。

横目でついつい、均整の取れた肩や腰のラインを鑑賞してしまいました。

日焼け止めクリームを使っているのか、3人ともあまり日焼けしておらず、活発な女の子というイメージと白い肌のギャップが何とも色っぽかったです。

ここは何か話しかけるべきだろうか。

しかし3人で楽しそうに話してる所へ割って入っても邪魔するだけかも。

とりあえず彼女らの会話に耳を傾けつつ、景色を見たりして沈黙を守る事にした。

聞こえてきた話は大学の話で、実験が上手くいかないとかレポートをまだ出してないとかそんな他愛のない内容。

俺は会話に参加するタイミングを図りつつ、そっと3人を鑑賞する事にした。

1人はショートカットで、10年前の内田有紀(Wiki|公式HP)風。

ハキハキ喋る感じ。

2人目は長髪で、仲間由紀恵(Wiki|公式HP)をちょっと凛々しくしたような感じ。

口数は少ないけど表情は豊か。

3人目は、言葉遣いから後輩らしく、ちょっと贔屓目に見ると上戸彩(Wiki|公式HP)。

ここまでの話で分かった事は、3人とも東北方面にある大学の、理系の学生らしいという事。

湯船にしっかりと浸かっているが、お湯は透明なので身体の方もユラユラと目には入る。

しかしオレンジやブルーのタオルが彼女達の胸から下にかかっていて、それ以上は見えなかった。

まあ見せてはくれないだろう、仕方ないかとその時は思った。

20分くらいした頃、のぼせたのか長髪の娘が前をガードしながら立ち上がり、岩場に腰掛けて休息し始めた。

濡れたオレンジ色のタオルがピッチリと彼女の身体に貼付いていて、スタイルの良いのがよく分かる(レースクィーンも務まるかもしれないと思った)。

乳首はギリギリ見えないものの、胸も大きく張りがありそう。

タオルでは前しか隠せてなかったので、腰から脚までは全て露出している。

残りの2人はまだ会話を続けていたが、彼女は軽く目を閉じてウトウトしてる感じだった。

鑑賞するには絶好の条件だが、他の2人の手前、あまりジロジロ見るわけにもいかない。

それでも少しでもよく見たいという本能に従って、俺は景色を見てる風にして少しずつ彼女達との距離を詰めていった。

すると突然ウトウトしていた彼女が目を開けて立ち上がり、向こうを向いてタオルを絞るのが目に飛び込んで来た。

背中からお尻まで、完全にガードなし。

水着の跡も無い白い肌で、腰のくびれとヒップの形は最高。

向こうは山があるだけで、もし人がいて双眼鏡でこっちを見てたら凄いものが見れたのになぁとか考えてしまった。

絞ったタオルを前に当て、再び岩場に腰掛ける。

俺の目は再び彼女の身体へ。

やっぱり美しい。

彼女は俺の視線に気が付いてるようで、何となくこっちに目をやったりもしていたが、ガードを固くしようとかいう気配は無い。

そのうちショートの娘も立ち上がって彼女と並んで休息に入った。

まったりモードで2人は話してたけど、一番若い娘は警戒している様子で湯船から上がろうとしない。

話し相手がいなくなったせいか、俺に身体を見せないようにするためか、彼女は景色の方へ向いたままになった。

ある意味チャンス。

俺は岩場に腰掛けた2人に気兼ね無く視線を向ける事が出来た。

ショートの娘は開放感が強いのか、ガードがほとんど形だけになりつつあった。

右の乳首がタオルの端から見えた時、俺は慌てて目を逸らしかけたが、向こうは気にしていない。

下もかろうじて真ん中にタオルが掛かっているだけで、今さらどうでも良いといった風。

立ち上がってタオルを絞ったり当て直したりというのを何回か繰り返しているうちに、俺からでも前が見える体勢でやり始めた。

彼女のフルヌードは、長髪の娘とは違って少女と大人の女性の中間といった感じだった。

ボディはスリムで小さめの胸に薄い桃色の乳首。

ヘアはとっても薄く、柔らかそう。

男性経験は無いかもしれない。

ジロジロ見て隠されるのも嫌だったが、結局視線を外す事もできず凝視して目に焼付けてしまった。

こうなったら、何としても長髪の娘のヌードも見たい。

何か良い手はないか。

そんな事を考え始めたが、思い付くわけも無い。

しかし、ショートの娘が堂々と見せてた事に影響されたのか、彼女も開放感が出てきたらしい。

何と前を隠していたタオルを"普通に"取って横に置き、両手を膝の上に置きながら景色の方を見始めた。

俺はビックリしたが、それよりも棚ボタで望みが叶った嬉しさで感無量だった。

別に露出癖があったわけでなく、「堂々と見せていられるモード」

に入りたかったんだろうと思う。

実際、そのまま2人は何でもないような感じで会話を続けていた。

身体を隠さない決断をしてからは、手で胸や下を隠す事は全く無くなった。

彼女は太ももの半分くらいをお湯に浸けていたが、肉感的でボリュームのある彼女の身体は、ショートの娘とは対照的だった。

大きさも形もバランスの取れた乳房と褐色がかった乳首。

ヘアは火炎型で、たまに水滴が滴っている。

このボディを見る限り、こっちは男性経験が無いとは到底思えない。

夏の太陽の下、もの凄い美人が目の前で全裸で歩いている。

冷静に考えると凄い事なんだが、その時は何となく当たり前の事のようにも感じていた。

俺の近くへは来てくれなかったが、身を乗り出すようにして景色を見てた時は、お尻を突き出すような格好にまでなってくれた。

その時俺が一番祈っていた事は………、「他に誰も来ないでくれ」

だった。

その後、ショートの子が写真撮ろうと言い出して、ポーチからデジカメを取り出した。

もちろんタオルで隠して撮ろうって事だろうが、"誰が撮るか"と言い始めたので、これはチャンスとだと思い、「あ、よかったらシャッター押しましょうか」

と全くの平静を装って"普通の調子で"話しかけた。

すると「じゃあ、お願いします」

という事になったので、湯船の中央へ"当然のように"歩いて行って彼女達に近付き、カメラを受け取った。

この時、A子はさすがにタオルを軽く胸を当てて来たが、至近距離で乳房の膨らみを拝む事はできた。

で、記念撮影。

雄大な景色をバックに写真を撮ってあげつつ、さっきまで2人が座ってた辺りに立ち、できるだけ彼女達に近い位置を確保する事にも努めた。

ここで会話を止めてしまっては再開のメドが立たないし、元の位置に戻らないのも不自然になってしまうと思ったので、とにかく思い付くままに話しかけた。

「夏休みの旅行ですか?」

とか、「学部はどこなんですか?」

とか。

3人は東北の某大学の学生で、A子とB子は薬学部3年生、C子は文学部1年生、A子とC子は同じサークルに所属してるという事が判明。

夏休みを利用して北海道をバイク旅行中との事で、あちこちの露天風呂を制覇し続けているらしい。

俺も学生時代を思い出しながら色々喋ったら、結構会話が盛り上がった。

1年生の娘だけはちょっと固くなってる感じで抵抗感あったみたいだけど。

そのうちショートの娘と長髪の娘は、岩場に腰掛けたりもしてくれた。

タオルを一応前に掛けてはいるものの、今さら隠すのも変だと思ったのかほとんどガードは無し。

2人とも乳首とヘアが絶えず見え隠れしていた。

俺の方は腰にタオル巻きっぱなしだったが、見せた方が良いのか悪いのか分からず結局タオルは取らなかった。

特に1年生の子が引きそうだったし。

彼女はと言うと、流石にのぼせそうだったのか、ちょっと離れて岩場に座ったものの、前はしっかり隠していた。

会話が途切れてまったりしていた時、ショートの娘が両膝を立てるようにして座り直した。

体育座りの状態になったその瞬間、まさか見れるとは思わなかった光景が、一瞬だけだが目に飛び込んできた。

俺の頭の中では軽く火花が散っていたが、当人は何も気が付いていないようで、顔を見ると普通ににっこり微笑んでくれた。

やがて出発の時刻になったらしく、挨拶して彼女達は上がっていった。

C子だけは最後までガードが固くて湯船で裸を見る事はできなかったが、脱衣場へ去って行く時に良い形のお尻を見る事が出来た。

3人が脱衣場に入った所で、見える範囲でさり気なく観察。

3人がバスタオルで身体を拭いている姿がチラチラと見え隠れした。

とりあえず長髪の娘は、黒のブラとショーツを着用しているようだった。

Tシャツとジーンズ姿に戻った彼女達は、いかにも女子大生という感じで、こんな娘達の裸をただで見せてもらってよかったんだろうかと、ちょっと悪い気がしたり。

カテゴリ:H体験談【JD】H体験談[ギャル・ビッチ]
関連記事
【 2016/04/16 00:03 】 未分類 |


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する