H体験まとめブログ

H体験まとめブログ
濡れるHな体験談を紹介します。





よくデートしていたJKちゃんと車内でしたHなお話

もう、5年くらい前のこと・・。

いつもデートしていた女子高生がいた。

援助というわけではなく、カラオケ行ったり、買い物行ったり、遊園地に行ったり。

そういったお金はこちらが持っていたが、お小遣いを上げたりといった関係ではなかった。

お互い、友人以上、恋人未満という感じでした。

腕を組んで歩いたり、軽くキス程度はしていましたが・・・その出来事があったのは、高校2年の冬だった。

彼女の名前は優美、某私立高校に通っていた。

セーラー服がよく似合う、髪の長い明るい女の子でった。

学校帰りに友達とカラオケに行っていたとき、タバコを吸っていた者が何名かいて、補導された。

日頃、彼女たちのまじめな態度のおかげで、吸っていない者は2日間の自宅謹慎という処分ですんだのだったが、その余波は家で。

携帯電話の解約とバイトの停止。

ということになりました。

そのため、優美は、携帯電話がなくなってしまった。

もともと、携帯電話代はバイト代から出すことになっていた。

高額なおねだりはそのときだけでした。

「携帯電話買ってください。

お願い」

「通話料とかは?」

「・・・・・」

「毎月どのくらい?」

「1万くらい・・・。



「じゃあ、それも出してあげるよ。



ということで、auの出たばかりの携帯を俺名義で買ってあげました。

その日だけは、深夜に会うことにしました。

とにかく、連絡が取れないのでこちらも困っていたので。

パソコンのインターネットでメールのやりとりだけはできるので、近くまで行き、彼女を待った。

こっそりと家を抜け出した彼女。

夜中とかにコンビニに行ったり、犬の散歩に行ったりと家を抜け出すことがあるので、その辺は大丈夫ということ。

帰りにコンビニで何か買えば・・・ということだった。

かわいらしいデートの服装か制服しか見たことなかったのですが、夜中なので、コートを脱ぐとラフな服装。

「ありがとう。



「これで、大丈夫だね。



「うん。

ホントにありがとう。



「今日はどうする?」

「ちょっとドライブしよう。



ということで、軽くそのあたりをドライブ。

「ねえ、裏の方行って・・・」

「ん?いいよ」

と裏通りの方へ入ると・・「あっちってどうなってるのかな・・・」

「行ってみようか?」

市内なのに、家がほとんどないようなところに来た。

「ね、どこか、停めて」

「うん」

「もっとわからなそうなところ・・・」

ちょっと期待しながら、完全な死角となっているまわりに何もないところへ停めた。

「今日、ほんとにありがとう。

お礼・・・。



と言ってキスをしてきた。

この程度はよくあることでしたが・・・彼女の手が俺の手をとって、胸へ誘う。

こうなると、俺も我慢できずに、彼女の胸をそっともみ、服の下へ滑らせる・・・。

「いいの?」

口を離した俺は、優美にささやくと優美は「うん。

このくらいはお礼。

いつかはこうなるんだし・・・」

身体をぴくぴくさせながら、あえぎます。

「ねえ、お口でやってあげる・・・。



思わぬことを彼女が言い出す。

「できるの?」

「わかんない。

やったことないから・・・。



「なんで?」

「うん。

友達の話聞いていて・・。

男の人は喜ぶっていうから・・・。



運転席で窮屈そうにあれを出すと。

暗い中でも、何となく見えるようで、彼女はしばらくじっと見ていた。

「無理ならいいよ。

そんなお礼しなくたって・・・。



「ううん。

やりたいの・・・。

やってみたい・・・」

いきなりくわえはじめた優美。

そして、いきなりむせた優美。

「大丈夫?」

「うん。

頑張る」

とまたくわえはじめる。

でも、やり方がぎこちないので、すぐにむせて、また咳き込む。

そんな新鮮さでおれのはがちがちに固くなってきている。

「うまくいかない」

半べそをかきながら優美・・・「今度もっとうまくなるように教えてあげるよ」

と言いながら、優美の下の方へ手を滑らす・・。

その瞬間、優美の小さな叫びがする。

あそこはもう濡れている。

優美が必死でこらえる姿はすごくかわいい。

「優美、後ろへ行こう」

優美を後部座席へ誘う。

優美をそっと抱いて、キスをする。

彼女に俺のあれを握ってもらったまま、優美の部分を愛撫する。

「優美、我慢できないよ・・・。



「え?」

優美の足を持つと、優美のあそこにおれのをあてる。

「だって・・・。



優美がどうしようか迷っている様子がよくわかる。

「好きだよ」

と言いながら、彼女の同意を待たずに少しずつ入れていく。

「痛い」

と彼女のうめきが・・・きつい・・・入りづらい・・・彼女は必死でこらえる。

突然軽くなり、すっと根本まで入る。

彼女が強い力で俺の上着を握りしめる。

優美の顔が俺の上着に押しつけられている。

処女だ・・・俺も頭の中に浮かんできた言葉。

それと同時に腰を振るまでもなく、興奮がよぎる。

どうしよう、気持ちがいいのと後悔が入り交じった複雑な感情。

しかし、彼女は必死に俺にしがみついている。

車内の狭い空間・・・。

離れない彼女、わずかな腰の運動ではありが、いきなり絶頂感がやってくる。

そして、射精優美の中にしっかりと出してしまった。

無言の2人。

「ごめん」

ぼそっというと、彼女の目から涙が流れ出る。

「いいの」

そして俺を安心させるように「今日は大丈夫な日だから・・・」

俺のを抜くとき、彼女の小さなうめきがする。

そして、俺のには彼女の血が・・・。

しかし、彼女のしっかりとしまったあそこからは、おれのザーメンは出てこない。

奥にしっかりと出してしまったらしい。

「あなたのが奥にいる・・・」

俺は何も言えずにそっと髪をなでる。

「キスして・・・。



彼女をそっと抱きしめてキスする。

「こんなのも私たちらしい初めてね」

その日は、そのまま彼女を家まで送る。

次の日、電話がある。

「昨日はありがとう」

「大丈夫だった?」

「ちょっとまだ変な感じがするよ」

「明日の土曜日、会えますか?」

「いいよ」

「じゃあ、いつものところで待ってるよ」

「どこ、行く?」

「あのね・・。

ホテル連れて行って。

今度はちゃんと抱かれたいから・・・。

それから、フェラとかちゃんと教えて。

私、頑張るから。



「いいの?」

「うん。

ちゃんと彼女にしてくれますよね。



それから優美が卒業するまで、今度は恋人という関係が続きました。

その関係は・・。

残念ながら、彼女が卒業して、終わってしまいましたが・・・。

カテゴリ:H体験談【JK】H体験談[初体験・初エッチ・処女・童貞]

⇒笑える体験談からすごくエッチな体験談シコりすぎてキャン玉が空っぽになるエロ画像81枚

刺青が入ってる素人ギャルとの拘束セックス画像84枚

磯山さやか、大きなおっぱいをモミモミしたくなるセクシー画像110枚

一ノ瀬ゆき、三十路美熟女の濃厚なセックス画像121枚

チンチンを刺激するドスケベお姉さん達のエッチな画像まとめ77枚

桜木郁、パイパン巨乳美少女のセクシー画像97枚

極めてエロくとってもセクシーなTバック画像71枚

さとう遥希、素敵すぎる美乳お姉さんのSEX画像120枚

股間がピクピク反応しちゃうエッチな画像詰め合わせ77枚

おっぱいの深い谷をガン見できる画像まとめ70枚

若槻千春、若槻千夏に激似のEカップ美女画像115枚

旦那と喧嘩して、というか離婚寸前状態で実家に帰ってきているネーチャンとのエロ体験

姉と一緒にエクササイズする俺の極めてエロい変態オナニー体験

幸せだった私のロストバージン体験談

チンコがマジでデカイ電気設備屋の社長に妻が寝取られた話

ニューハーフの女性と、その日人生初めてSEXした

高3の夏休みから伯父との関係が続いています。

野球部で万年補欠だった僕が新人マネージャーの膣内に大量の白濁液を放出した話

真面目な処女と童貞カップルの初体験談

チンコが大好きOLと潮吹きまくりの連続絶頂セックスした出会い系体験談

大学の時に深夜の教室で彼女とセックスした結果

熱で意識が朦朧としてた俺がネーチャンに精子ゴクゴク飲んでもらった話

処女だった女友達がサークルの先輩のちんこ舐めてたwwww

コーヒーに睡眠薬仕込まれて拘束された私が幼馴染にレズられた話

何故か女子大生二人に同時にアタックされたフツメンのエッチ体験

酒飲むとメチャクチャ淫乱になる彼女が電話越しで5Pしてたんだがwww

男女4対4で飲み会した時の壮絶なエロ体験。

ストレスが溜まってる彼女の友達がチンコまさぐってきた結果wwww

チャイナドレスをプレゼントされた結果、彼氏と男友達と着たまま4Pしちゃいました。

19歳の巨乳女子大生と朝まで6発セックスした話

妊娠中に兄とセックス。ゴム無しの生挿入で中に出されました・・・

職場で新人の私は訳がわからないまま凄いセクハラを受けてます。

人妻OLの私が上司の童貞息子をリードして筆おろし生中エッチした話

関連記事
【 2016/06/17 08:00 】 未分類 | デート,JK,車内,


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する