H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





ヤリマンの私と童貞のお兄ちゃんの近親相姦H体験です

私がお兄ちゃんとHしちゃった話をします。

私はいわゆる「ヤリマン」

で彼氏以外にも男友達ともやってました。

当時私は17歳で兄が18歳でした。

私は15歳の時に初Hをしたので、もう経験豊富でしたが兄はまだ童貞でした。

私達の部屋はそれぞれ各6畳でしたがフスマでさえぎってあるだけで、音や声なんかは筒抜けでした。

とりあえずタンスや本棚で出入りが出来ないようにしていましたが私がHしてる時やお風呂上りの時なんかは、フスマがほんの少しだけ開けて兄がいつも覗いていました。

以前にも一度、文句を言ったのですが、しばらくするとまた覗き始めました…・varadstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-4f6533d",ad_spot:1,center:false};その日も私がHしてる時に確認してみると、フスマが2cm開いてた。

いつも最初の内は気になるのですが、Hが盛り上がってくるといちいち気にならなくなってしまいます。

だから昼間や電気を消さないで、やってる時なんかは一部始終それも結合部分までも見られてたと思う…そんな兄の行動がたまらなく気持ち悪く思えて、もう1度、その日の夜中に文句を言いに兄の部屋に行きました。

「ちょっと、お兄ちゃん!今日もまた覗いてたでしょ」

「いい加減にしてよね…気持ち悪い…」

兄はTVを見たまま黙っていました。

「覗きながらオナニーしてたんでしょ?…変態!」

「うるさい…お前だってやりまくってるだろ!」

「人の事覗くなんて変態だよ…」

「なんでそんな事するの?童貞だから?」

「うるさい、関係ないって」

「う~ん…じゃあさ、童貞捨てちゃおうっか?」

私達は普段は別に仲が悪いわけじゃなかったし、童貞で覗きながらオナニーしてる兄が少し哀れに思えたのです。

それに今まで何人かの童貞ともHした事あったし…兄は当然「え?はぁ?」

って驚いていましたが「Hした事ないんでしょ、私が童貞もらってあげるよ」

「……本当にいいのか?」

「いいよ、いつまでも童貞だから覗きなんて変態行動に走るんだよ」

私はパジャマを脱いで下着姿になりました。

兄もパジャマを脱ぐとトランクス姿になりました。

私がトランクスを下ろすと、兄のチンチンは半立ちで皮も亀頭の半分ぐらいかぶってました。

兄のチンチンを見るのは小学生以来でしょうか、兄が私の胸をさわるとむくむくと大きくなり、皮も全部めくれてピクピクとそり返ってました。

私はそれを握り、シゴキながら「気持ちいい?」

「うん…」

と、気持ち良さそうでした。

「口でして欲しい?」

「うん、して…」

と兄がまるで弟のような感じになってました。

私がフェラすると、兄は気持ち良さそうな顔でずっとフェラの様子を見ています。

目が合うとすごく恥かしかった。

私が全裸になりベットに横になると、兄は私の両足を大きく開きまんこをじっくりと見ています。

指で開いたり、クリを探したり普段一緒に生活して来た兄でしたので、恥かしいし変な気分でした。

しかし私の体はしっかり反応していて「うわっもうヌルヌルしてる」

なんて兄が感動してました。

兄はがむしゃらにまんこを舐めまわし口の周りがベチョベチョになっていました…兄は私の中にチンチンを入れようとしていましたがなかなかうまく入らず、私が指でつまみ、まんこへ導いて入れてあげました。

兄は腰を振りながら、1分もしないうちに私の中にドクドクと射精しました。

私がベットの上で股を開き、中からあふれてくるザーメンをティッシュで拭いている姿も兄はずっと見ていました。

私は恥かしくなり「どう?童貞卒業した気分は?」

「ん?…ああ、もう最高」

「じゃあ今度からはもう覗きなんてしないでよね」

「え?それとはまた話は別。

童貞かどうかって関係ないって」

私はティッシュを投げつけました…それから何日かしてから…兄はバイトしていたので、金欠の私は何回かお金を借りてました。

夏休みにバイトして返済するからって言ってたけど結局返せなくて…その合計が1万6千円ぐらいになった時に兄がお金はもういいから、もう1回だけやらせてくれと言ってきました。

私は前に兄とHしたのは失敗だったな~って思ってたので「手でいい?手でやるならいいよ」

って言いました。

すると兄は「え~手だけなら2回だな」

仕方なく、私もOKしてお風呂に入った後、11時に兄の部屋に行く事になりました。

兄の部屋に入ると、兄はトランクス1枚でベットに横になりTVを見ていました。

私が近づくとリモコンでTVを消しました。

私はベットに腰掛けると、トランクスの上からさわりました。

すぐに大きくなりカチカチに勃起しました。

兄がトランクスを下ろしたので、それを握り私はベットに腰掛けたまま手コキしました。

兄も私に手を伸ばし、Tシャツの上から胸をもんだりパンツの上からまんこをさわったりしました。

私のまんこが濡れてるのに気付いた兄は「もしかして、入れて欲しいの?」

「バカ、さっさとイッちゃってよ…」

そう言って私は手の動きを速めました。

兄は「そんなに速くしたら…」

なんて言ってましたが私はおかまいなしに手を上下に動かし兄のお腹の上にどぴゅどぴゅと射精しました。

私がティッシュでお腹の上のザーメンを拭いてあげてると「じゃ、残り1回はまた今度な」

と言いました。

残りの1回は突然でした…夜中の2時前ぐらいに、寝ていた私は兄に起こされました。

なんか突然ムラムラしてきたからって理由で…私は寝ボケながら「も~ちょっとぉ…今はかんべんしてよ~」

って言いましたが私の手を引っ張り股間に持って行くので私は寝ボケながら(眠ったまま)手だけ動かしてました。

すると兄は私の顔にチンチンを持ってきました。

寝ボケていたのと、はやく終わらせたかったので私はそのままチンチンをくわえました。

くわえたまま兄はベットに横になり、私が上になりました。

私は速くイッてもらおうと、亀頭をくわえながら指で根元を持ち、手を上下に動かしました。

くわえた口の中では舌で亀頭の裏スジを刺激しながら…そして根元までくわえ込み、頭を激しく上下させると兄は私の口の中に大量に射精しました…これで兄への借金は帳消しになり兄とはこれ以降、何も関係しませんでした…っていうか断った。

カテゴリ:H体験談[ギャル・ビッチ]H体験談[近親相姦]
関連記事
【 2016/06/08 16:45 】 未分類 |


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する